肌寒い季節に欠かせないニットの衣類。汚れたときの洗濯ってどうしていますか?キュッと縮む…と聞いて洗うのを踏みとどまっている人も多いのではないでしょうか。

うっかり普通に洗濯すると着れなくなるほど縮んでしまいますが、ここで紹介する洗濯方法なら、ニットでも型崩れさせずにキレイに洗えますよ。

ニットが洗濯で縮むのはなぜ?

ニットの網目


「ニット」とは、ウールなどの1本の糸を輪っかを作りながら編み込んでつくられた生地のことを指します。縦横に編み込んでいくため繊維のすき間が多く、伸縮性にすぐれています。また、空気を含むので高い保温効果や保湿効果があります。

その半面、洗濯をするタイミングでも伸び縮みの影響を受けやすい素材といえます。強い力がかかることによって、繊維のすき間がつぶれ、フェルト状に固まってしまうんです。

生地がつぶれるとニット本来の雰囲気がなくなってしまう上、保温・保湿機能も発揮できなくなってしまうので注意が必要な素材といえます。

ニットを縮ませずに洗うコツは?

ひらめき ポイント


ニットは、次の2点を意識すれば家庭でも縮ませずに洗濯できます。しっかり覚えておきましょう。

おしゃれ着用の洗剤を使う

ニットにふだん使いの洗剤は向きません。これは髪の毛を石鹸で洗うとゴワゴワになってしまうのと同じ原理で、洗剤との相性が悪く、毛が絡まりやすくなってしまうためです。

ニットを洗うときは『エマール』『アクロン』などのおしゃれ着用の洗剤を用意しましょう。おしゃれ着用の洗剤はウールなどのデリケートな繊維でも負担をかけずにやさしく洗えますよ。

弱い水流で洗う

洗濯機の水流はニットに強い力がかかって、繊維同士が絡まりやすくなる原因になります。ニットを洗濯するときは「できるだけ力がかからないようにする」がコツ。

ベストは手洗いですが、洗濯機に「ドライコース」、「手洗いコース」、「おうちクリーニング」などのやさしい水流で洗うモードがついていれば、それを使っても大丈夫です。

ニットを縮ませずに洗う方法!

ニットを縮ませずに洗うには「手洗いでていねいに洗う方法」「洗濯機で手軽に洗う方法」の2種類があります。

お気に入りで長く着たい場合やはじめて洗うものなどは手で洗い、ほかは洗濯機で洗うなどと決まりごとをつくって使い分けるといいですよ。

手洗いでていねいに洗う方法

洗濯 手洗い つけおき洗い


ニットを手洗いするときのコツは「できるだけ力を入れない」こと。つい生地をこすり合わせたり、つまんだりしがちですが、手のひらでやさしく押すだけにとどめてください。

『エマール』などの洗剤と洗面器、洗濯ネットを用意したら次のやり方でやってみましょう。

洗濯表示を確認する

洗面器にバツ印のついた「水洗い不可」マークがあると洗濯できないので注意。

洗浄液をつくる

洗面器に水を張り、水量にあわせた分量の洗剤を溶かす。

押し洗いする

洗面器に入るくらいにニットをたたみ、洗浄液のなかに沈める。汚れを水に溶かし出すイメージで、5分ほど手のひらでやさしく押す。

すすぐ

水を入れ替え、2〜3回すすぐ。好みで最後の水に柔軟剤を加えてもOK。

脱水する

洗濯ネットにたたんでいれ、洗濯機の脱水に1分ほどかける。

干す

手で形を整え、水平に干して完了。ハンガーで吊り干しするとタテに伸びてしまう。

軽く押すだけでも汚れは溶け出すので、やさしく洗うことを意識して進めましょう。

洗濯機で手軽に洗う方法

セーター ウール 洗濯機


「手洗いコース」などのやさしい水流で洗えるコースがついていたら、洗濯機で洗っても大丈夫です。手洗いの手間がはぶけて楽にですよ。

洗濯表示を確認する

洗面器にバツ印のついた「水洗い不可」マークがあると洗濯できないので注意。

たたんでネットに入れる

ニットをたたんで洗濯ネットに入れる。汚れの目立つ部分が外側にくるようにすると効果的。

手洗いコースで洗う

おしゃれ着用の洗剤を使い、やさしく洗えるコースで洗濯する。好みで柔軟剤をいれてもOK。脱水時間は短く1分ほどにとどめる。

干す

手で形を整え、ニットが伸びないように水平に干して完了。

洗濯機で洗うときは、できるだけニット単体で洗うのがおすすめ。ほかの洗濯物が入っていると、ぶつかってシワや伸び縮みの原因になることがあります。

ニットを洗濯で縮ませてしまったときは?

ニットはデリケートな生地なので、洗濯すると多少縮んでしまうこともあります。

完全に元通りとまではいきませんが、少しくらいの縮みであれば、次の方法で目立たないくらいには戻せますよ。

アイロンの蒸気を当てる

アイロン


軽い縮みや型崩れであれば手で引っ張りながらアイロンのスチームをたっぷり含ませる方法がおすすめ。

ニットは蒸気を含むとふっくらと膨らみ、元の形に戻る性質があるんです。手で伸ばしながら蒸気を含ませたら、乾くまでそのまま放置し、形が安定するまで待ったら完了です。

トリートメントをする

シャンプーボトル


蒸気でも取れない縮みの場合は、髪を洗うときに使うトリートメントで絡みをほぐす方法を試してみましょう。ウールなどの素材も動物の毛からできているので、傷みを補修できるというわけです。

トリートメントに含まれる「ジメチコン」という成分に効果があるので、あらかじめ成分表示を確認しておきましょう。

トリートメント液を作る

洗面器にぬるま湯をはり、1回分のトリートメントを溶かす。

ニットを浸す

ニットをトリートメント液に浸し、すぐに取り出して軽く絞る。

形を整える

濡れた状態のまま手で引っ張って形を整える。

平干しする

ちょうどいい大きさになるまで伸ばしたら水平にして干す。

これだけで絡まりがほぐれて形が元通りの形に近づけられますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

ニットの洗濯は伸びにも注意して!

アンゴラのニット

ニットを洗濯するときは縮みだけでなく、伸びやすい点にも注意が必要です。ニットの生地は伸縮性にすぐれているので、洗濯したあとにそのままハンガーに干すと、水分の重みで生地がタテに伸びてしまいます

ニットを干すときは「水平にする」ということを意識しましょう。平干しネットなどがあると便利ですが、ピンチハンガーの上面などにのせるだけでもかまいません。

型崩れを防げるので、ぜひ覚えておきましょう。

ニットは縮みに気をつけて洗おう!

アクリル セーター ニット


ニットは縮みやすかったり伸びやすかったり、洗濯するときに注意が必要なアイテムです。

洗濯は「やさしく洗って、水平に干す」のが失敗しない一番のポイント。これさえ守れば極端に伸び縮みすることはありません。

1回成功したら、今度からはずっとニットをおうちで洗濯できますね。