気がつくと、コンロまわりに飛び散っている油汚れ。すぐに拭きとれば落ちやすいですが、時間が経ってしまうとなかなか落としにくくなってしまいますよね。

そこで今回は、頑固な油汚れにも効くおすすめの洗剤をご紹介します。

油汚れってどうして落としにくいの?

雑巾がけ


油は冷めてから時間が経つと、定着して落ちにくくなる性質があります。料理のときに、はねたりこぼれたりしてコンロや床に落ちた油が冷えて固まると、こびりついてしまうのです。

特に、お弁当箱やプラスチック製の食器に油がついたときには落ちにくくなります。プラスチック製品は油を原料としてできているため、油どうしが結びきやすい性質があり、そのせいで落ちにくくります。

キッチンやお弁当箱の油汚れがなかなか落ちないのは、こうした性質のせいなんですね。

油汚れに効く洗剤ってどんなもの?

アルカリ性洗剤


油汚れをスッキリ落としたいときには、「アルカリ性洗剤」が効きます。油は酸性の性質がある汚れなので、アルカリ性の洗剤で中和することで落ちやすくなるんですよ。

油汚れを分解する食器用の中性洗剤でも落とせますが、特に頑固な油汚れにはアルカリ性洗剤が有効です。

次からは、頑固な油汚れを分解してくれる、使い勝手の良い洗剤をご紹介します。

油汚れに効く洗剤のおすすめは?

掃除道具


今まで油汚れを落とすときに食器用洗剤などを使っていた人は、アルカリ性洗剤の洗浄力に驚かされるはずです。油汚れに悩まされないためにも、自分にあった洗剤を選んでくださいね。

『マジックリン ハンディスプレー』(花王)

キッチンの油汚れ専用に作られたマジックリン。こびりついた頑固な油汚れもあっという間にキレイに分解してくれますよ。気がついたときにシュッとできるように、手に届く場所に常備しておきましょう。

● 口コミ

・スプレーを吹き付けたあと、少し時間を置いてからクロスで拭き取れば、だいたいの油汚れが落とせます。コストパフォーマンス抜群です。
・コンロや換気扇などキッチンまわりの油汚れには、昔からこれ!

『スクラビングバブル激泡キッチンクリーナー 泡スプレー』(ジョンソン)

ノズルを押すと泡がモコモコ。泡が汚れに吸着して、油汚れを分解します。汚れが浮き上がってくるので、力を入れてこすり落とす必要もありません。これ1本で、コンロやグリル、換気扇の掃除がカバーできますよ。

● 口コミ

・評判通りの油落とし能力です。スプレーして少し待つだけで油汚れが溶けてくるので、ゴシゴシせず、雑巾で拭き上げるだけです。
・油でギトギトになったところは、これを吹き付けてしばらく時間をおいて拭き取ると本当にキレイになります。

『超電水クリーンシュ! シュ!』(ケミコート)

100%水から作られた洗剤です。水100%なのに汚れを落とせるのは、浸透力が強い水が汚れの細部まで染み込むから。除菌効果もあり、嫌なにおいもしません。環境に優しいので、小さな子がいる家庭でも安心して使えます。

● 口コミ

・もう10年以上愛用しています。水なので安全で、なんといってもよく落ちます。手荒れもしません。
・油汚れのあとのべたつきがないので重宝しています。家具やテーブルも軽く拭けば汚れが落ちます。

『イシバシ マルチクリーナー ヘキサンバスター』(イシバシ)

落ちにくい油汚れをミクロのレベルまで分解、洗浄する、ヘキサンバスター。強力な洗浄力で、口コミでも高評価です。主原料は、環境にも手肌にも優しいミネラル成分と水。安全性と洗浄力を兼ね備えた洗剤です。

● 口コミ

・飲食店の汚れもみるみる落ちます。不快な臭いも全くなく、手にかかってしまっても問題がない点がうれしいです。
・短時間で油を分解し力も必要ないので使いやすい。短時間で掃除が済みました。

『業務用超強力油用洗剤 技・職人魂 油職人』(技・職人魂)

清掃業者も使っている業務用の強力な洗剤が「職人」シリーズです。こちらの洗剤は、ハウスクリーニング会社の社長が作ったもの。五徳やガスコンロまわりのこびりついた油汚れにおすすめです。

● 口コミ

・少量の泡でこびりついた油を落とします。素手で触ると手荒れするので手袋は必須です。
・テレビ番組で観て、すぐに注文しました。ずっと掃除していなかった換気扇も、洗剤が汚れをグングン溶かしてくれます。

『リンレイ ウルトラハードクリーナー 油汚れ用』(リンレイ)

ビルメンテナンスで培った業務用ノウハウと技術がぎゅっと詰まった洗剤です。超強力なアルカリ剤をダブルで配合することで、ドロドロ、ギトギト、カチカチ汚れにも力を発揮します。大容量でたっぷり使えるのも魅力。

● 口コミ

・コンロまわりの油汚れがサーッと落ちます。ここまで落ちるとは思いませんでした。手袋は必須です。
・5年経った換気扇に吹き付けて2時間くらいつけ置き。軽くこすって水圧で流したら95%汚れが取れました。

油汚れに効く洗剤を使うときに注意することは?

禁止


油汚れに効く洗剤は、強力な成分でできたものがほとんどです。洗剤が肌に触れると荒れてしまうこともあるので、使用する際はゴム手袋をしてくださいね。また、換気扇をまわしたり、窓を開けたりして、換気することを忘れずに

「子供やペットがいるから強い成分は使いたくない」「肌が弱いからできるだけ優しい洗剤がいい」という場合は、先ほどご紹介した洗剤のなかでも『超電水クリーンシュ! シュ!』や『イシバシ マルチクリーナー ヘキサンバスター』のような、やさしい成分でできたものを選びましょう。

油汚れは洗剤以外でも落とせるの?

重曹


これまでにご紹介した洗剤以外にも、油汚れには「重曹」が有効です。重曹は自然由来で食品にも使われるほど安全な素材ですが、アルカリ性の性質を持っているので、油汚れに効果があるんです。

重曹はお湯に溶かしてスプレーに、汚れがひどいところにはペースト状にして塗る、といった使い方もできますよ。換気扇などの頑固な油汚れは落とせないこともありますが、キッチンの大抵の油汚れなら分解できます。

口に入れるものを作るキッチンで洗剤を使うのが気になる人は、まずは重曹で掃除をして、それでも落ちないものには洗剤を使うようにしましょう。

油汚れは洗剤選びが大切

居心地のいい部屋


油汚れで大切なことは、汚れがついたらすぐに拭き取ることです。気がついたときにサッと拭けば、頑固な油汚れになることはありません。

しかし、すぐに対処できない場合や、あとで気がつくこともあります。そんなときは、今回ご紹介したような油汚れに効く洗剤を使って、しっかり落としましょう。