掃除の便利アイテム、「重曹」。もちろん換気扇の掃除にも使えますが、「どうやって使ったらいいんだろう…」「どれくらいキレイになるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

ここでは油汚れがついたベトベトの換気扇を、重曹を使ってキレイにする方法についてご紹介します。

換気扇が重曹でキレイになる理由は?

重曹

重曹は別名「炭酸水素ナトリウム」という、料理のふくらし粉にも使われる自然由来の粉末です。

重曹にはアルカリ性の性質をもち、「酸性」の油れを中和する作用があります。換気扇につくギトギトの油汚れは重曹が得意とする「酸性」の性質があるので、掃除に使えるというわけなんです。

また、重曹は水に溶けにくい性質もあり、細かい粒が残るので研磨効果が高く、油汚れを削り落とすこともできます

重曹で換気扇の油汚れを落とす方法は?

重曹

用意するもの
必須
重曹
ティッシュ
新聞紙
あると便利
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
ラップ
歯ブラシ
スプーン か 割り箸

重曹を使った換気扇掃除は、掃除する場所にあわせて選びわけるのがおすすめ。

重曹はできるだけ水を使わない方が油となじみやすいので「取り外せる部品は粉末の重曹のまま使う」「換気扇本体の掃除はペースト状にした重曹を使う」と考えるのがコツです。

換気扇のフィルターを重曹で掃除してみた!

重曹で換気扇掃除

フィルターなどの取り外せる部品は、重曹を粉末のままたっぷりとまぶし、油汚れを吸着させるやり方がおすすめです。水を極力使わないことで重曹がしっかり油汚れとなじみ、落としやすくしてくれます。

今回掃除してみるのは、このフィルター。1年間の油汚れが蓄積され、茶色くなっています。

①フィルターなどの部品を外す

換気扇の外し方

フィルターなどの取り外せる部品を慎重に外してシンクにいれます。フィルターは油でギトギトに汚れて滑りやすいので、ゴム手袋をするのがおすすめです。

今回は掃除しませんでしたが、内部まで掃除したいときはファンも取り外しておきましょう。

②重曹をふりかける

重曹で換気扇掃除

外したフィルターは汚れた面を上にして新聞紙などに置き、上からたっぷりと重曹をふりかけます。裏側の汚れにも重曹が働くように、隙間なく広げました。

重曹で換気扇掃除

汚れた部分は特に集中させて重曹をふりかけました。

③3時間放置する

重曹で換気扇掃除

重曹はかなり作用がおだやかなので、このまま3時間ほど放置して油汚れが吸着されるのを待ちます。

たっぷりとかけたせいか、一見しただけでは変化はなさそうです。

重曹で換気扇掃除

ティッシュで汚れがひどい部分をこすってみると、ベタベタの汚れがするんと落ち、銀色の金属が出てきました。しっかり分解できているようです。

重曹で換気扇掃除

そのまま大まかな汚れをティッシュで落としていきます。茶色い汚れは重曹が吸い取ってくれているので、軽くこするだけでも大丈夫。どんどんと銀色に戻っていくので掃除するのも楽しくできます。

