どんな汚れも落とせると評判の「ウタマロクリーナー」。

ふつうの洗剤では落としにくい「水垢」の汚れまでキレイにできると知っていましたか?

そこで今回はウタマロクリーナーを最大限活用するため、水垢の落とし方を実践しながらご紹介。

「ウタマロクリーナー」は水垢に効く?

ウタマロクリーナーのラベル

「ウタマロクリーナー」は、グリーンのボトルが特徴のスプレー型中性洗剤。

肌や環境にやさしいのに、油汚れなどの一般的な汚れはもちろん「水垢」にも効果があるのが特徴です。

水垢は頑固な汚れで普通の洗剤では落としにくいのですが、ウタマロクリーナーが1本あれば簡単にピカピカに戻せるんですよ。

ウタマロクリーナーを使って水垢を落とす方法!

ウタマロクリーナーを使って水垢を落とす方法はいたってシンプルで「洗剤をかけて拭き掃除する」だけで大丈夫。特別な使い方などはしなくてもこれだけで十分キレイにできます。

今回はより効果の高い「洗剤をかけて放置する」方法で洗面台の水垢取りを実践してみました。

- 水垢の掃除手順 -

① 吹き付ける

ウタマロクリーナーで洗面台掃除

水垢汚れが目立つ場所を中心にスプレーをかけていきます。

ウタマロクリーナーは一吹きで出る洗剤の量が多いので、数回吹き付ければ十分。汚れをうっすら覆うくらいにかけましょう。

② 放置する

ウタマロクリーナーで洗面台掃除

泡だらけになったら、そのまま5分ほど放置して汚れに浸透するのを待ちます。

軽い汚れであれば放置のステップはなくてもOKです。

③ 拭き取る

ウタマロクリーナーで洗面台掃除

洗剤が浸透したら、あとは拭き取ればOK。こすりやすいマイクロファイバークロスなどを使うのがおすすめ。

基本的に水拭きなどで仕上げる必要はありませんが、洗剤のヌルヌル感が気になるときは水で洗って仕上げれば完了です。

ウタマロクリーナーで洗面台掃除

水栓はくもりひとつなくピカピカになりました。手間もほとんどかからないので、こまめな掃除に取り入れるのも簡単です。

ウタマロクリーナーで水垢を取るときのポイントは?

ポイント 電球 チェック

ウタマロクリーナーで水垢を掃除するときは、2つのポイントをふまえるとさらに効果的。

頑固にこびりついているときは参考にしてみてくださいね。

時間をおいて染み込ませる

ウタマロクリーナーをスプレーしてから5分ほど放置し、浸透するのを待つと水垢がふやけて落としやすくなります。

作用の強い洗剤ではないので、待ち時間は多少長くしても問題ありませんよ。

落ちなければもう一度

お風呂の鏡についた水垢など、とくに頑固な汚れは1回ではキレイにしきれないことも。その場合は1回ではあきらめず、何度か繰り返して落としていきましょう。

何度か繰り返すうちに汚れが徐々にはがれ、どんどんピカピカに近づいていきます。

ウタマロクリーナーでどこの水垢を落とせる?

シンクの蛇口の吐水口

ひとくちに「水垢」といっても、いろんな場所にできるので、その分ウタマロクリーナーが使える範囲も広くあります。

掃除したかった場所のほかにもいろんな場所で活用できるので、掃除できる場所をチェックしておきましょう。

キッチンの蛇口・シンク
洗面台
お風呂

基本的には「水回りにできる白いくすみ」に使えると考えて大丈夫。気になる汚れを見つけたら使ってみてくださいね。

覚えておきたい

エコなわざあり

ウタマロクリーナーは水垢以外にも効果抜群!

ウタマロクリーナー

ウタマロクリーナーは水垢だけでなく、ベタベタする油汚れの分解も大の得意。

リビングテーブルの食べこぼし、壁についた手垢などのちょっとした汚れから、キッチンのコンロ周りギトギト汚れまでツルツルにしてくれる力を持っています。

気になる汚れを見つけたらとりあえずウタマロ!と考えておくと、洗剤を選ぶ手間を省けますね。

水垢はウタマロクリーナーでピカピカに

ウタマロクリーナーでシンク掃除

こすってもなかなかキレイにならない水垢の汚れ。毎回苦労して落としてたり、あきらめ半分になっていたりと厄介な汚れですね。

ウタマロクリーナーがあれば、これまでの苦労がウソのように簡単にキレイにできます。

水回りのくすみが取れるとツルツルと輝き、使い心地も気持ちよくなりますよ。