洗濯物は裏返して洗ったほうがいいと聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

でも、たたむときにまた裏返すのは面倒だし、実際何がいいのかよくわかりませんよね。

そこで今回は、洗濯物は裏返したほうがいいのか、裏返すメリットや注意点について説明します。

洗濯物は裏返して洗ったほうがいい?

洗濯物を裏返して洗うのは面倒に感じるかもしれませんが、実は裏返したほうが衣類のためになるんです。

洗濯物を裏返すことで、次のようなメリットがありますよ。

裏側の汚れがよく落ちる

洗濯後の汚れチェック シャツの襟

洗濯機は衣類と衣類をこすり合わせてもみ洗いのようにして汚れを落とすので、外側を向いているほうがキレイになります。

衣類につく汗や皮脂などの汚れは肌に接する裏側についているので、裏返したほうが汚れ落ちもよくなるというわけです。襟や脇の汚れが落ちやすくなりますよ。

生地にやさしい

アンゴラニット生地

洗濯機の仕組み上、衣類がこすれることは仕方のないことですが、デリケートな素材や色の濃い衣類の場合は生地を傷めてしまうこともあります。

また、洗濯物を外に干すと直射日光による紫外線で色あせが起こりやすいんです。

そのため、洗濯物を裏返すことで洗うときも干すときも表側の生地を傷みから守ってくれるんですよ。

乾きやすい

ジーンズ デニム 干し方

衣類の裏側はポケットや縫い目があって複雑な構造をしています。

その部分は他の場所に比べて乾くまでに時間がかかりますが、裏返して干せば直接日光を浴び、風の通りもよくなるので乾きが早くなります

裏返して洗濯したほうがいい衣類って?

ジーンズを裏返す

とはいっても、洗濯物を全部裏返して洗うのは面倒ですよね。

そんな人には、汚れをよく落としたいものややさしく洗いたいものだけ裏返してみるのはいかがでしょうか。

裏返して洗うのをオススメする衣類をいくつかご紹介します。

● ジーパン
● プリントTシャツ
● 濃い色のTシャツ
● デリケートな服
● ニット
● 靴下

これらの衣類はこすれあうと色あせたり、色落ちしたり、毛玉ができやすかったりするので、裏返してやさしく洗ってあげるといいですよ。

こんなときは洗濯物を裏返すのはNG

醤油のシミ汚れ

さきほどとは反対で、表に目立った汚れがあるときは裏返さずにそのまま洗いましょう。

食べこぼしや、外で遊んでついた泥汚れなどは表面につきやすい汚れですが、裏返すとかえって落ちにくくなります。

洗濯してもキレイにならない可能性があるので裏返さずにそのまま洗いましょう。

裏返して洗濯する手間を省くには?

洗濯物をたたむ

裏返して洗うと、洗濯するときに裏返して、たたむときには再びひっくりかえしてというのが手間ですよね。

ただ、一工夫すればこの手間を少なくできますよ。

たとえば、家族に服を脱ぐときに裏返してもらうようにして、乾かしたあとたたむときも裏返しのままにすればいいんです。あとは、着る人が身につけるときにひっくり返せばOK

裏返して洗濯すれば衣類も長もちする

洋服 たたむ 棚 ラック

衣類の表側に目立つ汚れがついていなければ、裏返して洗濯したほうが汚れも落ちるし、生地にもやさしいんです。

裏返すというちょっとした一手間で洗濯の仕上がりが大きく変わってきます。

洗濯物を裏返して洗って、服を大切に長く着ましょう。