毎日使うお風呂は湿気が多く、すぐに汚れが目立ってきますね。なかでも排水口は髪の毛や石鹸カス、皮脂などあらゆる汚れが集まる場所なので、放っておくと大変なことに…。

今回は汚れやすいお風呂の排水口を、できるだけ手で触れずに掃除する手軽な方法をご紹介します。手間をかけずにキレイなお風呂をキープしましょう。

そもそもお風呂の排水口にはどんな汚れが集まっているの?

オリジナル お風呂の床 排水口

排水口が汚れる原因は、ズバリ汚れた水が流れ込んでいるからです。お風呂場では、次のような汚れがつねに発生しています。

皮脂やフケ

体や髪を洗ったときにでてくる老廃物。体はさっぱりしますが、その汚れが排水口に流れ込んでしまっています。

石鹸などの泡

体や髪をキレイにしてくれる石鹸やシャンプー、リンスなども、排水口に流れてしまえば汚れと一緒。排水口にくっついてしまいます。

抜け毛やホコリ

髪や体毛が抜けて、排水口のゴミ受けにたまります。体についていた泥やホコリなども水とともに排水口へと流れていきます。

お風呂の排水口が汚れているとどうなる?

クエスチョン ? はてな

お風呂の排水口にはさまざまな汚れが流れ込んでいて、これらがあわさると次のようなトラブルを引き起こします。お風呂を快適に使うためにも、きちんと掃除してあげましょう。

悪臭が発生する

たまった汚れのなかでは雑菌が繁殖します。これによってヌルヌルとした汚れへと変化し、悪臭を発するようになります。換気扇を回していても、イヤーな臭いが立ち込めてきますよ。

水の流れが悪くなる

髪の毛にヌルヌル汚れがつくと臭いが発生するだけではなく、ゴミ受けのすき間をふさいで水の流れをせきとめます。シャワーを浴びていたら足元に水がたまって、洗面所まで水浸しになってしまったなんてことになりかねません。

お風呂の排水口掃除には何を使うとラク?

