キッチン周りでよく目につく油汚れ。こすってもこすっても落ちなくて困っているママも多いですよね。実は、油汚れはたった2つのポイントをおさえるだけで格段に楽に落とせるんですよ。

今回は、キッチンなどにこびりついた油汚れの落とし方を、道具や手順もまじえてご紹介します。

油汚れはどうして落ちにくい?

IHについた油汚れ
油は冷めて時間がたつと冷えて固まり、定着して落ちにくくなる性質があります。この特徴は洋服についた油汚れも、コンロまわりの油ハネもすべていっしょ。

特に、プラスチック製品などについた油はやっかい。お弁当箱やタッパーはそれ自体が油に近い性質のものを原料としています。油と油が結びつきやすい性質があるので、落ちにくくなってしまいます。

そんな油汚れも、落とすときに一工夫するだけでキレイにすることができるんですよ。

油汚れを落とすには「時間」と「温度」を味方につける!

ガンコにこびりついた油汚れを落とすポイントは、たったの2つ。おうちにある洗剤でも、このポイントをおさえるだけで十分キレイにできますよ。

「時間」を活かした落とし方

コンロの五徳に洗剤をかける
ガンコな汚れを落とすには「放置」で時間を味方に落とすのが一番。洗剤を直接つけて、しばらく待つだけで汚れがゆるんで落ちやすくなります。

待っている間は特にすることがないので、ほかの場所の掃除するのでもいいですし、リビングでくつろいでいてもOK。時間を効率的に使えますよ。

「温度」を活かした落とし方

五徳のつけおき
もう1つのポイントは「温度」。油は熱を加えると溶けるので、温かいお湯につけ置きするのが汚れを落としやすい組み合わせです。口紅などの化粧(油)をクレンジングオイルで洗ってお湯で流すのも同じ原理。

温度が高いほど油を溶かす効果も高まりますが、容器の耐熱温度やヤケドに注意して作業しましょう。

もちろん、この2つは組み合わせてもOK。相乗効果でさらに汚れ落ちをよくできますよ。

油汚れを落とすときに必要なもの

キッチンマジックリン
用意するもの
必須
『キッチンマジックリン』などのアルカリ性洗剤
スポンジ
バケツ
あると便利
重曹
雑巾
ゴム手袋

油汚れは酸性の性質をもった汚れです。酸性汚れの落とし方は「アルカリ性の洗剤を使って中和する」が一番。洗剤を選ぶときはパッケージの成分表を見ながらアルカリ性の洗剤を探してみるといいですよ。

手軽に掃除するならスプレータイプの洗剤が便利です。つけ置きするための粉タイプも販売されているので、使い分けてみてください。

洗剤の用意がないときはおうちにある「重曹」で代用する方法も。弱いアルカリ性の性質を持つので、上で紹介した2つのコツをおさえて使えば洗剤に劣らない効果がありますよ。

油汚れの落とし方!

換気扇フィルターの汚れ
道具がそろったところで、実際に作業の手順を確認していきましょう。

ここでは、特に頑固な油汚れの筆頭であるキッチンの換気扇をキレイにする方法をご紹介。強力な落とし方を応用すれば、家のどんな汚れにも対処できるようになりますよ。

① 部品を取り外す

換気扇の外し方
洗剤をかける場合もつけおきする場合も、できるだけ手頃な大きさまで分解するのが楽に作業を行う秘訣。

五徳を掃除するときなども、いきなり作業を始めず分解してからにしましょう。

② 洗剤をかける

換気扇フィルターに洗剤をかける
取り出した部品にたっぷりと洗剤をかけます。アルカリ性の洗剤があれば、これだけで大抵の汚れを撃退できます。

五徳のつけおき
ちなみに、頑固にこげついた五徳などはボウルにお湯と洗剤を合わせた液を用意してつけおきするのがおすすめです。

③ 放置する

つけおき後の換気扇
洗剤が汚れを分解するまで、5〜10分ほど放置しましょう。5分ほどおいた後に見てみると汚れはすっかり落ちている様子。

つけおきの場合は30分ほど放置すると効果的です。

④ すすぎ洗い

換気扇を洗う
最後にスポンジで汚れをこすり落とし、すすいだら完了。

換気扇フィルターを洗ったあと
頑固にこびりついていた汚れも、ほとんど手を動かすことなくすっかり落とせました。

つけ置きの間は時間があくので、レンジフードの外側や内側もキレイに拭き掃除するとスッキリします。

お弁当箱やタッパーも基本は一緒です。なかなか落ちない油汚れは、温かい洗浄液でつけ置きしたあとに洗い直すとキレイに落とせますよ。

エコな技あり!

エコなわざあり

そのほかの油汚れの落とし方!自然派の人はコレがおすすめ!

重曹
重曹やセスキ炭酸ソーダが油汚れに効く、と聞いたことのあるママも多いですよね。

重曹もセスキ炭酸ソーダも「アルカリ性」があり、油汚れを分解する働きがあります。

もちろん効果を高めた使い方もおすすめですが、そのままで使えば洗浄力は比較的おだやかなので、リビングなどに生活空間をサッと掃除するのにもぴったりです。

重曹やセスキ炭酸ソーダは汚れにあわせて落とし方を変えられるのがうれしいところ。肌に触れる場所は自然由来のモノで掃除すると安心ですね。

油汚れを落とすのにおすすめの洗剤は?

油汚れを落とすには、はじめにご紹介したとおり「アルカリ性」の洗剤を選ぶのが◎。スーパーやドラッグストアなどでもたくさん販売されているので、探してみてくださいね。

『マジックリン ハンディスプレー』(花王)

キッチンの油汚れ専用に作られた『マジックリン』。こびりついたガンコな油汚れもあっという間に分解してくれますよ。

『リンレイ ウルトラハードクリーナー 油汚れ用』(リンレイ)

『ウルトラハードクリーナー』はプロ仕様の洗剤で、ビルメンテナンスで培った業務用ノウハウと技術がぎゅっと詰まっています。ドロドロ、ギトギトな油汚れにも力を発揮します。

『セスキの激落ちくん 密着泡スプレー』(LEC)

セスキ炭酸ソーダを使った万能クリーナーです。レンジフードやキッチンの壁・床についた油、レンジ内の汚れもこれ1本でまとめてキレイにできます。

『ワイドマジックリン 台所用洗剤 粉末』(花王)

スプレーの泡タイプではなく、つけ置き用の粉末のマジックリンが販売されています。大掃除のときは1つあると便利ですよ。

ガンコな油汚れの落とし方は「時間」と「温度」の2つがポイント!

ガスコンロの五徳のつけおき
油の汚れは、ただ拭き取っても伸びて広がってしまうだけで掃除しにくいですね。

しかし、どんなガンコな汚れも「時間」と「温度」を味方につければ簡単に落とせます。洗剤も専用のものを用意しておくとプロの仕上がりになります。

道具と手順を確認して掃除をスムーズに進めましょう。