コーヒーをこぼして服やカーペットにシミができてしまった、なんて経験は誰にでもあると思います。シミが取れず、結局捨てることになってしまったものもあるのではないでしょうか?

でも、コーヒーのシミはきちんとした方法で染み抜きすればキレイに落とせるんですよ。今回はコーヒーの染み抜き方法を実践解説します。

コーヒーの染み抜きを始める前に!

洗濯表示
コーヒーのシミがついた服の洗濯表示をまずは確認しましょう。そもそも水洗いできない衣類だと、おうちで染み抜きをするのがむずかしいからです。

チェックしてほしいのは、「水洗いできるか」だけでOK。ふだんからおうちで洗濯している服はしみ抜きできると考えて大丈夫です。

洗濯表示 水洗い不可
ただ、水洗いできないウールやシルクなどデリケートな素材にシミができたときは、クリーニングに出して染み抜きをしてもらいましょう。

コーヒーの染み抜きに必要な道具は?

コーヒーの染み抜きに使う道具
用意するもの
必須
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
タオル
歯ブラシ
あると便利
綿棒

コーヒーのシミは水に色素がまざった「水溶性」のもの。水溶性の汚れはシミのなかでは落としやすいもののひとつなので、おうちにある食器用洗剤でキレイにできます

食品の汚れには食品用の洗剤が一番。肌にやさしくつくられているので、生地への負担も最小限にできるのがうれしいポイントです。

洋服についたコーヒーのシミを落とす方法

コーヒーのシミ
コーヒーはとても色素が濃い飲み物なので、一度定着してしまうとなかなか落とせません。ただ、ついたその日のうちあればまだ落ちやすいので、できるだけ早めに対処してください。

基本の流れは「食器用洗剤で汚れをゆるませ、洗濯する」だけ。やり方は単純なので焦らずしっかり落としましょう。

① 裏返してタオルをはさむ

タオルにシミを当てて裏返す
シミはついた面の裏側から押し出すように落とすのが効果的。まずは作業しやすいように洋服を裏返します。

裏返したらシミの部分に直接タオルがあたるようにはさみましょう。

② 洗剤をかけてたたく

コーヒーのシミに洗剤をかける
食器用洗剤をシミに直接たらして、指で軽くなじませます。

これだけでも、コーヒーの汚れがどんどん浮いてきてきます。乾いてしまったシミなら少しもんでみましょう。

コーヒーのシミを歯ブラシで叩く
次に歯ブラシや綿棒などでトントンたたきます。

繊維に入りこんだコーヒーをタオルに移し出すイメージで。シミを広げないように外側から内側に向かって進めると上手に取り除けます。。

③ 水ですすぐ

洗剤をすすぐ
洗面器かシンクに水を張ってすすぎましょう。

シミが落ちているか確認し、ざっくり洗剤が流せていれば大丈夫です。

染み抜き後
手作業による染み抜きではこれくらいまでキレイになります。

うっすら残っているくらいなら洗濯機の仕上げで十分キレイになりますよ。

④ 洗濯する

ドラム式洗濯機を動かす
染み抜きが済んだら、そのまま普段通り洗濯機で洗いましょう。

これだけでどこにシミがあったかわからないくらい、跡形もなくキレイになりますよ。

ガンコで落ちにくいコーヒーのシミはどうやって取り除けばいい?

頑固なシミに酸素系漂白剤
シミができてから時間がたち、落とせないほどに定着したシミ汚れには「漂白剤」が使えます

『ワイドハイター』など、液体の酸素系漂白剤をシミ汚れの目立つ場所に原液のまま直接つけて、洗濯機で洗うだけととても簡単です。

食器用洗剤はシミを浮かせて剥がすのに対して、漂白剤は根本から色素を分解してくれます。

食器用の洗剤を使うよりも多少繊維への負担は大きいですが、スッキリきれいに仕上がりますよ。

コーヒーの染み抜きで服は傷まないの?

中性洗剤
染み抜きをすると繊維がボロボロになったり、ギュッと縮んだりしないか心配に思う人もいると思います。

実は『キュキュット』などの「中性」の洗剤を使っているのがポイント。おしゃれ着を洗う『エマール』や『アクロン』なども「中性」の洗剤で、手肌や素材を傷めずに汚れを落とせるのが特徴なんです。

『ジョイ』などの「弱アルカリ性」の洗剤を使っても問題ありませんが、少しだけ素材に負荷がかかることは覚えておきましょう。

極端に毛羽立ったり、伸び縮みすることはないので、心配しすぎないでくださいね。

覚えておきたい

エコなわざあり

外出時に服にコーヒーのシミができたときの応急処置は?

ティッシュでシミを取る
コーヒーをこぼしても、外出先ではすぐに洗濯できませんよね。

そんなときのために応急処置の方法を覚えておくと、帰って洗ったときにシミが落ちやすくなります。

方法は、ハンカチやおしぼりでシミをたたき取るだけ。裏側に別の布をあてて汚れを移せると完璧です。こすると汚れが伸びるので注意してくださいね。

あとはおうちに帰ったらできるだけ早く染み抜きしてあげましょう。

コーヒーのシミがカーペットにできてしまったときの染み抜き方法

タオルに洗剤を浸す
うっかりカップを落としてしまったり、倒してしまったりということはどうしても起きてしまいます。

カーペットについたシミなら次の手順で簡単にキレイにできますよ。

ティッシュでコーヒーを拭き取る

ティッシュやキッチンペーパーを使って水分を拭き取る。

洗剤を濡れタオルに含ませる

タオルか雑巾を濡らし、よく絞ったものに洗剤を数滴垂らし、よくなじませる。

叩くように拭き取る

そのタオルを使ってシミを上からたたくようにして洗剤を含ませる。こするとシミが広がるので注意。

濡れタオルで叩く

使っていたタオルをよくすすぎ、洗剤を落とす。固く絞って、再びシミを叩くように水拭きする。

乾拭きする

最後に別の乾いたタオルを用意し、水分を拭き取って完了。

キレイなタオルにシミを移すようにたたいていくのがポイントです。丸洗いできるカーペットであれば洗濯機に入れて洗ってもOK。

コーヒーの染み抜き方法を覚えてあわてずに対処しよう

洗濯物 外干し 天気晴れ
コーヒーは濃い色の飲み物なだけに、染み抜きはむずかしそうに思えますが、おうちにある食器用の洗剤でキレイにできるんです。まずは試してみてください。

キレイに落とせればお気に入りの服をまた着て楽しめますよ。