塩素漂白剤はどんなときに使うものかご存知ですか?漂白剤ならなんとなくわかるけど、「塩素系」とつくとどんなものか、どんな特徴があるのかピンときませんね。

そこで今回は塩素系漂白剤はどんなものか、種類や効果などをまとめてわかりやすくご紹介します。

塩素系漂白剤とは?どんな効果がある?

疑問 ギモン はてな ?
塩素系漂白剤は、モノを白くする働きがある漂白剤の一種です。主成分が「次亜塩素酸塩」なので「塩素系」と呼ばれています。

主にタオルなどの衣類に使うことが多く、パワフルな「漂白力」でグングン汚れを落とすのが一番の特徴。さらに、強力な「殺菌作用」ももち合せています。

衣類に潜む菌や汚れなどを根こそぎ撃退し、スッキリ真っ白に仕上げるのが塩素系漂白剤なんです。

塩素系漂白剤とほかの漂白剤はどう違う?

泡 洗剤 掃除
塩素系漂白剤とよく比較して紹介されるものに「酸素系」の漂白剤があり、結局どっちを使えばいいの…?と迷っている人もいるかもしれません。

実は、塩素系漂白剤も酸素系漂白剤も漂白の原理は同じで、「酸化」と呼ばれる反応を応用しています。ただ、2つのあいだには漂白力におおきな差があります

塩素系漂白剤は、強い漂白力で染料まで抜き取ってしまうため色柄物には使えず、素材自体を傷めることも。しかし、どんなガンコなシミ汚れでも落とし、しっかり除菌してくれます。

一方の酸素系漂白剤は、染料を抜くことはないので色柄物にも問題なく使えます。

白シャツや布巾などには白がより際立つよう「塩素系」を、そのほかの衣類の漂白には「酸素系」と使い分けるといいですよ。

塩素系漂白剤はどんな種類や商品がある?

塩素系漂白剤は強い「漂白力」と「殺菌力」が持ち味なので、白物を真っ白にしたり、水回りのカビなどを撃退したりする場面で活躍します。

ここでは、どんな商品をどう使うのかまとめてご紹介します。

『ハイター』(花王)

衣料用の塩素系漂白剤といえば『ハイター』が有名。使えるのは綿や麻、ポリエステルなどの白物の衣類で、キッチンの布巾の除菌や、シャツについたシミの漂白に使えます。

洗濯機などにまぜて使うと時間調節がむずかしく、服を傷めたり色落ちさせたりする可能性があるため、つけおきするのが基本の使い方です。

税込価格
261円
内容量
1500ml

『キッチン泡ハイター』(花王)

泡タイプになったハイターもあります。この商品は衣類ではなく、キッチン用品を除菌・漂白するのに便利。泡なのでどんな形にも密着し、しっかり除菌・漂白してくれますよ。

これ1本あれば、まな板などのキッチン用品の除菌や排水口の掃除に使い回せます。

税込価格
238円
内容量
400ml

漂白剤以外にも「塩素系」はたくさん!

塩素系漂白剤の主成分である「次亜塩素酸塩」は、漂白剤以外にもさまざまな洗剤に混ぜて使われています。

『カビキラー』(ジョンソン)

お風呂のカビ取り剤として有名な『カビキラー』。塩素系として有名ですよね。カビをしっかり殺菌し、パッキンなどに残る黒いシミも真っ白に戻してくれるすぐれものです。

税込価格
648円
内容量
1000ml

『スクラビングバブル トイレ洗浄 超強力トイレクリーナー』(ジョンソン)

トイレのクリーナーにも塩素を使ったものがあります。ブラシが届きにくい便器の「ふち裏」などについた汚れを強力に溶かし落としてくれます。

税込価格
184円
内容量
400ml

『【まとめ買い】 カビキラー 洗たく槽クリーナー』(ジョンソン)

カビキラーから、洗濯槽クリーナー版が販売されています。

洗濯機の洗濯槽掃除にも塩素系漂白剤が便利です。目に見えない洗濯槽の裏側には、溶け残った洗剤カスや衣類についた皮脂汚れ、カビなどがびっしり。塩素系漂白剤なら、強力に溶かしてピカピカにしてくれます。

税込価格
931円
内容量
550ml

コレ使ってみる?

エコなわざあり

塩素系漂白剤を別のもので代用できる?

アルコール消毒スプレー パストリーゼ
カビを除去したり、衣服の漂白をしようと思って塩素系漂白剤について調べている人は多いかもしれません。

もしカビを取りたいだけなら、「塩素系漂白剤」を使わなくてもしっかり除菌しながら取り除けるアイテムがあります。

使うのは『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレー。強力な除菌力で、タオルに吹き付けてカビをサッと拭き取るだけで、素材を傷めずに除菌できます

ただし、漂白剤のように白く戻す効果はないので、黒カビによるシミができた場合には、殺菌だけしかできません。

塩素系漂白剤を使うときの注意点はある?

洗濯物 漂白剤 色落ち
塩素漂白剤といえば「扱いが難しい」というイメージがあるかもしれません。強力な洗剤なだけにいくつか注意が必要なので、ここでまとめてチェックしておきましょう。

酸性タイプの製品といっしょに使わない

塩素系漂白剤は「酸性」の洗剤と混ぜると有毒なガスを発生させます。基本的には「単品で使う」とおぼえておくと安心です。

必ず換気する

塩素系漂白剤はニオイがきつく、「プールのニオイ」といえばイメージがつくのではないでしょうか。換気しながらの作業でないと気分が悪くなる恐れがあるので注意です。

目や皮膚に触れないようにする

目や皮膚に触れないように注意しながら作業をしましょう。ゴム手袋をし、汚れてもいい服を着て扱うのがおすすめ。もしついた場合は、あわてずしっかりと洗い流し、病院に相談しましょう。

原液で使わない

塩素系漂白剤は基本的に原液では使いません。商品に記載の量で水で薄めて使います。入れすぎると黄ばみや色落ちの原因になるので、少ないくらいに入れるといいですよ。

熱湯で薄めない

漂白剤は温度が高いと漂白のはたらきが活発になります。そのため、熱湯だと急激に反応を起こし、思い通りの結果にならない可能性があります。

塩素系漂白剤で衣類を清潔に保とう

服 シャツ パイプハンガー クローゼット
塩素系漂白剤は日常生活だと使うアイテムがかぎられるので馴染みがないのではないでしょうか。扱いに注意が必要な面もありますが、使いこなせば白物をよりスッキリと白く見せてくれるすぐれものなんですよ。

使い方までマスターして、キレイな洋服で毎日過ごしてみませんか?