白くて清潔感のあるシーツ。毎日寝ているときに大量の汗を吸っているって聞いたことはありませんか?きちんと洗ってあげないと雑菌が繁殖して不衛生なんですよ。

今回は、シーツをキレイにするための洗濯のポイントについてご説明します。

シーツは洗濯しないとどうなる?

布団

一般的には「少なくとも週に1回」はシーツ類を洗濯したほうがよいといわれます。

その理由は、寝ている間にはたくさんの汗をかき、それをエサに菌が繁殖したり、ダニが増えたりしてしまうからなんです。

シーツは取り外したり、干したりするのが面倒ですが、洗濯する方法自体が面倒なわけではないので、週末の時間があるときにでも洗濯できるといいですね。毎週は難しかったとしても、定期的に洗濯する習慣が大切ですよ。

シーツの洗い方は?注意点はある?

シーツ 洗濯

まずはここでシーツの洗濯方法を確認しておきましょう。

市販されているシーツは綿100%か、綿とポリエステルの混毛のものばかりなので、おうちで洗濯できるのがほとんど。次の手順で洗いましょう。

洗濯機にシーツを入れる

生地を傷めたくない場合は、ファスナーをしめ、軽くたたんで洗濯ネットに入れる。

洗濯機で洗う

通常通り洗濯すれば完了。粉末洗剤だと溶け残りができやすいので注意。

洗濯ネットに入れるときはネット1つにシーツを1枚か2枚までが限界。詰め込みすぎると洗剤がまわらず、うまく洗えないことがあるので注意しましょう。

汚れ別のシーツの洗濯のポイントは?

シーツにつく汚れは、皮脂汚れや血液汚れなどさまざま。洗濯洗剤の原液を直接汚れた部分にかけて下洗いしてから洗濯機で洗うとキレイになります。

ただ、汚れによってはちょっとした工夫が必要なこともあります。それぞれどんなことに気をつければようのか見てみましょう。

おねしょ

おねしょで濡れたシーツ

子供のおねしょがついたシーツは普段通りに洗濯すればOK。ただ、何度もおねしょがつくうちにアンモニアによるニオイが出てくることもあります。

独特のツンとしたニオイが気になるときはクエン酸を使って洗いましょう。

水1Lに対してクエン酸大さじ1杯を目安に混ぜ、その液に3時間ほどシーツを浸けます。あとは軽くすすいで、洗濯機で洗い直すだけ。アルカリ性のアンモニアを酸性のクエン酸が中和してくれますよ。

汗、皮脂

汗

汗や皮脂による黄ばみ・黒ずみや、臭いがある場合は、洗剤に加えて『ワイドハイター』などの漂白剤を入れると効果が高まります

洗濯機に投入するのもいいですが、気になる汚れがあったら塗り込んでから5分ほど放置し、洗濯機に入れて洗いましょう。熱めのお湯に漂白剤を溶かし、そこにシーツを浸けるとさらにキレイになりますよ。

経血

血液のシミ抜き

経血がついた場合も焦らなくて大丈夫。時間がたったガンコなものでもキレイになりますよ。

ついてすぐものなら、食器用洗剤をかけてなじませてから洗えばOK。時間がたった汚れの場合は『アタック』などの粉末洗剤と『ワイドハイター』などの液体酸素系漂白剤を1:1の割合で混ぜた洗浄液をつければキレイになります。

洗濯後のシーツの仕上がりを向上させるワンポイント!

洗濯機(洗濯槽)の底

シーツをキレイに洗い上げるにはいくつか細かいテクニックがあります。できそうなものから取り入れてみてくださいね。

あらかじめゴミを取る

シーツは「ファスナータイプ」という長編の片方がファスナーになったものや、ゴムを伸ばして敷布団に四隅を引っかける「ボックスタイプ」が主流。その「ファスナータイプ」は四隅にホコリが入りこみやすいので、ひっくり返して細かいゴミを取り除いてから洗うとキレイに仕上がります。

洗濯槽の底に入れる

シーツや毛布のような大物を洗濯機で洗う場合には、できるだけ洗濯槽の底に入れるのがポイントです。底に近い方が回転の力を受けやすく、洗浄力も高いためです。よく汚れが落ちますよ。

脱水時間を短くする

脱水時間を短めにし、ポタポタ水がたれるくらいで取り上げて干すようにしてみましょう。重みでシワが伸びやすく、アイロンの手間が省けてキレイに仕上がります。

洗濯後のシーツの乾かし方は?

物干し竿で外干し シーツや布団

シーツは大きいので乾きが遅いアイテム。ただ、乾かし方にも少しポイントがあります。

物干し竿に干すときは、2本の物干し竿にまたがるように「M字干し」すると風通しがよくなってすぐに乾かせます。物干し竿が1本しかないなら、ハンガーを何個か引っかけて、その上からシーツをかぶせ、横から見たときに「A字干し」になるよう乾かせばOK。

洗濯機に乾燥機がついていれば、そのまま乾燥機を使っても大丈夫です。熱風でシーツに潜むダニまで退治できますよ。

シーツの洗濯に使える便利グッズはある?

シーツは洗濯物のなかでも大物で、少し乾きにくいですよね。そんなときは便利グッズを使って風がよくあたるように工夫すると乾きが早まります。

ここでは参考までにシーツを干すときに使えるアイテムをいくつかご紹介します。

『伸縮シーツハンガー』(アイリスオーヤマ)

オールステンレスのさびにくい伸縮ハンガーです。1度に3枚まで乾かせるほか、1枚のシーツをM字になるようにかければ風通しがよくなって乾きが早まります。

『狭いスペースでシーツが干せますハンガー』(杉山金属)

70cmの棒が3本くっついた形のハンガーです。付属のピンチを使ってシーツをN字に干せるので風がよくあたります。3本を直線にすればシーツをそのまま2つ折りにしてかけることもできます。

シーツを洗濯して睡眠を快適に

布団 ベッド シーツ 枕

シーツはキレイなように見えて意外と雑菌が繁殖しています。1週間に1度は洗濯でキレイにしましょう。

洗濯はそれほどむずかしいことはありません。いつも通り洗うだけです。さらに「底の方に入れる」「脱水時間を短くする」といった少しの工夫で、よりキレイに仕上がりますよ。

清潔なシーツだと毎日の睡眠が快適になりますね。