洋服にシミなどがついたときはどうやって汚れを落としていますか?

石鹸でこすったり、液体洗剤をつけたりする人が多いと思いますが漂白剤を使うともっとラクに作業できるかもしれません。

今回は、漂白剤は衣類に使えるのか、どうやって使うのか、頻度はどれくらいかなど、衣類用の漂白剤にまつわるさまざまな疑問にまとめてお答えします。

漂白剤を衣類に使うメリットは?

洋服のシミに漂白剤をかける
漂白剤は色素を取りのぞいて白くする働きを持つ洗剤のこと。さまざまな種類があり、もちろん衣類用の漂白剤もあります。

衣類に漂白剤を使った場合、次のような効果が得られます。

・黄ばみや黒ずみを白くする
・シミ汚れなどを根こそぎ分解・除去
・濡れたときにでるイヤな臭いを防臭
・除菌や抗菌

『アタック』などの普段使う洗濯洗剤で落ち切らない汚れも落とすなど、さまざまなメリットがあるので使うと洋服がキレイで清潔に仕上がりますよ。

ただし、漂白剤の種類やその使い方によっては洋服の色が抜けてしまうので、取り扱いに注意な面もあります。どういった特徴があるのかしっかり覚えて使いましょうね。

衣類用の漂白剤はどう選べばいい?

酸素系漂白剤 オキシ ワイドハイター
漂白剤とひとことでいってもさまざまな種類があり、ドラッグストアやスーパーの陳列から何を選んでいいか迷うと思います。

洋服に使うなら「衣料用」「衣類用」などの文言が書かれた商品を選んでください。「キッチン」「パイプ」「洗濯槽」と書かれたものは用途がちがうので避けましょう。

「漂白剤ならどれも一緒じゃない?」と思うかもしれませんが、汚れの特性にあわせて粘着度や成分が異なります。異なる用途の漂白剤を衣類に使ってしまうと、生地が傷んでしまうなどのトラブルのもとなので十分注意しましょう。

衣類用の漂白剤にはどんな種類がある?

洗濯 洗剤
漂白剤には大きくわけて「酸素系」と「塩素系」という2つの種類があります。この2つはどちらも衣類に使えますが、それぞれ特徴がことなります。詳しく見ていきましょう。

酸素系漂白剤の特徴

衣類全般に漂白剤を使うなら「酸素系」がおすすめ。『ワイドハイター』や『ブライトW』などの商品が有名ですね。

酸素系漂白剤は酸素が汚れに働きかけるので、色柄物の衣類に使っても色落ちや傷みがなく扱いやすいのが特徴です。「ガンコ汚れにはとりあえず酸素系漂白剤」と考えて使っても大丈夫です。

塩素系漂白剤

「塩素系」の漂白剤は頑固な汚れを落としたいときにおすすめ。『ハイター』などの洗剤が有名です。酸素系漂白剤との大きな違いは漂白する力が強く、色柄物には使えない」という点。

「木綿、麻、ポリエステルの白物」にしか使えないなど、強力な反面扱いが少しむずかしいので注意して使ってくださいね。

衣類に使える漂白剤にはどんな種類がある?

衣類用の漂白剤はたくさんあるので、ここでいくつか商品をご紹介します。

【酸素系漂白剤】『ワイドハイターEXパワー』

漂白剤として有名な「ハイター」シリーズ。そのなかでも酸素系で色柄物の洗濯にも使える漂白剤が、この『ワイドハイターEXパワー』です。

蓄積した汚れによるニオイもキレイに分解でき、雑菌の繁殖によるイヤな臭いもスッキリ取り除いてくれます。

口コミ
・これなしでお洗濯するのは、雑菌やニオイが気になって不安になります。もはや必需品です。
・部屋乾しでもにおうことがなく汚れもすっきり落ちるので、大満足です。
内容量
1000ml
税込価格
373円

【酸素系漂白剤】『ブライトW』(LION)

クールなデザインのボトルが特徴の『ブライトW』は、とろみがあるため汚れへ定着しやすいのが特徴の酸素系漂白剤。

部分洗いに使うとより効果的に汚れがスッキリ落とせるので、ガンコな汚れを落とすのにもピッタリ。

口コミ
・キャップのメモリは見やすく、注ぎ口も液だれしづらい印象です。
・お風呂の残り湯で洗濯する際も安心ですし、よくCMなどで聞く「生乾きや部屋干しのニオイ」ってやつともうちは無縁です。
内容量
600ml
税込価格
189円

【酸素系漂白剤】『シャボン玉 酸素系漂白剤』(シャボン玉石けん)

実は酸素系漂白剤には液体タイプと粉末タイプの2種類があります。粉末の酸素系漂白剤は成分が少し異なり、液体よりも強力なのが特徴。

強力とはいえ、有効成分は同じ酸素。シンプルな成分構成なので赤ちゃんの衣類に使っても安心です。また、衣類以外に食器などの茶渋汚れにも応用できますよ。

口コミ
・白いシャツなどについてしまった黄ばみも、この商品で数時間つけおきにするだけで新品のように白く元どおりになりました。
・安心して使えるので1年以上使ってます。ふきんや、タオルなど付け置きするだけでスッキリします。
内容量
750g
税込価格
698円

『オキシクリーンEX』

漂白力を重視するなら、粉末の酸素系漂白剤に洗剤成分がプラスされた「オキシクリーン」がおすすめ。粉末の酸素系漂白剤は漂白成分のみのシンプルな構成のものが多いですが、オキシクリーンはもこもこと泡立ち汚れをはがしとってくれるのが特徴です。

