毎日食事をつくるキッチンは、汚れやすい場所。そのなかで見落とされがちなのが床の油汚れです。キッチンの床の掃除を後回しにしていると、油汚れは落ちにくくなってしまいます。

今回は落ちにくくなったベタつきをスッキリ落とす、おすすめの掃除方法をご紹介します。

キッチンの床掃除│重曹がおすすめ!

重曹

キッチンの床掃除におすすめしたいのが、自然由来のアイテム「重曹」を使ったお掃除方法です。

スプレーボトルに水100mlと重曹小さじ1杯を入れた「重曹スプレー」を作りましょう。油汚れが気になる所に直接吹きかけて、雑巾や服の切れ端などで拭くだけ。重曹が油汚れを分解してくれるのでベタつきがスッキリ落ちます。

仕上げに乾拭きをするだけですが、拭き残しがあっても自然由来の重曹なら安全です。

ワンポイント!
頑固なベタつきは、重曹スプレーで濡らしたキッチンペーパーを当て、その上からラップをして10〜20分程度放置すればベタつきがふやけて落ちやすくなります。

キッチンの床掃除│食器用洗剤でも掃除できる!

キッチンの床や壁の掃除法
用意するもの
必須
いらない布2枚
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
あると便利
竹串(割り箸でも可)

床の汚れはすぐに水拭きすれば簡単に落ちますが、いつでもすぐに掃除できるとはかぎりませんよね。

こびりついてしまった油汚れのベタベタが気になるときは、キッチンにあるものを使ってきれいに落とせるので、ぜひ試してみてくださいね。

いらない布に食器用洗剤を数滴たらす

雑巾や洋服の切れ端などのいらない布に『キュキュット』などの食器用中性洗剤を数滴垂らし、ぬるま湯をかけて数回もみこむ。

洗剤をつけた布で拭く

洗剤を含ませた布を絞って水気を切り、床を拭く。ベタベタする場所を重点的にこすると、洗剤が油を分解してキレイになる。

竹串で端っこをこする

台と床の隙間、床と壁のつなぎ目など、細かい場所の汚れが気になるときは竹串や割り箸を使うと便利。布に竹串を当てて隙間に沿ってなぞると汚れが落ちる。

水拭きする

もう1枚のいらない布を使って、洗剤で拭いた場所をすべて水拭きすれば完了。水拭き後にベタベタが残っていたら、再度洗剤をつけた布で拭く。

キッチンの床掃除がラクになるアイテムは?

フローリング床の洗剤

キッチンの床掃除は汚れがなかなか落ちにくい上、かがんで掃除しなければならないので骨の折れる作業ですよね。

そんなキッチンの床の汚れを落としやすくする、便利なアイテムをそろえてみるのもいいですね。

『ウタマロクリーナー』

ウタマロクリーナー

出典:e-utamaro.com

ウタマロクリーナーは手肌に優しい成分からできた万能な洗剤。家中のどんな場所でも掃除できます。使い方は上で紹介した手順と一緒で、食器用洗剤の代わりにこちらを使うだけ。ウタマロクリーナーで掃除した後の床はサラサラになって裸足で歩いても気持ちよく感じられます。

『超電水クリーンシュ! シュ! Lボトル 』

ケミコート 電解アルカリ洗浄水

出典:楽天

水を電解処理して作られたアルカリ電解洗浄水です。成分は水なので小さい子供がいるご家庭でも安心して使えるのに、洗浄力も抜群です。頑固な油汚れを分解して落としてくれるので常備しておくとササッと手軽に掃除できます。

『はがせる透明シート 三層タイプ』

はがせる透明シート 三層タイプ

出典:楽天

床と一緒に汚れている壁に貼っておいて、汚れたときに剥がして捨てるだけできれいになる汚れ防止シートです。無色透明なので貼った後も壁紙の雰囲気を損ないません。

キッチンの床掃除は収納を見直すと効率的

シンク下 収納 タッパー 引き出し

キッチンの床をキレイに保ちたいなら、収納から見直してみるのもおすすめです。

キッチンの手の届きやすい場所にウェットティッシュを置いておくか、キッチンペーパーと一緒に重曹水スプレーやウタマロクリーナーなどを常備しておくと、気づいたときにすぐ掃除ができて手間を格段に減らせます。

普段からちょこちょこと掃除できる環境を作って、キッチンをきれいに保ちましょう。

キッチンの床掃除は定期的に行おう

臭い

毎日キッチンを使っていれば、どうしても床には油汚れがついてしまいます。

ただ、汚れたばかりなら洗剤などを使わずに水拭きするだけでもきれいになるので、料理をした後に気づいたときでいいのでコンロ周りの床をササッと水拭きしてみましょう。

それだけで床のベタつきが気にならなくなりますよ。