しまい込んだコートになにやらカビのような汚れが...。冬物の服はきちんと手入れしておかないと、カビが生えてしまうことがありますよ。

今回はコートに生えたカビの取り方と予防方法などをまとめて説明します。

コートにカビが発生する原因は?

トレンチコート
しまっていたはずのコートに、どうしてカビが生えてしまうのでしょうか。

コートにカビが生える原因は、クローゼットや押入れ、引き出し内の「環境」にあります。収納スペースのなかは空気がこもりやすく、高温多湿になりがち。

カビは、エサとなる汚れがあり、70%超える湿度の高い場所で活発に繁殖するので、収納スペースは格好のすみかになります。

カビはコートについた皮脂汚れやホコリなどをエサに、収納スペースの湿気が多くなってくると一気に増殖します。そして久しぶりに取り出したらコートがカビだらけになっていたというわけなんですね。

コートにつくカビにはどんな種類がある?

コートにつくカビには大きく2種類あります。

白いホコリのような「白カビ」と、黒い斑点状のシミのような「黒カビ」の2つです。

白カビ

白カビ
ホコリのような見た目です。白カビは生地の表面に広がっているだけなので、軽く除菌すれば退治できます。

黒カビ

洋服についた黒カビ
黒カビはシミのように見えます。繊維の奥深くまで根を下ろし、表面的に掃除しても落としきれないのが特徴です。

コートのカビ取りする前に洗えるかをチェック

洗濯機 コース
コートのカビ取りをする場合、まずは洗濯ができるかどうかをチェックしましょう。

コートにも水洗いできるものとできないものがあり、それぞれでカビの落とし方が違ってきます。

まずは洗濯表示をチェックして、水洗いについて以下の表示があるかを確認してください。

洗濯表示 水洗いの可否
「水洗い不可」のマークがなければ、問題ありませんよ。

コートのカビ取りに使う道具は?

洗剤
用意するもの
白カビ用の道具
『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレー
『ワイドハイター』などの液体の酸素系漂白剤
黒カビ用の道具
『ワイドハイター』などの液体の酸素系漂白剤
洗面器(洗面所のシンクでも可)
綿棒
熱湯
ゴム手袋

コートについたカビを退治するには、「アルコール除菌スプレー」か「酸素系漂白剤」を使うのがおすすめです。どちらも生地に負担をかけずにカビをしっかりと落とせます。

コートについた白カビの取り方は?

パストリーゼ 拭き掃除
白カビは生地の表面につくだけなので、アルコールで除菌したあとに酸素系漂白剤で洗濯して仕上げます。これで完全にカビを退治できます。

カビをアルコールで落とす

ティッシュにアルコールを含ませて、カビをやさしく拭き取る。

カビの周りも軽く拭き取る

新しいティッシュにアルコールを含ませてカビの周りも拭く。

酸素系漂白剤で洗濯する

コートの洗濯表示にしたがって洗濯するときに酸素系漂白剤をプラスする。

干して乾かす

あとは風通しのよい場所で陰干ししてしっかり乾けば完了。

コートについた黒カビの取り方は?

酸素系漂白剤 オキシ ワイドハイター
黒カビはコートの繊維深くまで根を張っているので、酸素系漂白剤でつけおきする必要があります。

綿棒で漂白剤をカビに塗る

綿棒でカビ一つひとつに酸素系漂白剤を直接塗る。

洗面器にお湯をためて酸素系漂白剤を溶かす

40〜50度のお湯に、酸素系漂白剤を規定量はかって溶かす。

つけおき洗いする

漂白液にコートを浸して30分〜1時間ほど放置する。

すすぐ

カビが落ちてるのを確認したら流水ですすげば完了。

念入りに洗うなら、つけおきしたあとにコートの洗濯表示にしたがって通常の洗濯をするとすっきりきれいになりますよ。

洗えないコートにカビができたら?クリーニングすべき?

Yシャツをクリーニング
コートは水洗いできないものもありますよね。水洗いができないコートにカビが生えた場合は対処が難しくなります。

生地の表面につくだけの白カビならアルコール除菌スプレーを含ませたティッシュでカビ部分だけをやさしく拭き取れば落とせます。ただ、生地の素材によってはアルコールと反応して劣化したり変色したりする恐れもあります。まずは目立たない場所で試してから取り組んでください。

もし黒カビが生えてしまったら完全に除去するのは難しくなります。水洗いせずに黒カビによる黒ずみまで落とせないからです。

水洗いできないコートの黒カビはクリーニング店に相談してください。水洗いできないコートでもカビ取りすることができます。ただし、コートの素材によっては黒ずみまで除去できないこともあるので、あらかじめどこまで落とせるのか相談してから依頼しましょう。

コートにカビがつくのを予防するには?

コート
コートのカビが再発したり、ほかの衣類までカビを広げないためにも、普段の取り扱いに注意しましょう。

着用後は干す

着用したコートは、1日の最後に吊るして陰干ししましょう。そのままクローゼットに戻すと汗の湿気でカビが生えやすくなるからです。

汚れを拭き取る

コートにはホコリや皮脂汚れなどがついているので、脱いだあとに軽く水拭きするなどで汚れを落とすとカビの発生を抑えられます。起毛の生地ならブラッシングするなども効果的です。

収納場所を除湿する

コートを収納しているクローゼット内の湿度が高いとカビが発生しやすくなります。除湿剤を置いたり、定期的に換気したりして湿気をためないようにしましょう。

コートのカビを退治して再発を防ごう

コートにカビができてしまうととてもショックですよね。でも、ちょっとしたカビなら退治して再び着用できます。カビを発見したら早めに対処しましょう。

また、せっかくキレイにしてもまたカビだらけになっては意味がないので、コートの扱い方も見直してください。コートを正しく片付けてカビを防げれば長期収納しているクローゼット内も清潔に保たれて、洋服全体をケアすることにも繋がりますよ。