トイレ用の洗剤で有名な『サンポール』。名前は聞いたことがあるけれど、どう使うのかは知らない…という人も多いと思います。

そこで今回は、『サンポール』の効果や使い方、注意点を写真を交えながらご紹介します。トイレ掃除に取り入れれば、頑固な汚れもキレイに落とせますよ。

『サンポール』とは?どんな洗剤?

トイレにこびりついた汚れを落とす道具
『サンポール』は、殺虫剤の『キンチョール』でお馴染みの「大日本除虫菊株式会社」が製造・販売するトイレ用洗浄・除菌剤です。

トイレの汚れの中でも厄介な、尿のしぶきなどが積み重なってできた黄ばみ汚れ(尿石)をスッキリ落とす力をもっています。

『サンポール』は他の洗剤と何が違うの?

サンポールとルック
トイレの洗剤にはいろいろな種類があるので、『サンポール』だけなにがそんなに特別なの?と疑問に思いますね。

『サンポール』が他の洗剤と大きく異なるポイントは「液性」にあります。一般的なトイレ用洗剤は中性やアルカリ性の性質をもちますが、『サンポール』は酸性の性質をもつ洗剤です。

酸性の洗剤はアルカリ性の性質をもつ汚れを溶かす力があります。尿が乾燥して蓄積された汚れはアルカリ性の性質を持つので、『サンポール』は他の洗剤では落ちにくい尿石などの汚れに大きな効果を発揮する洗剤というわけなんです。

家庭用洗剤のなかでも酸性の性質をもつ洗剤は多くなく、『サンポール』などトイレ用洗剤がほとんど。他の洗剤で代用するのはむずかしいので、おうちに1本あると重宝しますよ。

『サンポール』は使い勝手のいい洗剤!

『サンポール』には強力な洗浄効果があるだけでなく、使いやすい工夫が施されています。

便器のふち裏まで届く!

フチ裏に『サンポール』をかける
尿石の汚れは便器のふち裏につきやすいですが、奥まった場所なのでなかなか洗いにくいですね。『サンポール』はノズルが横向きについていて、便器のふちまで簡単に液をかけられます。こうしたちょっとした気遣いがうれしいですよね。

液体をかけた場所がわかりやすい!

『サンポール』を吸ったトイレットペーパー
『サンポール』は緑色の液体です。そのため、どこに液体をかけたかどうかが一目でわかります。

全体に満遍なくかけることができて、汚れを残すことなく落とせます。

『サンポール』を使うときに必要な道具は?

『サンポール』など便器掃除アイテム
用意するもの
必須
『サンポール』
柄つきブラシ
トイレットペーパー
あると便利
ゴム手袋

『サンポール』は強力な洗浄液なので、念の為ゴム手袋などを使って肌や服に液がつかないようにしましょう。

汚れに洗剤が浸透しやすくなるようにトイレットペーパーも使います。液体をひたしたトイレットペーパーで汚れをパックすると汚れが落ちやすくなります。

【『サンポール』の使い方】便器に使う方法は?

次からは『サンポール』の使い方を具体的に紹介します。まずは次の手順で便器内をキレイにしましょう。

① トイレ内を換気する

部屋の電気のスイッチ
『サンポール』の臭いがこもらないように換気扇を回したりドアを開けたりして換気する。

② 汚れをトイレットペーパーで覆う

便器にティッシュを敷く
気になる汚れにトイレットペーパーをかぶせるように敷きます。便器のふち裏や水面近くは尿石汚れが蓄積されやすいので、多めにしておくといいですよ。

③『サンポール』をかける

便器に『サンポール』をかける
トイレットペーパーに『サンポール』を原液で5回押し分程度かけます。トイレットペーパーに液体がしみて汚れに密着するようにすればOK。

④ 2〜3分間放置する

『サンポール』をかけた便器
その状態で2〜3分間放置します。汚れがひどい場合は、30分~1時間ほどに伸ばしても大丈夫です。様子を見ながら伸ばしてみてくださいね。

⑤ ブラシで磨く

便器をブラシで磨く
残った汚れをブラシで磨きます。汚れが落ち切らなければ、①〜④を繰り返します。

⑥ 洗い流して完了

トイレの便器が流れる
汚れをキレイに落とし、トイレットペーパーごと流します。使用後はしっかりと手を洗うことを忘れないでくださいね。

【『サンポール』の使い方】タイルを掃除する方法は?

