空気の乾燥が気になる秋から冬にかけて活躍する「加湿器」。シーズン中は毎日が出番ですが、使い続けていると汚れが気になってきます。ひどくなるとカビが生える、なんてことも…。

掃除が面倒くさそうなイメージがありますが、今回は加湿器をどう掃除すればいいのか掃除方法をいくつかご紹介します。

加湿器の掃除に必要なアイテムは?

クエン酸
用意するもの
必須
クエン酸
雑巾(いらない布)
スポンジ
歯ブラシ
あると便利
アルコール除菌スプレー

加湿器の表面にはホコリや手垢などの汚れがつきますが、一番厄介なのがなかのフィルターなどにつく「水垢」。

加湿器内の水が蒸発すると、水の中に含まれていたカルシウムなどのミネラル成分が残ります。これが積み重なると石のように固い、水垢汚れができます。

水垢はアルカリ性の汚れなので、反対の酸性の成分をもった洗剤を使って落としましょう。「クエン酸」なら100均でも買えるのですぐに準備できますよ。

加湿器の掃除は「クエン酸」でつけおき!

蛇口 水 シンク 洗面台
しばらく掃除していないと水垢が石のように固くこびりつきます。こうなると水ですすいでも、スポンジでこすったとしても落ちません。

そこで、「クエン酸」を使います。電気ポットや食洗機など、水をつかう家電はすべてクエン酸でキレイにできますよ。

洗面台のシンクに水をはり、水1Lに対してクエン酸を大さじ1杯ほど溶かし、そこに加湿フィルターをつけおいてください。

2時間ほどおくと水垢がやわらかくなるので、流水で2〜3回すすぐと落ちます。それでも落ちないときは一度でキレイにしようと思わず、掃除のたびに繰り返して少しずつ取り除いていきましょう。

加湿器のふだん掃除の方法は?

加湿器
加湿器を毎日使っていると、掃除のことはすっかり忘れてしまいますね。ふだんからこまめに掃除をしておけば、ヌメリが取れ、水垢もグッと減ります。

2週間に1回くらいの頻度で、以下の手順で掃除すれば汚れもこびりつかず、いつでもキレイな状態が保てます。

ここでは「手軽な掃除法」と「丁寧な掃除法」の2種類をご紹介します。買ってからしばらく掃除していない場合は、時間をつくって丁寧に掃除してみてくださいね。

気軽に掃除する方法

電源を切る

掃除前に電源を切る。コンセントを抜いておいたほうが安全。

表面を水拭きする

表面に積もったホコリや手垢を水拭きで落とす。

加湿フィルターをクエン酸水につける

加湿フィルターをクエン酸水につけて2時間ほど放置する。

加湿フィルターを水ですすぐ

表面を水ですすいでヌメリや水垢を取る。

乾燥させたあと元に戻す

しっかり乾燥させたあとに元の状態に戻せば完了。

丁寧に掃除する方法

電源を切る

掃除前に電源を切る。コンセントを抜いておいたほうが安全。

外側のホコリをはらい、水拭きする

表面に積もったホコリや手垢を水拭きで落とす。汚れが気になるときは雑巾にアルコール除菌スプレーを吹きかけてから拭く。

パーツを外す

トレーやタンクなど、外せるものはすべて外す。製品によって異なるので取扱説明書を確認しておくと安心。

タンクを水ですすぐ

タンクのなかを水ですすぎ、外側やキャップ部分は雑巾で水拭きする。

トレイを水ですすぐ

トレイも全体を水ですすぎ、スポンジでこする。入り組んだ部分の汚れは歯ブラシでこすり落とす。

加湿フィルターを水ですすぐ

加湿フィルターも表面を水ですすいでヌメリや水垢を取る。

乾燥させたあと元に戻す

タンクやトレイなどは乾いた雑巾で乾拭きし、加湿フィルターも水を切って戻す。すぐ使うのであれば、加湿フィルターは乾燥させずに戻してもOK。

加湿器の掃除に便利なアイテムは?

加湿器の掃除をラクにしたいなら、道具から工夫するのもおすすめです。掃除の頻度がすくなくなって、負担が減りますよ。

『ピカポット ポット内容器洗浄用クエン酸』(象印)

電気ポットのほか、加湿器にも使えるクエン酸で、個包装になっているのがポイント。毎回使い切れるので、分量をはかる手間がはぶけます。

『銀イオンパワー 加湿器キレイ』(ブリッジメディカル)

加湿器や除湿機の除菌に使える便利グッズもあります。ポンと水のなかに入れるだけで銀イオンがヌメリを防いでくれます。

加湿器の汚れを予防するには?

クエスチョン ? はてな
加湿器は普段からこまめに水の入れ替えをすることが大切です。その際に汚れに気づいて掃除することもできますね。

また、水がたまったままになっていると雑菌が繁殖して汚れもひどくなります。シーズンをすぎて使わなくなったら、タンクやトレイにたまった水は捨てて、乾燥させてから押入れにしまいましょう。

加湿器をキレイにしておうちのなかを快適に

加湿器
ちょっと面倒に思える加湿器のお掃除ですが、放置してカビが生えて買い替えることになった…となっては元も子もありません。

汚れたまま使い続けると、加湿器を通じて汚れを部屋中に広げてしまうことにもなります。

こまめにメンテナンスしていれば長持ちするものなので、2週間に1回のペースで掃除する習慣を身につけてくださいね。