風呂釜の掃除ってしていますか?「風呂釜が汚れている」といわれても、そもそもどこをどうやって掃除したらいいのかわかりませんよね。

そこで今回は、風呂釜とはどういうもので、どうして掃除をした方がいいのか、方法などについて詳しくご説明します。

風呂釜とはどんなもの?

風呂釜

風呂釜は「お風呂のお湯を沸かすための装置」のことで、昔はお釜を使ってお風呂のお湯を沸かしていたので、今でも「風呂釜」と呼ばれています。

浴槽内にお湯が出てくるカバーの付いた穴があると思いますが、これが風呂釜とつながる配管。「お湯はり」や「追い焚き」スイッチを押すと風呂釜内で水が加熱されてお湯になり、それが吹き出すという仕組みになっています。

ちなみに…
湯船に穴がなくて追い焚きのできない、蛇口をひねってお湯をためるタイプのお風呂なら風呂釜がついていないので掃除する必要はありませんよ。

風呂釜ってそんなに汚いの?掃除しないとどうなる?

お風呂 手おけ 残り湯

お湯を排出するだけなのにどうして汚れがたまるの?と思うかもしれませんが、これは風呂釜の構造が原因。

湯船に残ったお湯を追い焚きする場合に、皮脂や汚れが浮いた残り湯を吸い上げているため、配管に汚れがついてしまうんです。

配管内に汚れがつくと、それをエサにして雑菌が繁殖して少しずつ汚れが増えていきます。その結果、新しいお湯をはったのに「最初から汚れが浮いている」、「お湯が臭い…」といったトラブルを引き起こしてしまいます。

体をキレイにしたはずなのに、かえって雑菌で知らず知らずのうちに汚れている…なんてことになっては元も子もありませんね。

【掃除の前にチェック】おうちの風呂釜はどんなタイプ?

掃除をはじめる前に1つ確認してほしいことがあります。それは「風呂釜のタイプ」

実は、風呂釜には「1つ穴タイプ」と「2つ穴タイプ」の2種類があり、それぞれで掃除方法が違います。次を参考にどちらのタイプかチェックしてみてください。

1つ穴タイプ

風呂釜(1つ穴タイプ)

浴槽をのぞきこんでみて、カバーのついた穴が1つだけなら1つ穴タイプ。時間がたってもお湯を一定の温度で保てる機能がついているかどうかでも見分けられます。

1つ穴タイプの風呂釜は、残り湯を吸い上げる配管とお湯を吹き出す配管が一緒になっています。ポンプの力で一気に吸い上げて、温めたあとは反対に勢いよく吹き出します。

お湯が出入りするときの勢いが激しいので、比較的汚れがつきにくいのが特徴です。

2つ穴タイプ

風呂釜(2つ穴タイプ)

浴槽をのぞきこんでみて、2つあれば2つ穴タイプ。

2つ穴タイプの風呂釜は上下に穴がついてあり、下の口から冷たい水を吸い込んで温め、お湯になると自然に上昇して上の口から吐き出される構造になっています。

2つ穴は水やお湯の出入りがゆっくりなので、その分配管内に汚れがつきやすいのが特徴です。

最近では1つ穴の風呂釜が多いため、その掃除方法を中心にご紹介していきます。

1つ穴の風呂釜の掃除方法!5ステップで簡単キレイ!

風呂釜

用意するもの
必須
『ジャバ』などの風呂釜洗浄剤(1つ穴用)

