キッチンなどの油汚れはこすっても伸びて広がってしまうだけで、なかなかキレイにならないですね。そんなつい放置したくなる面倒な汚れも、「重曹」を使うことで手軽に落とせるかもしれませんよ。

ここでは油汚れの落とし方を中心に、重曹の使い方をいくつかまとめてご紹介します。身近なアイテムでおうちがキレイになるので確認してみましょう。

油汚れに重曹が効く2つの理由

酸素系漂白剤 重曹 クエン酸


「油汚れには重曹が便利!」と耳にしたことがあると思いますが、これには2つの理由があります。重曹の特徴を知っておくとほかの掃除にも応用できるので、ぜひ覚えておきましょう。

酸性の汚れを分解できる

重曹は水に溶かすと「アルカリ性」の性質をもち、反対の「酸性」のものと結びつくと互いのはたらきを打ち消して、水に溶けやすい成分に変化させます。この酸性の性質をもつ代表が油汚れというわけです。

クレンザーとして使える

重曹は粒子が細かく水に溶けにくい性質があるので、水と混ざってもペースト状になります。これも油汚れに効果的で、こびりついた汚れにくっついてクレンザーのようにこすり落とせます。

重曹はどんな油汚れを落とすのに使える?

ガスコンロ 魚焼きグリル


おうちのなかで油汚れがよくつく場所といえば、キッチンですね。重曹はそのキッチン周りの油汚れをだいたい落とせる万能洗剤です。具体的には次のような汚れに活用できますよ。

● 油がついたガスコンロ・五徳
● コンロ周りの壁や床
● 料理の蒸気を吸い込むレンジフード
● キッチン近くの換気扇
● 料理の油はねがついた電子レンジ内
● 魚の油がしたたるグリル

日々の掃除や、大がかりな汚れを落とすときは重曹が大活躍します。

油汚れを落とす重曹の使い方は?

重曹の使い方は「① 水に溶かす」「② ペーストにする」「③ 粉のまま使う」の3つの方法があります。どれも簡単なので、手元に重曹があればすぐに実践できますよ。

それぞれどんな使い方なのか詳しく見てみましょう。

① 水に溶かす

重曹


洗剤を使う感覚で手軽にシュッと吹きかけてタオルで乾拭きするだけで、軽い油汚れなら簡単に落とせます。

スプレーの作り方は、コップ1杯の水(約200ml)と重曹小さじ2杯(約10g)をスプレーボトルなどに入れてよく混ぜ合わせるだけ。これでただの水がアルカリ性をもつ洗浄液にあっという間に早変わりします。

3つの掃除法のなかで1番使い勝手がよく、キッチンの床や壁、換気扇、電子レンジ内などさまざまなところに使えますよ。

② ペーストにする

重曹ペーストとIHコンロ


酸性汚れの分解とクレンザーとしての役割、その両方をうまいバランスで活かせる方法です。油汚れなどに塗って放置すると汚れが落ちやすくなりますよ。あとは雑巾やスポンジなどでこすればスルッと落とせます。

基本は「重曹と水を2:1の割合で混ぜたペースト」を使います。油汚れの具合によって、ベタベタ汚れには「重曹と液体石鹸を3:1に混ぜたフワフワペースト」、ガンコなこびりつきには「重曹と液体石鹸を4:1に混ぜたジャリジャリペースト」と配合を変えると効果的。

③ 粉のまま使う

重曹を粉のまま使う


研磨効果が1番活かせる方法で、特別な準備はいらず、重曹を粉のまま汚れにふりかけるだけです。あとは濡れ雑巾やスポンジ、ラップなど、掃除場所にあわせた道具でこすり、仕上げに乾拭きをして完了です。

コショウなどの調味料入れに重曹を入れておけばとっても便利。ガスコンロの周りはとくに有効ですよ。

ガンコな油汚れを重曹で落とすにはひと手間加えた使い方がポイント!

