「洗濯物の汚れが落ちていない気がする…」「いい香りがしなくなってきた…」「洗濯物に黒い汚れがつく…」というときは洗濯槽自体に汚れが溜まっているサイン。そこで活躍するのが「洗濯槽クリーナー」です。

今回は洗濯槽クリーナーを使って洗濯機をキレイに保つ方法をご紹介します。定期的に洗浄すれば、洋服の洗い上がりもアップしますよ。

なんで洗濯槽クリーナーが必要なの?

洗濯槽
見た目は汚れていなくても、洗濯機のなかはたくさんの菌が隠れています

洗濯機は2重構造になっていて、内側の洗濯槽だけがグルグルと回転することで、洋服の汚れを落としています。この2つのすき間に洗剤の溶け残りや皮脂汚れがたまっていくわけです。

すき間は手が入り込むようなスペースではないので、「洗濯槽クリーナー」を活用して汚れを落とす必要があるわけです。

キレイにしないと洗濯機を回しても、水に汚れがうつってうまく洋服の汚れが落とせないので、こまめな洗浄が欠かせないんですよ。

洗濯槽クリーナーにはどんなものがある?

市販の洗濯槽のクリーナーは、さまざまなメーカーから販売されています。

大きく分けると「塩素系」「非塩素系」の2種類があるので、各メーカーの商品を紹介しながらそれぞれの特徴を解説します。

『洗たく槽カビキラー』(ジョンソン)

カビキラーに代表される塩素系洗濯槽クリーナーは除菌力が高く、雑菌による汚れに強い特徴があります。洗浄力が強い半面、ほかの洗剤と混ぜるとガスが出て危険だったり、扱いに慎重さが必要です。

『アリエール 洗濯槽クリーナー』(P&G)

「非塩素系」の洗濯槽クリーナー。酸素による漂白効果を利用し、塩素系に負けない洗浄力がありながら、ガスが発生しないので扱いやすいのが特徴。つけおきの時間が少し長いことがあります。

洗濯槽クリーナーの使い方は?

洗濯槽カビキラー
用意するもの
必須
『洗濯槽のカビキラー』などの洗濯槽クリーナー
あると便利
ゴム手袋

洗濯槽クリーナーを使えば掃除はそんなにむずかしくありません。用意するのは市販の洗濯槽クリーナーだけ。手順は次の通りです。

① 電源を入れて、クリーナーを投入する

洗濯槽に洗濯槽カビキラーを入れる
電源を先に入れておかないと排水されてしまうことがあるので注意。

1本(または1袋)をまるっと洗濯槽に直接入れる。洗濯機の容量にかかわらず、全量を入れること。

② 高水位まで給水して運転する

洗濯機のボタン
槽全体をしっかりクリーナーに浸すため、一番水量の多いコースを選ぶ。槽洗浄コースがあればそれでOK。

先にクリーナーを入れているので洗剤が飛び跳ねる心配がない。

ワンポイント!
クリーナーの種類によっては、40〜50℃のお湯の方が洗浄力がアップする。お風呂の残り湯などを使うと効果的。

③ つけおきする

塩素系のクリーナーは泡立ちが少ない
初めての掃除なら、槽の裏につく汚れがひどい可能性がある。給水が終わって、数分撹拌(洗濯槽が回転)し終わったタイミングで一時停止ボタンを押し、しっかり汚れを分解させる。

ワンポイント
汚れの程度にもよるが、3時間ほどつけおきするとしっかり汚れを落とせる。

④ すすぐ

塩素系クリーナーで掃除後
時間がたったら再開し、そのまま放置してすすぎまで完了すればキレイに。もし汚れが取り切れていないと感じたら、もう1本クリーナーを開けて繰り返し使う。

ワンポイント!
塩素系の洗濯槽クリーナーは洗浄力が強く、衣類の色素を抜くことも。なので、空の状態で1サイクル洗濯機をまわしておくとクリーナーの成分をしっかり洗い流せて安心。

洗濯槽クリーナーの使い方の注意点は?

注意 ポイント コツ
洗濯槽クリーナーの使い方にはいくつか注意点もあります。はじめに確認しましょう。

洗濯機に対応したクリーナーを使う

洗濯槽クリーナーのなかには、「ドラム式洗濯機非対応」など、おうちの洗濯機に使えるものと使えないものがあります。また、槽の素材がプラスチック製かステンレス製かでも対応しているものとそうでないものがあります。パッケージをよく確認してくださいね。

熱湯を使わない

クリーナーには水でもお湯でも効果が同じもの、お湯を使わないといけないもの、とさまざまあるので確認が必須です。ただし、熱湯だけは使わないように。急激に成分が変わって洗濯槽を傷める可能性があるので気をつけましょう。

洗濯槽クリーナーを使う頻度は?

カレンダー 日付 頻度
洗濯槽クリーナーの使用頻度は「2〜3ヶ月に1回」がおおよその目安です。

汚れができてから掃除するのではなく、汚れができてトラブルになる前から掃除しておくことが大切。最低でも季節に1回と決めてカレンダーに入れておくといいですよ。

常備していつでも使えるようにしておきましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

洗濯槽クリーナーを使う手間を省くにはどうする?

洗濯槽に洋服を入れっぱなしにする
洗濯槽の汚れの原因となる黒カビは湿気をエサに元気になるので、こまめに乾燥させることがとても大切です。

● 洗濯後に服を入れっぱなしにしない

● 濡れた状態で洗濯槽に入れない

などの工夫で、カビができにくい状態をつくりましょう。

洗濯機の置き場が、部屋の都合でどうしても湿度が高い、結露を起こしやすいなどの場合も要注意。汚れが出やすい環境なので、「乾燥」を意識しましょう。

洗濯槽クリーナーの使い方をマスターすれば衣類がキレイに仕上がる

洗濯物 外干し ピンチハンガー
洗濯槽は目につかなくて放置されがちな場所。キレイに保つには意識的にこまめな掃除をする必要があります。クリーナーを常備しておけば掃除に取り掛かるのも簡単です。

掃除が行き届いて清潔になっていると、洗った洋服の香りがスッキリし、汚れもキレイに取れて仕上がりが格段に良くなりますよ。

まとめ

  1. 洗濯槽クリーナーを使って2ヶ月に1回くらいのペースで総洗浄するとキレイを保てる。
  2. 用意するのは、市販の洗濯槽クリーナーのみ。槽洗浄(高水位)コースで水をしっかり張り、つけおきするのがポイント。
  3. おうちの洗濯槽に使えるクリーナーか、購入時にしっかり確認するのを忘れずに。