住み始めた当時はキレイだったお風呂も、使っていくうちにどんどん汚れが…。とくに床は汚れがたまりやすく、デコボコ部分に黒ずみができて、ブラシでこすったくらいでは落ちなくなってしまいます。

お風呂の床の黒ずみを細々掃除するのは大変ですが、『オキシクリーン』を使うと手間をかけずにキレイにできますよ。とっても簡単なので、試してみてくださいね。

オキシクリーンでお風呂の床の黒ずみが取れるってホント?

床の黒ずみ

お風呂の床にたまる汚れの正体は、洗剤や石鹸カス、シャワーで落とした皮脂などが蓄積したもの。いろんな汚れが混ざりあって黒ずみになるんです。

時間をかけて積もった汚れなのでガンコにこびりついていますが、万能洗剤オキシクリーンなら漂白効果でキレイにできますよ。

ブラシでこすっても落とせない汚れが、オキシクリーンの洗浄力で元通りのキレイな状態になるので、ぜひ試してみてください。

オキシクリーンでお風呂の床を掃除するときに必要な道具は?

お風呂の床の掃除道具(オキシクリーン)

用意するもの
必須
オキシクリーン
ブラシ
ゴム手袋
あると便利
ビニール袋
洗面器

オキシクリーンは汚れを浮かせるはたらきがあるので、こすり洗い用のブラシを用意しておくと、浮いた汚れを効率的にキレイにできます。

もちろん、アメリカ版でも日本版でもOKです。

あとは手荒れ防止のためにゴム手袋を用意しておけば準備完了です。

オキシクリーンでお風呂の床をキレイにする方法は?

オキシクリーンでお風呂の床の黒ずみを取り除く方法には、簡単にできる「こすり洗い」か「オキシ漬け」の2種類あります。

毎月、定期的に掃除していればこすり洗いだけでよりキレイになりますが、数ヶ月以上掃除していなかったときはオキシ漬けにするといいですよ。

まずはこすり洗いの方法から見ていきましょう。時間もそれほどかからないので簡単にとりかかれますよ。

① お湯をかけて床を濡らす

お風呂の床をシャワーで濡らす

シャワーを使ってできるだけ熱いお湯をかけて濡らす。火傷に注意。

②オキシクリーンを床にまく

オキシクリーンすり切り1杯

粉末のまま、付属のスプーンでアメリカ版なら1杯、日本版なら2〜3杯ほどのオキシクリーンを床にまく。

お風呂の床にオキシクリーンをかける

均等にかからなくてもざっくりでOK。

③ 軽くこすってなじませる

ブラシで軽くこすってなじませる

ブラシで軽くこすってお湯となじませる。

お風呂の床をオキシクリーンで浸す

オキシクリーンがお湯に溶けて泡を出している状態のまま1時間ほど放置する。

追加でシャワーをかける

粉っぽさが残るようなら、追加でシャワーをかける。水量が多いとオキシクリーンが流れてしまうので、チョロチョロとたらすのがポイント。

④ すすいでこする

お風呂の床をブラシでこする

時間がたったら軽くシャワーで流し、ブラシでこすり洗いする。

仕上げにシャワーで汚れや洗剤を洗い流したら完了。

ワンポイント!
作業中はバスシューズを履いておくと安心。足裏にオキシクリーンがつかずにすみます。

オキシ漬けでお風呂の床をキレイにする方法

なかなか落ちない汚れなら、お風呂の床にオキシクリーン液を満たして「オキシ漬け」の状態にするのがおすすめ。

ブラシに加えてビニール袋、洗面器を使います。

① 排水口に栓をする

お風呂の排水口(掃除後)

床をオキシ漬けするには、排水口をふさぐ必要がある。

お風呂の排水口を袋に入れる

栓がなければ、2重にしたビニール袋にヘアキャッチャーを入れ、この袋を巻き込むようにして元の位置に戻す。こうすることで水が抜け出すすき間がなくなる。

お風呂の排水口に栓をする

さらに水を入れて口を閉じたビニール袋を排水口のくぼみにのせれば、水が流れ出なくなる。これで簡易な栓の完成。

② 洗浄液をつくる

洗面器にオキシクリーンを入れる

洗面器に、アメリカ版なら付属のスプーン1杯、日本版なら3〜4杯ほどのオキシクリーンとできるだけ熱いお湯を入れて混ぜる。

ここでしっかり溶かしておくのがポイント。

③ 床にお湯をため、つくったオキシ液も溶かす

お風呂の床掃除 オキシ漬け

床に40〜50℃ほどの熱いお湯をためる。1cmほどの深さになれば十分。

ためたお湯にあらかじめ溶かしておいた洗浄液を混ぜ、2〜6時間放置する。

④ 流してこする

お風呂の床をブラシでこする

時間がたったら液を流す。ゆるんだ汚れをブラシでこするとスルスル落ちていく。

⑤ すすぐ

お風呂の床(掃除後)

汚れやオキシクリーンの残りがないように、キレイにすすいだら完了。掃除後には真っ白に。

ポイント!
浸しておく時間が長いほど効果的。ある程度放置しても問題ないので、ひと晩おいて朝こすり洗いすると時間を有効に使えます。

オキシクリーンでお風呂の床を掃除するときの注意点は?

注意 ポイント コツ

オキシクリーンを使ってお風呂の床を掃除するときは、2つの注意点があります。トラブルなくキレイにするためにはどちらも大切なので意識して取り組んでくださいね。

直接触らない

オキシクリーンは油分を強力に分解する力をもっています。素手でふれると肌の油分まで分解し、手荒れの原因になるので必ず手袋を着用しましょう。

床のつけおきのときは足にもふれないように注意する必要があります。作業は浴槽に入りながら進めるか、バスシューズを用意しておくと安心です。

冷たい水を使わない

オキシクリーンはお湯に溶かすと活性化して、洗浄力が高まる特徴があります。反対に、冷たい水ではうまく溶けず、洗浄力も落ちてしまいます。

最も効果的に働く温度は40〜50℃。シャワーから出る熱いお湯うとちょうどいいですよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

オキシクリーンは風呂全体の掃除に便利!

オキシクリーンで風呂釜の掃除

お風呂の床を掃除するときに厄介なのが、床置きにしている椅子や手おけなどの小物類。

別の場所に移して掃除する人も多いですが、おすすめなのが「浴槽を使ったオキシ漬け」です。

残り湯でいいのでお湯にオキシクリーンを溶かし、そこにまとめて小物類を浸しましょう。これだけで床の掃除と同じように小物類の漂白掃除ができるんです。

オキシクリーンの液は壁などの拭き掃除にも使えます。オキシ漬けしている間に別の掃除を進めれば、お風呂の掃除をいっきに進められますね。

お風呂の床の黒ずみはオキシクリーンでスッキリ落とそう

お風呂浴室

お風呂の床の汚れに気づいたら、あれこれ工夫して掃除するよりも、オキシクリーンを使って一気にキレイにしてあげましょう。

黒ずんでこびりついていますが、オキシクリーンの泡がどんどん落としやすくしてくれます。こまめな掃除は必要ありませんが、年に1回ほどは本格的にキレイにするといつも明るく清潔なお風呂を保てますよ。

まとめ

  1. お風呂の床の黒ずみもオキシクリーンなら漂白できる。
  2. 使い方は「こすり洗い」と「オキシ漬け」の2通り。ブラシがあると便利。
  3. オキシクリーンの粉末はお湯で溶かすのがポイント。肌につかないよう注意すること。