一日に何度も使うトイレ。掃除をしないでいると、便器内の水たまりにリング状の黒ずみが…。また、床や壁、タンクのなかなどに黒ずみができることもありますね。

トイレを毎日気持ちよく使えるように、ここでは黒ずみができる原因と場所別の掃除方法をご紹介します。

トイレの便器に黒ずみができる原因は?

トイレ

トイレを少し掃除をしないでいると、便器内やタイルの目地、タンク内、壁、床などいたるところに黒ずみができますね。

トイレ内にできる黒ずみの原因はほとんど同じでカビやほこりが原因。水垢や尿ハネなどの汚れをエサにカビが繁殖したり、ほこりがくっついたりして黒ずみは生まれます。

便器内のさまざまな場所で見られますが、特に水面付近にできる黒いリング状の黒ずみは「さぼったリング」と呼ばれることもあり、「さぼったリング用の洗剤」があるほど頻繁につく汚れです。

放置すればするほどこびりついて掃除が面倒になるので、気づいたら早めに落としてあげましょう。

トイレの便器内の黒ずみの落とし方は?

トイレ掃除 ブラシ

トイレの便器にできる黒ずみを落とすには大きくわけて、「洗剤を使って溶かし落とす」「物理的に削り落とす」かの2つの方法があります。

まずは「洗剤を使う方法」から試して、どうしても黒ずみがキレイにならない場合は「物理的に削り落とす方法」に切り替えましょう。

洗剤で溶かし落とす

まずはじめに試したいのが、洗剤で溶かし落とす方法。トイレ用の強力洗剤を使えば、汚れだけを効果的に分解できます。

便器への負担も小さいので安心して取り掛かれますよ。

物理的に削り落とす

「物理的に削り落とす」方法は洗剤では落とせない汚れまで取り除ける反面、便器への負担がかなり大きいデメリットも。

削り落とす方法は便器表面のコーティングも剥がしてしまう可能性があるので最終手段と考えましょう。

トイレの黒ずみに効く洗剤は?どんな使い方をすればいい?

まずは「洗剤を使って溶かし落とす」方法をご紹介します。黒ずみのベースとなる水垢や黄ばみ(尿石)ごとキレイにすることで、真っ白に戻す方法です。

こびりついた黒ずみも時間や回数を重ねるうちにだんだん柔らかくなってキレイに落とせますよ。

漂白剤を使う

トイレのカビ掃除

トイレの黒ずみを落とすには、『カビキラー』などの塩素系漂白剤をかけるだけでOK。除菌効果のある塩素系漂白剤の泡が効いて、「さぼったリング」くらいならすぐに落とせます。

黒ずみをおおうくらいに吹きかけて2〜3分ほど放置し、水を流せば黒ずみはきれいサッパリ落とせます。さらにトイレ用ブラシでこすればよほどの汚れでない限りは落とせますよ。

酸性洗剤を使う

フチ裏にサンポールをかける

『サンポール』などの酸性洗剤は、水垢や黄ばみ(尿石)などのアルカリ性の汚れを落とすのに効果的です。ドラッグストアなどで「尿石に効果がある」と書かれた洗剤を探してみましょう。

黒ずみがある部分にトイレットペーパーをかぶせ、そこに洗剤をかけて少し放置すれば、洗剤が浸透して水垢や尿石ごと黒ずみがいなくなります。

強力洗剤を使うときの注意!
酸性洗剤と漂白剤が混ざると、体に害のあるガスが発生するので注意が必要です。どちらの洗剤も使いたい場合は、日にちをわけて片方ずつ使うようにしましょう。

トイレの黒ずみを削り落とす方法は?

長年使っているトイレだと洗剤でも落とせない黒ずみができることも。どうしても気になる場合は「物理的に削り落とす」方法を試してみましょう。

クレンザーでこする

『トイレマジックリン 強力クレンザー』(花王)

研磨剤の入った洗剤、「クレンザー」にもトイレ用の商品があります。黒ずみや黄ばみを落とすのに活躍してくれますよ。

掃除用のブラシに塗ってこするだけ。研磨剤が利いて黒ずみが少しずつ落ちていきます。

サンドペーパーでこする

サンドペーパー やすり

何年分も積み重なったトイレの尿石を落とす場合、最終手段としてサンドペーパーを使う方法があります。石のように固くなった尿石を耐水性のサンドペーパー(やすり)を使って物理的に削り落とす方法です。

ポイントは3つです。

① 目の細かいサンドペーパーを使う
② しっかり水で濡らしてからこする
③ 根元まで削り落とさず、薄くなったところで再度洗剤に切り替える

いくら目の細かいサンドペーパーでもこすってコーティングまではがしてしまう危険があることには注意しましょう。

トイレの便器につく黒ずみは予防できる?

キレイにしたあとは黒ずみができないよう予防につとめましょう。こまめに掃除するのも有効ですが、時間をかけずにすませたいなら置型洗浄剤などのアイテムが便利ですよ。

『液体ブルーレットおくだけ除菌EX』(小林製薬)

除菌効果をプラスして黒ずみ予防ができる『ブルーレット』です。洗浄防汚成分が配合されているので、便器の表面をコーティングし、汚れの付着をしっかり抑えてくれますよ。

『トイレ洗浄 トイレスタンプクリーナー』(ジョンソン)

ジェルを直接便器につけるタイプの掃除アイテムで、水を流すたびに洗浄・防汚成分が溶け出して全体に行き渡り、フチ裏の黒ずみまで予防してくれます。

覚えておきたい

エコなわざあり

トイレの黒ずみは便器以外にも忘れずに!

トイレは便器のなかばかりに目が行きがちですが、改めて見渡してみると、他の場所にも黒ずみ汚れができていることも。

しっかり手入れした機会に、点検を兼ねてキレイにしてみましょう。

トイレの壁の拭き掃除

「壁の黒ずみ」はカビの可能性があります。尿ハネの水分がもとでカビが生えたのかもしれません。『カビキラー』を使ってキレイにしましょう。

『ジェル状カビキラー』などのジェルタイプの漂白剤を使うと、垂れずにカビにとどまってしっかり漂白してくれます。

トイレの便器と床の間を拭く

「床の黒ずみ」は尿ハネにホコリや皮脂がついたり、カビが生えたのが原因。『トイレクイックル』などのクリーナーで拭き掃除するか、落ちなければ『トイレマジックリン』などの洗剤をかけて拭けばキレイになります。

便器の根元の黒ずみなら、便器内に『サンポール』をかけた要領でトイレットペーパーを敷き、サンポールを染み込ませて放置するのも効果的です。

トイレタンク

「タンク内」は手洗器から入り込んだ汚れのせいでカビが発生することがあり、この水を流すたびにカビ菌が便器に流れ込んで黒ずみができやすくなります。

ふだん使いのトイレ掃除用洗剤をかけて歯ブラシなどでこすり洗いして汚れを落としておくと、黒ずみができにくくなりますよ。

トイレの黒ずみをつくらないために

こまめなトイレ掃除

トイレは毎日使うのでどうしても汚れます。だからこそ、汚れがたまってから掃除するのではなく、汚れる前から掃除することを心がけましょう。

汚れが目立ち始めてからだと汚れ自体もこびりついて落ちにくくなりますが、普段からこまめに掃除していれば汚れがこびりつくこともなく、キレイな状態を保てます。なにより、汚い状態を前にして掃除する気がなくなるということもありませんよ。

トイレの便器の中は週に1回くらいブラシでこすり洗いするだけでも十分です。定期的な掃除を習慣づけて、快適にトイレを使いたいですね。