トイレの床や壁に使われるタイルは意外と掃除をしない場所なのでこの際にスッキリキレイにしましょう。

基本的な洗い方は便器内と同じですが、タイルは『サンポール』の原液を使わずに水で薄めることがポイントですよ。

① 原液を薄める

『サンポール』を薄める
原液を使うと、タイルの継ぎ目を傷めることがあるので忘れずに薄めてくださいね。

原液を5〜6倍で薄めて使います。ボトルを2回押すとだいたい20mlの原液が出るので、100mlの水と混ぜれば完成です。

② トイレタイルを洗う

『サンポール』とトイレットペーパーがあれば、こすらずにタイルをキレイにできます。

トイレットペーパーを敷く

タイル全体にトイレットペーパーが広がるように敷く。

トイレットペーパー全体に液をかける

トイレットペーパー全体に染みるように薄めた原液をかける。

2〜3分放置する

その状態で2〜3分程度放置する。汚れがひどければ30分〜1時間ほど放置。

トイレットペーパーを便器に流す

ゴム手袋を使ってトイレットペーパーを拾って流す。便器を詰まらせないように数回に分ける。

拭いて水分をとったら完了

トイレットペーパーで洗浄剤を拭く。それでも洗浄剤が残っていれば、雑巾で叩くようにして拭き取る。

洗浄剤をしっかりと拭き取ることがポイント。洗浄剤が残ると変色の原因になるので気をつけてくださいね。

また、最近はトイレの床にフローリングが使われていることが多くあります。その場合に『サンポール』を使うと変色する可能性があるのでタイル以外には使わないようにしましょう。

『サンポール』を使うときの注意点は?

強力な洗浄力をもつ『サンポール』。正しく使わないと、変色や素材を溶かしたりしてトラブルの原因になります。

『サンポール』を正しく使うために気をつけたいことをご紹介します。

塩素系の製品と混ぜない

塩素系、酸性
『サンポール』は酸性の洗浄剤なので、塩素系の製品と混ぜると有毒なガスが発生して危険です。

トイレの塩素系洗浄剤『ドメスト』などとは混ぜてはいけません。何かと混ざる可能性があるときは、商品裏の説明を確認するようにしましょう。

用途以外に使わない

シンク
『サンポール』は「便器」「トイレタイル」専用の洗浄剤です。それ以外には使うとトラブルの原因になるので、使わないようにしましょう。

特に、お風呂やキッチンの金属やステンレス部品などで使ってしまうと、黒く変色するのでおすすめできません。

皮膚や目、服に原液をつけない

ゴム手袋をする
皮膚につかないようにゴム手袋などを使いましょう。それでも腕などについてしまった場合は、石けんと水で洗い流しましょう。

服につくと変色するかもしれません。『サンポール』を使っていて何か異変を感じたら医師に相談してください。

『サンポール』はどこで買えるの?

『サンポール』は昔から家庭に親しまれているロングセラー商品で、ドラッグストアやホームセンターなどで買えますよ。

サイズが豊富に揃っていて、500ml、800ml、1,000mlなどがあります。大きなサイズのものを買うときなどは、インターネットで買うと家まで届けてくれて便利ですよ。


諦めかけていた便器の汚れも『サンポール』でキレイに!

トイレ掃除
トイレは家族が毎日使う場所。トイレがキレイになればみんなが気持ちよく過ごせますよね。

尿石などの黄ばみは普段は取りにくい汚れですが、『サンポール』を使ってトイレットペーパーでパックしてあげればキレイに落とせます。意外と簡単にできるので機会を見つけてキレイにしてみましょう。

普段から尿のしぶきがつきやすい場所をササッと拭き掃除をするようにすると、キレイなトイレをキープできますよ。