重曹水を沸騰させる


キッチンのコンロ周りにあるような、ガンコにこびりついた汚れは重曹を使ってもなかなか落とせないことがあります。そんなときには、重曹水を一度沸騰させると効果的。

液性


アルカリ性の強さはpH(ペーハー)という指標で表され、温める前の重曹のpHは8.2。熱を加えると「炭酸ソーダ」に変化してpHが11.2まで高まり、より油汚れが落ちやすくなります。

触れるくらいまで冷めてから、雑巾などに含ませて汚れを拭いていきましょう。重曹をそのまま使うよりも汚れ落ちがいいですよ。コンロの五徳などは鍋に直接入れ、重曹水で一緒に煮てもキレイにできます

ただし、洗浄成分が強くなって肌への負担も少しだけ増すため、肌の弱い人はゴム手袋をつけると安心です。

油汚れを落とすときの重曹の使い方で気をつけることは?

注意 ポイント コツ


油汚れを落とすのに便利な重曹ですが、2つ注意することがあります。それぞれ詳しくご紹介するので、確認してみてくださいね。

キズがつきにくい素材か確認する

プラスチックや漆器などのやわらかい素材は重曹を粉のまま使ってこすると傷がつきます。重曹水にしてしまえば問題ありませんが、粉の状態で使う場合には素材の確認をしておきましょう。

アルミには使わない

アルミは重曹と反応して黒ずみを起こしたりコーティングを剥がしたりトラブルの原因になってしまいます。重曹水などを温めるときにアルミ製の鍋を使わないよう気をつけましょう。

応用編!こんな油汚れも重曹を使えば簡単に落とせる!

実はおうちのなかにある油汚れはキッチンだけにとどまりません。ここでは、どんな場所のどういった汚れに重曹が有効か見ていきましょう。どこも肌が触れる場所なので、自然由来の洗剤だと相性もいいですよ。

お風呂の浴槽・床につく皮脂汚れ

お風呂(浴室)の床


お風呂には体を洗ったときに出る皮脂汚れがたくさん。この皮脂汚れも酸性の汚れなんです。

重曹を粉のままスポンジにつけて床や浴槽をこすれば、皮脂汚れがキレイに落とせてカビ予防につながりますよ。

リビングの床の皮脂汚れ

フローリングの皮脂汚れ


リビングなどのフローリングにも足裏の皮脂汚れがたくさんついています。靴下やスリッパを履かずに部屋を歩き回っているなら要注意。

ここも重曹水を含ませた雑巾などで拭き掃除するとピカピカになりますよ。

照明のスイッチやドアノブ

換気扇 スイッチ 電灯


照明のスイッチやドアノブなどの「手が触れる場所」にも皮脂汚れが多く残っています。

ここも重曹水を含ませた雑巾で拭けばOK。照明のスイッチなど電気を扱う場所では故障の原因になるのでスプレーを直接吹きかけないように注意しましょう。

窓についた指紋

窓ガラスについた指紋


窓の内側につく皮脂汚れ、外側につく排気ガスはどちらも酸性。重曹でキレイにできます。

重曹水が入ったスプレーを吹きかけ、水拭きと乾拭きで汚れを落としましょう。

重曹は油汚れを落とすほかにもいろいろな使い方ができる!

重曹は油汚れを落とす力がありますが、ほかにも使い道があります。

消臭スプレーとして使う

ゴミ箱


重曹は「静菌効果」「消臭効果」が期待できます。嫌な臭いのするゴミ箱にふりかけておくだけでもニオイ成分を分解し、雑菌が繁殖するのを防いでくれます。

粉末を三角コーナーの近くに置いたり、お皿に盛ってトイレなどに置いたり、カーテンに吹きかけるのも効果があるので、ぜひ試してみてください。

洗濯に使う

ワイシャツの黄ばみ


重曹自体で服についた汚れを落とすまでの効果はありませんが、ふだん使っている洗濯洗剤や粉石鹸に混ぜたり、漂白剤に混ぜて使ったりすることで、洗浄効果を高めるはたらきもあります。

洗剤や漂白剤と混ぜてペースト状にしてそれを塗れば、汚れにとどまって分解・漂白が進みます。食べこぼし・飲みこぼしによるシミ、汗ジミによる黄ばみなどに有効です。

油汚れは重曹を使ってスッキリ落とす

キッチンのコンロ周り


重曹は油の汚れ落としや消臭に使える家事に必須のアイテム。100均でも手に入る身近なアイテムなので、手軽におうちのキレイを保てますよ。

スプレーにしておけばいつでもサッと使えて、油汚れを落とせます。リビングやキッチンが清潔な空間になりますね。