冬のおしゃれ定番アイテムのセーターやニットは、頻繁に着るので汚れる機会も多くなりますね。うっかりシミでもできてしまったら凹んじゃいますよね。

でも、実はおうちで簡単に染み抜きができるんですよ。今回紹介する染み抜き方法なら、お気に入りのセーターやニットの雰囲気もそのままにキレイにできますよ。

セーターやニットは染み抜きできるの?

ニット・セーター
ほとんどのセーターはおうちでも染み抜きができますが、ウールやカシミヤなどデリケートな繊維を編み込んでつくっているセーターも多いので洗濯表示のチェックが欠かせません

洗濯表示 水洗いの可否
上図の「洗濯機で洗える」「手洗いできる」のマークがついていれば、おうちで染み抜きができると考えてください。

もし「水洗いできない」のマークがついていたらかなりデリケートな素材なので、おうちで洗うのは避けて、クリーニング店にお願いしましょう。

セーターやニットの染み抜きに使う道具は?

洗剤 ネット 洗濯バサミ
用意するもの
必須
『エマール』などの中性洗剤
タオル
洗濯ネット

セーターの染み抜きに使うものは、ふだんの洗濯に使うものとほとんど変わりません。洗剤の使い方を工夫することで染み抜きができますよ。

ただし、洗剤は繊維にやさしい「おしゃれ着用の中性洗剤」を使うことをおすすめします。『アタック』などのふだん使いの洗剤は「弱アルカリ性」で洗浄力が強い分、繊維を傷めてしまう可能性があります。

セーターやニットを染み抜きする方法は?

適量の洗濯洗剤
セーターの染み抜きは「部分洗い→洗濯」という順に進めていきます。ついたシミを無理にこすらず、次の手順でやさしく洗い流しましょう。

下準備

ケチャップなどの固形物がついている場合は、ティッシュなどで取り除く。濡れタオルでポンポンたたいて薄めておく。

シミに洗剤をかける

シミに直接洗剤をたらし、やさしくもみこんでなじませる。

洗濯ネットに入れる

汚れがある面が外側になるようにたたみ、洗濯ネットに入れる。

手洗いコースで洗う

「ドライコース」など、やさしい水流で洗えるコースを選ぶ。

平干しする

洗濯が終わったら平らになるように干して乾かせば完了。

ふだんの洗濯とほとんど同じ方法で、「シミの部分に洗剤を原液のまま塗り込む」のがポイントです。こうすることで汚れ落ちの効果を高められます。

軽い汚れであれば、①のあと流水ですすいで乾かすだけでも大丈夫ですよ。

セーターやニットを染み抜きしても落ちない汚れはどうする?

セーター ウール 洗濯機
セーターについたシミは紹介した方法でキレイにできますが、ひどい油汚れや色素の強い汚れはなかなかキレイにならないことも

それでも取れないシミはをおうちで落とすのはむずかしいので、クリーニングに出しましょう。クリーニングに出すときは「どんな汚れがいつついたのか」をしっかり伝えると、うまく対処してくれますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

セーターやニットは「シミがついてすぐ」の応急処置が大切!

ニット・セーター
セーターやニットなどのデリケートな洋服についたシミは時間がたつほど取れにくくなります。なので、シミがついてからすぐに応急処置できるかどうかが鍵になります。

食べこぼしなどがついてしまった場合は、おしぼりなどでやさしくつまみ取りましょう。こすって広げてしまわないようにおしぼりの新しい面を使って繰り返しつまみとっていきます。全部キレイに取るのはむずかしいので、目立たなくなったくらいで一旦やめて家に帰ってすぐに染み抜きを行いましょう。

シミが乾く前にできるだけの対処ができれば、おうちに帰ったあとの洗濯作業もぐっと楽になりますよ。

セーターにできたシミでも諦めないで!

洗濯 クリーニング
大切なセーターにシミをつくってしまうと、どうやって落としたらいいのかわからず気分も沈んでしまいますね。

軽いものであれば、おうちで簡単に染み抜きできます。水洗いができることを確認して洗濯してあげてください。ただ、高価で大切なセーターであれば無理におうちで洗わず、そのままクリーニングに任せるのもひとつの手です。

型くずれなども防いでくれるので新品同様の姿になって戻ってきますよ。

大切なセーターにシミができてもあきらめず、まずは染み抜きにチャレンジしてみてくださいね。