④洗う

重曹で換気扇掃除

最後に軽くスポンジで仕上げ洗いをして、すすいだら完了。

重曹で換気扇掃除

使った洗剤は重曹だけでしたが、こんなにピカピカになりました。ふりかけて待つだけなので、大掃除でも時短で手間なく進められますね。

⑤もとに戻す

換気扇の外し方

最後にキレイになったフィルターを戻したら掃除は完了。

換気扇本体の掃除もするときは、重曹をふりかけて放置している間に進めるのがおすすめ。時間を有効活用できますよ。

換気扇本体の掃除

レンジフード・換気扇の掃除

換気扇本体には粉のままの重曹では使い勝手が悪いので、重曹と水を混ぜてドロっとさせた「重曹ペースト」を使いましょう。

ペースト状の重曹は汚れへの密着度が高く、アルカリ性と研磨の効果がバランスよく発揮され、汚れをどんどんかき出してくれますよ。

重曹ペーストの作り方

重曹ペーストをつくる

容器に重曹と水を2:1の割合で入れて混ぜる。水に食器用洗剤を加えておくと洗浄力が高まる。全体の掃除に使うので多めにつくっておくのがおすすめ。

ペーストを全体に塗る

重曹をペーストをレンジフード全体に塗っていく。とくに内側はベトベトになるのでたっぷり塗り込む。

放置する

重曹ペーストが油汚れを分解するまで、30〜60分ほど放置する。長く放置するときはラップをかけるとはがれにくくなる。

こすりとる

重曹ペーストが汚れに浸透したところで、いらない付近を使って重曹を拭き取る。こすりとるようにすると重曹の研磨効果が働く。

仕上げ

残った重曹を拭き取るため、水拭きで仕上げれば完了。

大まかな流れは「ペーストを密着させて放置し、ゆるんだところをこすり取る」と考えれば大丈夫。取り外せる部品の掃除と同時に進められるので、テキパキとこなせますよ。

拭き跡が残るときは
重曹を完全に拭き取るのは少しむずかしく、拭き掃除すると白く跡が残ってしまう場合も。なかなか取れないときは「クエン酸」や「レモン汁」を含ませたふきんで水拭きするのがおすすめ。重曹を分解する働きがあるので、あと残りなくキレイに仕上がります。

重曹を使っても換気扇の汚れが落とせないときは?

キッチンの換気扇の掃除

長期間放置して汚れが蓄積した換気扇は、重曹だけでは対処できない場合も。そんなときは「ほかの洗剤の補助剤として重曹を使う」のがおすすめ。強い洗浄力でピカピカに仕上げたいときにやってみてくださいね。

重曹をほかの洗剤の補助剤として使う場合は、次の道具を用意して順番に進めましょう。換気扇だけでなく、コンロの五徳や魚焼きグリルなど、油汚れがついたアイテムをまとめてキレイにできますよ。

用意するもの
必須
『ワイドハイター』などの粉末漂白剤
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
重曹
あると便利
ダンボール
45Lのゴミ袋

60℃ほどのお湯を用意

シンクに栓をしてたっぷりお湯を入れる。シンクが汚れるのがイヤなら、大きめのゴミ袋を3重にし、ダンボールにかぶせた簡易容器を用意するのでもOK。

洗浄液をつくる

お湯に粉末漂白剤300g、重曹100g、食器用洗剤ひと押しほどを入れて混ぜる。

カバーやフィルターを浸ける

汚れたカバーやフィルター、ファンなどをまとめて洗浄液のなかに浸け、3時間ほど放置する。

スポンジでこする

水道から出るお湯ですすぎながら、スポンジでこするとスルスル落ちる。あとは乾燥させれば完了。

重曹は熱が加わると、より汚れを落としやすい成分に変化して汚れ落ちがよくなります。この「熱」による変化と「時間」を味方にするのがポイント。

お湯をためて3時間ほうっておくだけでどんな汚れも落とせます。手を動かす必要もないので、待っているあいだは時間を有効に使えますね。

換気扇を重曹で洗うときの注意点は?

注意 ポイント コツ

重曹はアルカリ性をもち、油汚れを落とすのに効果的ですが、一方でそのアルカリ性はアルミを変色させる特徴もあります

換気扇の一部の部品にはアルミが使われていることもあるので、事前に換気扇の取扱説明書を見て確認するのが安心です。

「アルカリ性洗剤を使って」などの記載があれば基本的には問題ありません。コーティングや塗装された部品なら薬品に強いので大丈夫ですよ。

換気扇を重曹でキレイに磨こう!

重曹

重曹は換気扇についた油汚れと相性がよく、ベトベトした汚れもつけおきすればキレイに落としてくれます。

重曹スプレーを作ってキッチンに置いておけば、いつでもサッと掃除できるのでキレイをキープできますよ。