お風呂掃除の洗剤は何を使っていますか?日々のお風呂掃除の手間を少なくしたいなら、定期的に使っている洗剤を見直してみるといいですよ。最近では便利なものもたくさん販売されています。

今回はお風呂掃除におすすめの洗剤やその種類、洗剤を切らしたときに代用できるものなどをまとめてご紹介します。

お風呂の洗剤にはいろいろな種類がある!

洗剤


お風呂の洗剤と聞くと、『バスマジックリン』などの定番商品を思い浮かべるかもしれませんが、汚れにあわせてさまざまな洗剤があります。

どれか1つの洗剤で汚れが落とせるというわけではなく、洗剤の特徴を知って使い分けるのがお風呂掃除をラクにするポイントなんですよ。

お風呂用洗剤の商品はたくさんありますが、種類別でわけると以下の3つ。

全体の掃除に使う「中性洗剤」
水垢を溶かして落とす「酸性洗剤」
ヌメリやカビを落とす「塩素系漂白剤」

それぞれ得意な汚れが違うので、3種類を用意して使い分けるのがおすすめです。次からは、それぞれの種類別に基本的な使い方やおすすめの商品をご紹介します。

【お風呂掃除の洗剤①】ふだん使いは「中性洗剤」が便利!

お風呂


中性洗剤はお風呂の浴槽や壁、床などどんなところも掃除できる優れもの。 毎日使うことを考慮して肌への影響を抑えているので、洗浄力は少し劣りますが、お風呂のほとんどの汚れを落とせます

『バスマジックリン』など、お風呂の洗剤と聞いてすぐに思いつく洗剤はたいていこの中性洗剤に分類されます。どんな商品があるのか見てみましょう。

『バスマジックリン 風呂用洗剤』(花王)

お風呂の定番洗剤といえば、花王の『バスマジックリン』シリーズ。『バスマジックリン』といっても種類があり、「カビ予防」が得意なタイプ、「アロマの香り」を楽しるタイプなどさまざま。この商品はお風呂によくできる「ピンク汚れ」に効くタイプ。おうちに合ったものを探してみてくださいね。

『おふろのルック』(ライオン)

スプレータイプの中性洗剤。水で濡らしたところにスプレーし、スポンジでこするだけです。「すすぎクイック成分」が配合されているので、シャワーですすげばすぐに泡が消えてなくなるのが特徴です。

『緑の魔女』(ミスマクリーンケア)

自然由来の成分でできた環境や手肌に優しい洗剤です。皮脂汚れを落とせるのはもちろん、洗浄後にパイプのなかまでキレイにしてくれますよ。

【お風呂掃除の洗剤②】こびりつく水垢には「酸性洗剤」を用意!

お風呂の鏡や蛇口などに発生する白いウロコ状の汚れ「水垢」。水回りには必ずといっていいほどよく発生する汚れです。力任せにこすっても落ちないので、酸性洗剤で溶かす必要があります(※1)。

『スクラビングバブル 強力バスクリーナー』(ジョンソン)

『強力バスクリーナー』は水垢に効く酸性洗剤ながら、普段のお風呂掃除にも活躍します。これ1本あれば、除菌から水垢落としまで何役もこなしてくれますよ。

『茂木和哉』(きれい研究所)

『茂木和哉』は水垢落としのために作られた、酸性成分と研磨材が一緒になった洗剤です。くもって何も見えなくなった鏡でもあっという間にキレイにしてくれます。

『お風呂用ティンクル』(KINCHO)

CMなどでおなじみの『ティンクル』はお酢の力を使った酸性洗剤です。ガンコなヌメヌメやザラザラを簡単に落とせますよ。

【お風呂掃除の洗剤③】カビができたときは「塩素系漂白剤」を使う!

床の隅っこや排水口のドロドロした汚れ、壁の黒ずみなどは雑菌が繁殖してできる汚れです。これらは中性洗剤でもある程度落とせますが、塩素系漂白剤なら手で触ることなくキレイにできます(※1)。

『カビキラー』(ジョンソン)

カビのことといったら『カビキラー』におまかせ。強力浸透成分がカビの奥まで染み込み、黒カビをスッキリきれいに落としてくれますよ。

『ヌメリ&カビ 速攻バスター』(ライオン)

泡状の塩素系漂白剤。スプレータイプなので、汚れの目立つ場所にスプレーして3分置いて流すだけ。こする必要もなくスッキリ落とせます。

『ドメスト』(ユニリーバ)

液体状の塩素系漂白剤。排水口に垂らして数分後にシャワーで流せば、排水口のヌメヌメや排水管のなかをキレイにしてくれます。お湯で薄めた液にイスや洗面器などを浸せば除菌もできますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

お風呂掃除用の洗剤は家にあるもので代用できる?

中性洗剤

お風呂用の洗剤がなければお風呂掃除ができないと思いがちですが、おうちにあるものでも代用できます。

たとえば中性洗剤なら、『キュキュット』などの食器用中性洗剤が使えます。ほとんど成分は同じなので、スポンジで泡立ててこすり洗いすれば気になる汚れはたいてい落とせます。

また、酸性洗剤の代わりにはナチュラルクリーニングでおなじみのクエン酸やレモン汁、お酢などが使えます。

洗剤を切らしてしまったら代用品でお掃除してみてくださいね。

お風呂掃除をラクにしてくれる便利な洗剤は?

基本の洗剤以外にも、お風呂掃除をもっと簡単にしてくれる用途が限られた洗剤もあります。お風呂掃除で苦手な部分は専用の洗剤を活用すると、手間が掛からずにキレイにできますよ。

『ゴムパッキン用カビキラー』(ジョンソン)

カビ落としの塩素系漂白剤で知られる『カビキラー』の、ゴムパッキンに付けやすいジェルタイプです。狙った場所にピンポイントで塗れるのが特徴で、液垂れすることもないのでカビによく浸透します。

『スクラビングバブル ジャバ』(ジョンソン)

浴槽の追いだき用配管には雑菌がいっぱい。ここの掃除は専用の洗剤を使いましょう。使い方は簡単なので、定期的に掃除してあげると、毎日キレイなお湯に浸かれますよ。

『ルック お風呂の防カビ くん煙剤』(ライオン)

水を注ぎ入れるだけで抗菌効果のある煙が浴室の隅々までいきわたり、カビの発生を抑えてくれます。手の届かない天井や面倒な浴室小物の除菌も一緒にできるのがうれしいですね。

お風呂掃除は洗剤を見直して汚れにくい環境づくりを

お風呂


洗剤は汚れに合わせて使えれば、毎日の掃除がぐっと楽になります。最近では簡単に汚れを予防するグッズもあるので試してみるのもいいですね。

洗剤を変えて掃除をラクにするのはもちろんですが、普段から汚れにくい工夫をすることも大切。お風呂をあがったら、浴槽内に水滴が残らないように乾燥させるだけでも汚れにくくなりますよ。

「最後に入った人が掃除をする」「水気を拭き取っておく」など、お風呂に入るときのルールを決めて家族みんなでキレイなお風呂にしてくださいね。

※1「酸性洗剤」と「塩素系漂白剤」が混じり合うと有害なガスが発生して危険です。同じタイミングでは使わないでください。