トイレの汚れを放置していると、尿のしぶきがかたまって尿石ができます。軽い汚れなら普段の掃除で落とせますが、ひどくなると「尿石除去剤」を使わないと落とせなくなります。

ただ、尿石除去剤がどんなものでどう使えばいいのか、どんな効果があるのかは気になるところですね。今回は尿石除去剤とはどういうものか、市販のおすすめ商品もあわせてご説明します。

そもそも尿石ってなに?

トイレスタンプクリーナー
そもそも尿石とはなんでしょうか。実は、尿を黄色くしている成分が固まったものです。放っておくとそれらの成分がアンモニアなど異臭を放つ成分を含みながら固まるため、便器のふちなどが黄色や茶色に変色してしまいます。

尿石を溶かす尿石除去剤とは?

サンポール
そもそも尿石というのは、尿に含まれるカルシウムなどのミネラル成分が固まってできた汚れです。

そんな尿石はアルカリ性の性質をもつため、酸性を加えることで掃除できるようになります。その酸性の性質をもつのが尿石除去剤です。

尿石除去剤の使い方!汚れを溶かすための効果的な手順とは?

尿石除去剤にはさまざまな種類がありますが、どれも基本的な使い方は同じ。尿石のできた場所に洗剤をかけてからこすり落とすだけです。

今回は『サンポール』という尿石除去剤を使った尿石除去のやり方をご紹介します。

① トイレットペーパーを便器に敷く

フチ裏にトイレットペーパーが詰まったところ
洗剤が便器にとどまりやすくするため、トイレットペーパーをまんべんなく敷きつめます。

とくにフチ裏に汚れがたまりやすいので、しっかり詰めておきましょう。

② 洗剤をかける

便器にサンポールをかける
上から便器全体にまんべんなくかけていきます。

サンポールをかけた便器
全体に洗剤の色がつくくらいにまでたっぷりとかけるのがコツ。このまま5分ほど放置して、尿石がゆるむまで待ちます。

③ こすり洗い

ブラシでトイレを擦る
敷き詰めたトイレットペーパーを水たまり部分に集めるようにこすり洗いしていきます。その後は尿石が気になった場所を中心にしっかりこすって汚れを落としましょう。

④ 流す

トイレ掃除
最後に水を流せば掃除は完了。ガンコな汚れは1回では取り切れないこともありますが、何度か繰り返すと徐々にゆるんでキレイにできますよ。

尿石除去剤はとっても強力な洗剤なので、できるだけ手に触れないようにし、使用中から換気することを忘れないでください。

最強はどれ?尿石除去剤のおすすめ商品5選!

尿石除去剤にはさまざまありますが、いくつか市販されている商品をご紹介します。使い勝手を考えないのであれば業務用の尿石除去剤が効果、容量ともに最強かもしれませんね。

『サンポール』(サンポール)

トイレの尿石を落とす酸性洗剤としてもっとも有名なロングセラー商品です。尿石がたまりやすいフチ裏にかけやすい形状のノズルと、かけた場所がわかりやすく液剤が緑に着色されているのが特徴です。

サンポールはつけおきするとより効果を発揮します。便器のフチ裏にトイレットペーパーをクシャクシャに丸めてつめ、洗剤が浸るくらいによくかけると尿石がしっかり落とせます。

『ルック』(ルック)

尿石汚れにも効果の高い強力洗剤が『ルック』。青くとろみのある液が特徴で、フチ裏にもしっかり張り付いて汚れを分解してくれます。

塩素無配合タイプなので、ツンとする匂いがしないのもうれしいポイントです。

『洋式便器の表面用尿石落とし』(高森コーキ)

スプレー式の尿石除去材。塩酸を使用せず、有機成分を使っているため便器にやさしいのが特徴です。ただ、酸性成分であることには変わりないので、使用する際はゴム手袋をして、必ず換気をしてください。

使い方は、トイレットペーパーに洗剤を含ませて尿石にはるだけです。10〜20分つけおきしてそのまま流せばこすらずにおちます。少し残ってもブラシでこすればキレイになりますよ。

『塩酸系強力尿石除去剤 トレストン』(プロケミ)

強力な塩素を使っているにも関わらず、塩素特有のツンとした臭いがないのが特徴。業務用として頑固な尿石落としに使われているので効果は絶大。

尿石にかけたあと30分ほど放置すればこすらずに尿石を落とすことができます。業務用なので手軽に使えるものではありませんが、頑固な尿石をしっかりと落としたいときにおすすめです。

『尿石除去剤 業務用 デオライト-L 1kg』(和協産業)

尿石除去剤として人気なのがデオライトです。業務用洗浄剤に特化した和協産業から販売されているので、効果はその効果は安心安全です。

1kgあるので、がっつり掃除をして尿石を取り除きたい方に向いています。

尿石除去剤の注意点!塩素系漂白剤と混ぜてはいけない

カビキラー
尿石除去剤などの酸性洗剤は、塩素系漂白剤と混ざると有毒なガスを発生させます。

トイレの黒ずみやカビを落とすために『トイレハイター』や『カビキラー』などを使っているおうちもあると思いますが、尿石除去剤を使うときは併用しないでください。落とせる汚れはそれぞれで違うので、落とす汚れで日を分けてそれぞれの洗剤を使いわけたほうが安全です。

洗剤を使ったあとはしっかりと水で流して、流し忘れがないようにすることも大切です。

尿石除去剤がないときは?どうしても落とせない尿石は業者に依頼しよう

サンドペーパー やすり
たいていの尿石は市販の尿石除去剤で落とせると考えてください。でも、何年も放置された尿石は洗剤を使っても簡単には落ちないかもしれません。

そんな頑固な尿石は、耐水性のサンドペーパーなどのヤスリを使って削り落とす方法が取られることがあります。洗剤でやわらかくできないなら、力技で落としてしまおうというわけです。

ただ、最近では便器に特殊なコーティング剤が塗られ、汚れがつきにくい加工がされています。サンドペーパーを使ってしまうとたしかに尿石は落とせますが、そのコーティングも削り落として、かえって汚れがつきやすくなる恐れもあります。

市販の尿石除去剤でも落ちないときには自分でどうにかしようとせず、業者に依頼したほうが安心ですよ。

尿石除去剤を上手に活用して汚れを予防しよう

トイレ 便器 洗浄剤
一度尿石ができてしまうと掃除がホントに大変です。もともとは尿のしぶきで、トイレットペーパーで拭き取ればキレイにできる汚れなので、こまめに掃除していれば尿石がひどくなることは避けられます。

普段から、尿のしぶきがたまりやすい場所はササッと拭き掃除をしたり、洗剤をかけておくなどして予防に努めることが大切ですよ。