カビキラー

お風呂の排水口を掃除せずに放置していると、手で触れるのを躊躇するほど汚れがたまっていますよね。

そこでおすすめしたいのが、「塩素系漂白剤」を使ったお掃除方法です。塩素系漂白剤を使えば、こすり洗いすることなく除菌と洗浄ができますよ。

塩素系漂白剤は

①『カビキラー』などの泡タイプ
②『キッチンハイター』などの液体タイプ
 

のどちらでもOKです。どちらか手元にあるほうを使って、さっそく試しましょう。

どちらのタイプを使うのかで掃除の方法が少し違ってくるので、順番にご説明します。

①「泡タイプ」でお風呂の排水口掃除

用意するもの

●『カビキラー』などの泡タイプの塩素系漂白剤
● 歯ブラシ
● ティッシュ
● ビニール袋

掃除の手順

オリジナル お風呂の排水口掃除の手順

排水口のフタを外し、髪の毛などを取る

排水口のゴミ受けにたまった髪の毛などをティッシュで取り除く。ビニール袋を手にかぶせておくと、ゴミをつまんだあとにひっくり返せるのでさらに衛生的。

パーツのすべてに塩素系漂白剤をかける

フタや受け皿などパーツをすべて取り外して、『カビキラー』などの塩素系漂白剤をまんべんなくかける。フタの裏も忘れずに。

20分くらい放置する

時間を置くことで洗剤が汚れを落としてくれる。汚れがひどいときは少し長めに放置してもOK。

シャワーで洗い流す

シャワーで勢いよく流せば汚れがサッパリ。汚れが残っていたら歯ブラシで軽くこすればOK。

①で大きな汚れを取ったあとにパーツはつけたままで塩素系漂白剤を吹きつけてもいいですよ。これなら目につく汚れを落としてから取り外せるので衛生的。

②「液体タイプ」でお風呂の排水口掃除

用意するもの

●『キッチンハイター』などの液体タイプの塩素系漂白剤
● 大きめのビニール袋
● 歯ブラシ
● ティッシュ
● ビニール袋

掃除の手順

排水口のフタを外し、髪の毛などを取る

排水口のゴミ受けにたまった髪の毛などをティッシュで取り除く。ビニール袋を手にかぶせておくと、ゴミをつまんだあとにひっくり返せるのでさらに衛生的。

パーツを外して大きな袋に入れる

フタや受け皿などをすべて取り外して、大きめの袋に入れる。袋を手にはめてパーツを取り外したら、そのままひっくり返すと直接触らずにすむ。

お湯と塩素系漂白剤を入れて30分放置

40度くらいのお湯と、塩素系漂白剤を規定量入れる。なかのパーツが浸るように、空気を抜いて口を結んで放置する。

排水口側を歯ブラシでこする

パーツを浸けている間に、排水口側の汚れを歯ブラシでこすり落とす。

パーツを水洗いする

時間がきたら結び目をほどいてお湯を捨て、パーツだけをシャワーで洗い流す。汚れが残っていたら歯ブラシで軽くこすればOK。

エコなワザあり!

エコなわざあり

「重曹」と「クエン酸」の合わせ技でお風呂の排水口掃除!

重曹とクエン酸

塩素系漂白剤は強力ですが、小さいお子さんがいるおうちでは使うのをためらいますよね。そんなおうちでは、体に害がない自然由来の「重曹」と「クエン酸」を使うのがおすすめです。

排水口の掃除には、クエン酸と重曹をあわせて使うのが効果的なんですよ。

用意するのは、粉のままの重曹を1カップ(200cc)と、水200mlに小さじ1杯のクエン酸を溶かした「クエン酸水」の2つだけ。

排水口に重曹をまんべんなくふりかけたら、その上からクエン酸水をかけてください。すると、重曹とクエン酸が反応してシュワシュワと泡立ち始めるので、30分以上放置すると泡の力で汚れを落としてくれます。

時間を置いたら、泡の力で浮き上がった汚れをシャワーで洗い流してください。残った汚れは歯ブラシでサッとこすれば簡単に落ちますよ。

お風呂の排水口を汚れから守るコツは?

一度キレイにしてもすぐに汚れるのがお風呂の排水口です。汚れたら塩素系漂白剤でパパッと掃除すればいいのですが、ちょっとした工夫で汚れがたまりにくくすることもできます。

お風呂の排水口が汚れるのを防ぐコツには次のようなものがあるので、掃除の手間を減らしたい人は実践してみてくださいね。

ゴミ受けにアルミホイルを入れる

排水口の汚れ予防法

ゴミ受けにアルミホイルを入れておくと、水の流れを受けて金属イオンが発生し、菌の繁殖が抑えられてヌルヌルとした汚れが発生するのを抑えることができます。

アルミホイルを3cmほどに軽く丸めたものを、排水口の受け皿に置くだけなので簡単ですよ。ヌルヌルが発生しにくいので髪の毛などを取っておけば、洗剤を使って掃除する必要がなくなります。

排水口にカバーをつける

排水口に髪の毛などがたまって汚れがひどくなるので、髪の毛をこまめに捨てるのがキレイをキープするコツです。できるだけ髪の毛を捨てやすくするために、次のような排水口カバーを利用するのがおすすめです。

●『小林製薬の髪の毛集めてポイ』(小林製薬)

使い捨ての排水口カバー。排水口の上から貼り付けるだけで、髪の毛が流れ込むのを防げます。たまった髪の毛はシートごと捨てるだけなので手間もかかりません。

●『レック Ag+ まとまる! ヘアーストッパー』(レック)

排水口の受け皿の代わりにつけられる排水口カバー。特殊形状をした羽の力で、髪の毛が中央にクルクルとまとまる仕組みになっています。羽根の部分をもって簡単に捨てられるのでからまってしまうストレスがなくなります。

お風呂の排水口はマメな掃除でヌメリ予防

お風呂掃除に使える重曹

お風呂の排水口が汚くなるのは、髪の毛がたまってそこに汚れが滞留してしまうからです。お風呂上がりに髪の毛を取るように心がけるだけでも、排水口のヌメヌメとした汚れはかなり抑えられるはず。

毎日、最後にお風呂を出る人が排水口にたまった髪の毛をティッシュやビニール袋で取るだけでもかまいませんし、排水口カバーを利用するのでもかまいません。一番やりやすい方法を選びましょう。

排水口の目隠しをあえて外しておいて、髪の毛がたまっているのが目に見えるようにすることで、髪の毛の取り忘れを防ぐなんていう方法もありますよ。

汚れがひどくなると掃除するのも一苦労ですが、毎日髪の毛をとるくらいならほんの数秒ですみます。お風呂の排水口は「汚れてから洗う」のではなく、「汚れる前に洗う」姿勢が大切です。