ワイシャツの胸ポケットにボールペンをさしていると、うっかりペン先を出しっぱなしに…なんてことありませんか?

お気に入りのワイシャツでも胸ポケットにボールペンの染みができてしまったら、なんとも残念ですよね。

そこで今回は、ワイシャツにできたボールペンのシミを落とす方法を紹介します。

ワイシャツについたボールペンは落とせる?

ボールペンの染み抜きの前に

ボールペンのインクをキレイに落とすためには、まずインクの種類を知ることが大切です。

というのも、ボールペンには「油性インク」「水性インク」「ゲルインク」の3種類があり、染み抜き方法はインクの種類で違うからなんです。

インクの性質を見極めるには、ボールペンの製品表示に「油性」「水性」「ゲルインク」といった記載があるので簡単にわかりますよ。

ただ、表示がなくなっている場合は、いらないプラスチック製品に書いたあとこすってみてください。インクが伸びるようなら水性かゲルインクで、伸びないときは油性と考えましょう。

【油性インク】ワイシャツについたボールペンの落とし方

ボールペン

用意するもの
必須
『手ピカジェル』などの消毒用アルコール
タオル(当て布)
ティッシュ(歯ブラシでも可)
あると便利
『キュキュット』などの食器用中性洗剤

落ちにくいというイメージのある油性ボールペンですが、染み抜きで落とすのは意外と簡単。

油性インクはアルコールに溶けやすい性質があるので消毒用アルコールがあれば簡単にキレイにできるんです。

消毒用アルコールがなければ、代わりに油性汚れを落とす作用のある除光液やクレンジングオイルを使うこともできますよ。

ワイシャツについた油性ボールペンの落とし方

ワイシャツについたインク汚れを落とす方法はとっても簡単。消毒用のアルコールスプレーなどで汚れを浮かして食器用洗剤で仕上げをしてあげるとキレイになりますよ。

今回はTシャツを使って実践した様子をご紹介。ワイシャツでもやり方は変わらないので順にやってみてくださいね。

①服を裏返してシミ部分にタオルをあてる

シミの下にタオルを敷く

溶け出したインクがほかの部分に移らないよう、シミにタオルをあてて挟んでおきます。

テーブルなどの台に置いてしみ抜きすると作業しやすいですよ。

②インクにアルコールをかける

インクの浮き出てる様子

シミの裏側に、消毒用アルコールをかけていきます。シミを覆うようにかけると、すぐにインクが浮き出してきました。

③ティッシュで叩いてインクを落とす

ボールペンの染み抜き

浮き出したインクをタオルに移していきます。歯ブラシなどを使うと効果的ですが、ティッシュなどで代用してもOK。

こすらずにトントンと叩き、生地からインクを取り除いていきましょう。

④インクが落ちたか確認する

すすぐ

一度すすいでみて、インクがどれくらい落ちたか確認します。水に浸すとインクがどっと流れていきました。

インクが十分に落ちていなければ、再度消毒用アルコールを使うか、食器用洗剤でもみ洗いしましょう。

⑤すすいで洗濯する

ドラム式洗濯機を動かす

流水ですすいだあとは最後に普段通りに洗濯したら完了です。

【水性・ゲルインク】ワイシャツについたボールペンの落とし方

中性洗剤

用意するもの
必須
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
タオル(当て布)
ティッシュ(歯ブラシでも可)
あると便利
『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤

水性インクやゲルインクは水になじみやすいので落としやすそうに思えますが、実は厄介な汚れのひとつ。水になじみやすいのは「乾く前」のことで、一度固まると何にも溶けにくくなってしまいます。

この性質で繊維に深く入り込むため、キレイに落とすのがむずかしいんです。

油性ボールペンとは違い、消毒用アルコールは使わずに食器用洗剤を使います。食器用洗剤を使ってもシミが残っていれば、酸素系漂白剤を使ってみましょう。

ワイシャツについた水性・ゲルボールペンの落とし方

ボールペン シミ

基本的な流れは油性ボールペンのときと同じ。ただ、水性やゲルのインクはかなり落ちにくいので油性のときのように溶け出すことはありません。

洗剤を使ってしっかり泡立てながら洗ってみてくださいね。

①服を裏返してシミ部分にタオルをあてる

シミの下にタオルを敷く

染み抜きは生地の裏側からするのが効果的なので、一度シャツを裏返しましょう。

油性ペンのときと同様に、インクを他の部分に移さないようにタオルをはさんでおきます。

②シミに食器用洗剤をかける

洗剤をつける

シミの裏に食器用洗剤を数滴たらし、インクになじませます。

水分が足りなければ少し足し、手でしっかりもみこみましょう。

③歯ブラシで叩いてインクを落とす

歯ブラシで叩く

インクをタオルに移すイメージでこすらずにトントンと叩く。

歯ブラシは使い古しで大丈夫ですが、なければティッシュなどで代用してもOKです。

④すすいでインクが落ちたか確認する

インク汚れをすすぐ 染み抜き

流水ですすいで汚れ落ちを確認しましょう。

完全には落とせなくても大丈夫ですが、インクが十分に落ちていなかったら、再度食器用洗剤でもみ洗いします。

⑤それでも落ちなければ洗浄液でつけおき洗いする

つけおき

どうしてもボールペンのシミが取れなければ40〜50℃のぬるま湯に酸素系漂白剤を混ぜて、5〜30分ほど浸しつけおきしましょう。

漂白剤は洗濯で使うときの半分ほどの量で大丈夫。ボールペンで汚れた部分に直接つけて塗り込んでからつけおきするとさらに効果的です。

⑥すすいだあと洗濯機で洗う

ドラム式洗濯機を動かす

漂白剤を流水ですすいだあと、普段通り洗濯したら完了です。

シミがついて時間が経つと落としにくくなるので、なるべく早く染み抜きをしてください。この方法なら、インクが目立たないくらいに薄くすることができるはずです。

もしうまく落ちない場合は、クリーニング店に出すことや新しく買い換えるのも検討してみましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

洗濯でついたボールペンのインクはクリーニングで取れるの?

クリーニング ワイシャツ

クリーニング店には染み抜き専用の薬品や機械などがあり、シミに関する知識と経験のあるスタッフがいます。

有料染み抜きプランもあり、ボールペンのシミもキレイにできることが多いようです。クリーニングにお願いする時は、ボールペンの種類を伝えた上で「有料染み抜きで」とお願いするといいですよ。

今よりキレイになるかもしれないので、インクが大きく広がっている場合やお気に入りのワイシャツはクリーニングに出してみるといいですよ。

ボールペンの種類に合わせてワイシャツをキレイに

洗濯物 シャツ 外干し

ボールペンは普段使うことが多く、気づかないうちにワイシャツにインクがついてしまうことはよくありますよね。

油性ボールペンはアルコール、油性ボールペン以外は食器用洗剤を使って、トントンと叩くように洗うことがポイントです。

ボールペンのインクに悩まされず、普段よく着る服だからこそキレイに長く楽しみましょう。