風呂釜の掃除方法はとても簡単。『ジャバ』などの風呂釜洗浄剤があればすぐに取り掛かれます。

ただし、「1つ穴用」や「2つ穴用」と商品がわかれているので、しっかり確認してから購入しましょう。

比較的汚れにくいので、数か月に1回のペースで掃除しておけばキレイなお湯を保てますよ。

① 浴槽内の残り湯をチェック

浴槽に水をためる

浴槽内の穴より約5cm上くらいまで水があることを確認。残り湯を使ってもよい。その場合は「水量」と「温度」を調節すること。

注意!
入浴剤が入っていると風呂釜内が汚れる可能性があるため、必ず入浴剤が入っていない残り湯を使いましょう。

② ジャバを全量入れる

浴槽にジャバを入れる

浴槽にジャバの粉末をまんべんなく入れる。1ヶ所にかたまらないよう注意。

ジャバを入れると泡立つ

粉末が溶けて白く泡立つ。

③ 2〜3分追い焚きをする

追い焚きのボタンを押す

2〜3分ほど追い焚きをして洗浄剤が配管に行き渡るようにする。残り湯が熱いままだと追い焚きできないので、残り湯を使う場合はすこし冷ましておくのがポイント。

追い焚きすると泡立つ

追い焚きしたあとは全体にまんべんなく泡が行き渡る。

④ 10分ほど放置し、排水する

お風呂の栓を抜く

10分ほど放置したあとに一度浴槽の栓を抜き、汚れたお湯をすべて捨てる。

⑤ 再度浴槽に水をため、5分ほど追い焚きする

お風呂の浴槽に水を張る

配管をすすぐための水をためる。追い焚きをするので、シャワーなどで冷たい水をいれること。

そして再度穴の5cm上まで水をためたら追い焚きする。追い焚き後にお湯を捨てれば完了。

コレ使ってみる?

エコなわざあり

風呂釜は酸素系漂白剤でも掃除できる!

粉末タイプの酸素系漂白剤 シャボン玉

風呂釜の掃除は『ジャバ』などの専用の洗浄剤がなくても酸素系漂白剤でできます

基本的な手順はほとんど同じですが、入れる「量」や放置する「時間」がことなるので注意してください。

酸素系漂白剤を250gほど入れ、2〜3分追い焚きしたあとは、3時間ほど放置します。

酸素系漂白剤は洗濯や掃除にも使える万能洗剤。さまざまな場面で活躍するので1つあると重宝しますよ。

2つ穴タイプの風呂釜を掃除する方法!

シャワー 浴槽 バスタブ お風呂

用意するもの
必須
『ジャバ』などの風呂釜洗浄剤(2つ穴用)

2つ穴タイプは掃除をするときに少し手間がかかります。こちらは汚れがつきやすいので、1か月に1回のペースで掃除するのが理想です。

浴槽内の残り湯を確認

残り湯が上の穴をおおう位置にあることを確認。足りない場合はシャワーなどで足す。

残り湯を約40℃に沸かす

お湯の温度が低いと洗浄剤の効果が弱まるので、約40℃に沸かす。

下の口から勢いよく洗浄剤を送り込む

配管の汚れを勢いよく流すつもりで洗浄剤を送り込む。洗浄剤が入るように何度か押し込む。

容器を外して1〜2分沸かす

1〜2分ほど追い焚きをして洗剤を循環させる。その後、お湯を張ったままで、勢いよく水を出したシャワーを下の穴に押し当てる。

浴槽内のお湯を捨てる

配管の汚れが出きったら浴槽の栓を外し、お湯をすべて流す。ゴミが残っていたら浴槽を軽く洗う。

酸素系漂白剤を使う場合は…
酸素系漂白剤を使う場合は少し特殊。酸素系漂白剤のほかに、古タオルも用意しましょう。

2つ穴の下のほうをタオルでふさぎ、酸素系漂白剤50gを上の穴から入れます。あとは50℃以上のお湯を上の穴からあふれない程度にそそぎ、1時間ほど放置するだけ。

洗剤が汚れに浸透して、下のタオルを外すと汚れが流れていきます。仕上げにシャワーの水を勢いよく流せば完了です。

風呂釜の掃除に使える道具にはどんなものがある?

ここでは代表的な掃除道具をいくつかご紹介します。

『スクラビングバブル 風呂釜洗浄剤 ジャバ 1つ穴用』

スクラビングバブル出典:楽天

1つ穴の洗浄に使えます。残り湯に溶かして使う粉末タイプで、使い方も簡単です。

『スクラビングバブル 風呂釜洗浄剤 ジャバ 2つ穴用』

ジャバ出典:楽天

少し手間がかかる2つ穴タイプの掃除を簡単にしてくれるアイテム。勢いよく洗浄剤を流し込めるので、古タオルなどほかのアイテムは必要なく、とっても楽ちん。

『シャボン玉 酸素系漂白剤』

シャボン玉石けん出典:楽天

漂白効果や除菌効果のほか、臭いを除去する力もある酸素系漂白剤。掃除や洗濯などいろいろな場所で使えるので、常備しておくと安心。

風呂釜を定期的に掃除して心地よいバスタイムを

お風呂 リラックス

風呂釜のなかはのぞくことができないので、どれくらい汚れているかわかりませんね。でも、毎日使っていると着実に汚れはたまってきます

それを防ぐには、定期的な風呂釜の掃除が大切です。せっかくお風呂に入っても、お湯の汚れが体についてしまうなんてことにならないように、年に何回か風呂釜を掃除する日を予定に組み込んでおきましょう。

風呂釜を掃除して、キレイなお湯で快適なバスタイムを過ごしてくださいね。