衣類用してはもちろん、おうちの掃除にも使えるので大きなパックでも何かと重宝しますよ。

口コミ
・作業着の襟汚れも一晩漬けて、薄くなりました!今までどうやっても駄目だったので…感動しました!
・いろいろ試しましたが液体漂白剤はどれも効かず、タオルの臭い防止にはこれを多めに使うのが一番でした。
内容量
2,270g
税込価格
2678円

【塩素系漂白剤】『ハイター』(花王)

衣料用の塩素系漂白剤で手に入りやすいのが『ハイター』です。

シミや黄ばみなどどうしても落とせない汚れは、これを使えば一発でキレイになります。タオルなどの漂白にも使えるので、1本あると何かと重宝しますよ。

口コミ
・かなりひどいシミでも取れます。白ワイシャツは何度かに1度これで漂白すれば、クリーニングに出す必要なくなります。
・大容量なので毎日使っても大丈夫です。ちゃんと説明通りに使えば色落ちなどなく消臭できます。
内容量
2500ml
税込価格
417円

衣類用漂白剤の使い方!

ここでは衣類用の漂白剤の使い方を「酸素系」と「塩素系」に分けてご紹介します。

酸素系漂白剤の使い方

漂白剤を衣類にかける
酸素系漂白剤はいつもの洗濯にプラスして使えるので、手軽に使えます。手順は次のとおり。

衣類の洗濯表示を確認する

水洗い、洗濯機洗いができる衣類か確認し、漂白のしかたも確認する。

色落ちテストをする

水洗い、漂白がOKな衣類なら、目立たない部分に原液を染み込ませてテストする。5分ほど放置して色が抜けなければ問題なく使える。

洗濯物を洗濯機にいれ、漂白剤を入れる

分量を守って、ふだんの洗濯洗剤と合わせて酸素系漂白剤も入れる。

洗い終わったら通常通り干せば完了

あとは脱水後に、通常通り干して乾かせば完了。

毎回の洗濯に繰り返し使うことで、除菌・抗菌の効果が期待できますよ。

デリケートな衣類などは事前に色落ちテストをすることで、お気に入りの色や柄が抜け落ちないか確認するのがおすすめです。

塩素系漂白剤の使い方

漂白剤 フキン 洗濯
塩素系漂白剤は洗濯機での使用はNG。漂白が必要なものだけを手洗いでキレイにしていきます。「洗面器」「塩素系漂白剤」「ゴム手袋」を用意して次の手順ですすめましょう。

まず衣類の洗濯表示を確認する

水洗い、洗濯機洗いができる衣類か確認し、漂白のしかたも確認する。

色落ちテストをする

水洗い、漂白がOKな衣類なら、目立たない部分に原液を染み込ませてテストする。5分ほど放置して色が抜けなければ問題なく使える。

おけに水と漂白剤を入れる

分量を守って、塩素系漂白剤を入れる。

洗い終わったら通常通り干せば完了

あとはすすぎと脱水をして、通常通り干して乾かせば完了。

塩素系漂白剤は頻繁に使ったり、長時間つけおいたりすると脱色・変色の原因になるので、シミ汚れやニオイが気になったときだけ使うようするといいですよ。

衣類用漂白剤の使い方で注意することは?

洗濯物 漂白剤 色落ち
漂白剤を使うときにはいくつか気をつける点もあります。洗濯洗剤とは違って少し注意が必要ですよ。

多く入れすぎない

漂白剤は多く入れた方が汚れが落ちやすいのでは?と考える人が多いと思いますが、実はNG。生地を傷めたり色落ちの原因になる可能性があります。用法用量を守って使いましょう。

ほかの液と混ぜない

酸素系漂白剤であれば洗濯洗剤と同時に使えますが、塩素系漂白剤は扱いに注意が必要です。混ぜた液によって有害のガスを発生させる可能性があります。基本は「単品で使う」と覚えておくといいですよ。

熱湯で使わない

漂白剤をとかす液体の温度が高すぎると、漂白が急激に進みすぎてうまく効果が得られない可能性があります。また、素材を傷める可能性もあるので、できるだけ50℃以下のぬるま湯か水を使うようにしましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

衣類用の漂白剤には「還元系」もある!

ハイドロハイター
実は家庭で使える漂白剤には「酸素系」「塩素系」のほかにも、もう一つ「還元系」というタイプの漂白剤があります。

『ハイドロハイター』などの還元系漂白剤は金属が酸化してできた「サビ」を還元し、元通りにする力があります。「鉄分」や「赤土」などの酸素系でも塩素系でもキレイにできない汚れでも、還元系漂白剤ならさっぱりキレイにできるんです。

他にも染料を落とす力があるので、水性ペンの汚れや色移りの解消にも大活躍するなど、隠れた万能洗剤なんです。

還元系漂白剤は塩素系漂白剤と同様、白物の衣類にしか使えませんが落とせなくて困った汚れがあったら試してみてくださいね。

衣類用の漂白剤の使い方を覚えて、いつでも清潔に保とう!

洗濯物 シャツ 外干し
衣類用の漂白剤は使うとシミ汚れ、黄ばみを落とせるだけでなく、除菌、防臭の効果もあってとても実用的な洗剤です。

衣類をキレイに保つのに欠かせないアイテムなので、どんな特徴があるのかぜひ覚えておきましょう。