油性のボールペンを使っていると「うっかり」ペン先を出したままポケットに入れてしまったり、不意にテーブルに書いてしまったりといったミスはどうしても起こってしまうものですね。

ここでは間違ってついた油性ボールペンのインクの落とし方をご紹介します。実は簡単にスッキリ落とせるんですよ。

油性ボールペンのインク汚れや染みは落とせる?

油性ペンのインクが手に漏れる

油性と聞くと落としにくいイメージがありますが、実は、落とすのはそれほどむずかしくありません

油性ボールペンは、名前の通り「油分」を含んだペンなので、インクを落とすときはその「インクの油分ごと溶かし出す」とキレイにできます。

時間がたって乾いてしまったインクでも、油性ならすぐに溶かせます。染みになってしまうと慌てて対処したくなりますが、まずは落ち着いて準備するものから確認してみましょう。

油性ボールペンの落とし方|必要な道具は?

ボールペンの染み抜きに使う道具
用意するもの
布についた場合
『手ピカジェル』などの消毒用アルコール
固形石鹸
タオル
歯ブラシ

油性ボールペンの油分は「アルコールに溶けやすい」特徴があります。掃除などに使うアルコール消毒スプレーで十分キレイになるんですよ。より繊維に密着するよう、ジェル状のものを用意すると効果的です。

広範囲についてしまったときや、かなり時間がたっている場合は固形石鹸もあわせて使うと効果が高まりますよ。

油性ボールペンの落とし方|インク汚れを落とす手順は?

インクの浮き出てる様子

洋服や敷物などの「布」についた油性インクはアルコールをかけるだけでみるみる浮き出してきます。ほかの場所に移さないように必ずタオルを裏に敷いて進めましょう。

タオルを当てて裏返す

シミにタオルを当てる

シミの裏からアルコールをかけられるように、シミに直接タオルを当て、そのまま裏返します。場所によっては裏返してからタオルを差し込んでももちろん大丈夫。

アルコールを含ませる

アルコールで染み抜き

シミの裏からアルコールをかけ、指で軽くなじませましょう。アルコールをかけるとじわっとインクが溶け出してきます。

歯ブラシで叩く

ボールペンの染み抜き

こするとにじんで広がってしまうので、タオルに移すように歯ブラシで細かく叩きます。

すすぐ

ボールペンの染み抜き

流水で簡単にすすぎ、汚れの落ち具合を確認しましょう。アルコールをふくませて叩くだけでほとんどのシミは取れているはずです。

洗濯する

ボールペン染み抜き後

最後の仕上げに、普段どおりに洗濯したら完了。多少シミが残っていても、洗濯でキレイに洗い流せますよ。

油性ボールペンのインクれ汚れが自分で落とせないときはクリーニングへ

革靴

基本的にはアルコールを使えばほとんどの油性インクは落とせますが、素材によってはインクがしみ込んでしまって取れないこともあります。

とくに「スーツなどの水洗いできない服」「革製品」についた油性インクは取れない可能性が高いです。これらにアルコールや消しゴムを使うと余計に広がったり傷んでしまったりとトラブルの原因にもなります。

家庭では落とせないと割りきって、クリーニング出しましょう。

油性ボールペンのインク落としで服を傷つけないように注意して

ボールペンの染み抜きの前に

服についたインクがなかなか落ちないときは、そもそもペンの種類が「油性」ではなく、「水性」や「ジェルタイプ」でないか疑ってみてください。『フリクション』や『サラサ』などの水性・ジェルタイプのボールペンは、インクが一度乾いてしまうとほとんど落とせません

水性・ジェルインクの場合は、何度も試さないと落とせないケースが多いので気をつけてくださいね。

油性ボールペンのインク汚れが服以外についたときは?

落書き

テーブルや床などの硬い表面についたインクを落とすのは服の染み抜きよりもずっと簡単です。壁や床など、硬い表面についた油性インクは消しゴムでもはがしとれます

消しゴムだけでも落とせますが、壁紙など傷みやすい場所には先にアルコールで大まかなインクを落としましょう。

拭き掃除

アルコールを含ませたタオルで叩くように拭く。こすると広がるので注意。

汚れ落ちを見る

目立たないくらいに落ちていればこれで終わらせても大丈夫。

消しゴムでこする

汚れ落ちが完全でなければ消しゴムでこすって仕上げるとキレイに。

硬い表面についた油性インクなら、消しゴムを使ってスッキリ取り除けます。これならうっかり書いてしまったときも安心ですね。

油性ボールペンのインク汚れを落としてスッキリしよう

服 シャツ パイプハンガー クローゼット

油性ボールペンはふだんからよく使う文房具なので、うっかりインクがつくことは多々ありますね。

「油性」と聞くと落としにくそうに思えますが、意外にもアルコールと消しゴムさえあればスッキリ元通りにできます。油性インクは乾くのも遅いのでその日のうちであれば十分キレイに落とせますよ。

一度試してやり方を覚えてしまえば、次にインク汚れをつくってしまったときも焦らず対処できますね。