お風呂掃除で、ガンコなカビに悪戦苦闘した経験はありませんか?いくら換気扇をまわしていても、どうしても湿った状態が続くのでキリがないほどカビってできますよね。

そんなお風呂のカビ退治におすすめなのが『カビダッシュ』。頑固なカビにも効き目があると話題の商品なんですよ。

今回は『カビダッシュ』の特徴や使い方、その効果についてご紹介します。

『カビダッシュ』って一体何がすごい?

家 はてな どこ ?

「カビダッシュ」は、株式会社リベルタから販売されている「お風呂用のカビ取り剤」のシリーズです。

最大の特徴は「カビ落としの力を最大限まで高めている」点

カビダッシュで髪の毛を溶かす

髪の毛も溶かすほどの成分が含まれ、市販のカビ取り剤のなかでも特に強力です。

今まであきらめていたガンコなカビもきれいに落とせる、と口コミで広がって徐々に人気が出はじめているアイテムです。

『カビダッシュ』には3種類ある!

強力な塩素系漂白剤として注目されるカビダッシュですが、成分や用途が違う3タイプが販売されています。

『特濃ストロングジェル』
『弱酸性デイリーカビ退治・防カビプラス』
『スパークリングジェット』

それぞれどんな特徴があるのか、順番にご紹介します。

① 特濃ストロングジェル

特濃ストロングジェルは、ゴムパッキンなどのガンコにこびりついた黒カビやシミを落とすのに便利なタイプ。

ほかのカビ取り剤にも入っている「次亜塩素酸ナトリウム」の濃度を最大限まで高めてあり、長年取りきれなかった黒ずみもおもしろいように落とせます。

髪の毛も溶かすほどなので、パイプの洗浄にも活用できますよ。

口コミ
・手も足も出なかった頑固なカビが、たった1時間浸すだけで嘘のようにキレイに取れました。
・なんといっても強力。ドロッとしているから壁面にも使えます。
税込価格
1,890円

② 弱酸性デイリーカビ退治・防カビプラス

「弱酸性デイリーカビ退治・防カビプラス」は塩素系漂白剤の独特の臭いが苦手だったり、小さな子供がいて強力な洗剤はできるだけ使いたくない場合におすすめ

植物由来で安全性の高い成分が使われているので天井などの液だれがこわい場所も手軽に掃除できます。名前のとおり防カビ効果もあって、汚れを落としたあとにひと吹きしておくだけで3ヶ月間も防カビ・抗菌効果があります。

口コミ
・マスク不要なので気になるときに、ちょこちょこ使ってます。
・防カビ、抗菌できるのに弱酸性・塩素不使用・界面活性剤不使用はすばらしい。
税込価格
1,620円

③ スパークリングジェット

「スパークリングジェット」は、カビ掃除をし終わったあとにこれ以上カビが生えてこないように予防したいときに効果的

ワンプッシュで防カビ効果のある煙がお風呂全体をつつみ、天井や小物など隅々まで防カビのコーティングをしてくれます。食品加工にも使われる植物有機酸を使っているため、つかった直後でもお風呂に入れるほど安全です。

口コミ
・1プッシュするだけで天井はもちろん、お風呂をまるごと防カビ・抗菌できて便利!
・霧が全然臭くなくて、いい香り。今後の効果が楽しみです。
税込価格
1,620円

『カビダッシュ 特濃ストロングジェル』の使い方と効果は?

カビダッシュとハケ

用意するもの
必須
『カビダッシュ 特濃ストロングジェル』
ゴム手袋
あると便利
底が深い紙皿

特濃ストロングジェルには専用の「ハケ」がついています。基本的な使い方は、その「ハケで洗剤を塗って待つ」だけです。

① ボトルを振る

カビダッシュを振り混ぜる

ボトルをよく振って、なかの洗剤が少し落ち着くまで待つ。30秒ほど待ってからフタを開ける。

② ハケで液を広げる

カビダッシュをハケで黒カビに塗る

汚れめがけて洗剤を垂らし、ハケで伸ばしてなじませる。

液体というよりも、ジュレのようにドロっとした見た目をしているので、底が深い紙皿などに移してからカビに塗るとムダにならない。

注意!
ハケを直接ボトルに入れてカビに塗り込むと、ボトル内にもカビ菌が入って洗浄力が下がる可能性があります。必ず別の容器などに移してから使いましょう。

③ 放置する

カビダッシュを塗って放置

汚れにカビダッシュがついた状態で30〜60分ほど放置する。

『カビキラー』などのスプレータイプのカビ取り剤だとどんどん垂れてくるところ、カビダッシュはジェル状なのでピタッととどまってカビに浸透する。臭いもおだやかなので使いやすい。

④ すすぐ

シャワーですすぐ

時間がたったらシャワーでよくすすいで完了。

カビダッシュで黒カビを落とす(前)

パッキンにつく黒カビが、

カビダッシュで黒カビを落とす(後)

見違えるようにキレイに。

排水口を掃除する場合は…

排水口にカビダッシュをかける

排水口の詰まりを取りたいときは直接100mlほどを流し込みましょう。あとはカビを取るときと同じように30〜60分ほど待ってシャワーですすげば完了。

排水口につまった髪の毛などもしっかり溶かしてくれますよ。

『カビダッシュ 弱酸性デイリーカビ退治・防カビプラス』の使い方と効果は?

カビダッシュの弱酸性デイリーカビ退治・防カビプラスは、「デイリー」というだけあって毎日でも手に取りたくなる使い勝手のよさが魅力。基本的な使い方は普段使いの洗剤と同じでスポンジでこするだけ。わざわざマスクや手袋を用意しなくてもカビ退治できます。

洗剤は弱酸性なので、水垢や石鹸カスを落とす効果があるのもうれしいポイントです。

① 汚れに吹き付ける

カビができかけているような場所に使うと効果的。天井などの高い場所は、スポンジに吹き付けてからこする。

② スポンジでこすってすすぐ

軽くこするだけでも十分。汚れが取れたらシャワーで簡単にすすぐ。

③ もう一度吹き付ける

汚れが取れたところに追加でもう一度吹きつけておくと防カビ効果をプラスできる。あとはスポンジで軽くのばすだけで3ヶ月ほどはカビ予防になる。

『カビダッシュ スパークリングジェット』の使い方や効果は?

スパーリングジェットの使い方はとても簡単。ワンプッシュで防カビ・抗菌作用のある煙が広がるので、掃除のむずかしい天井付近や照明、換気扇のカビ対策までできます。

① 軽く掃除する

防カビ剤が行き渡りやすくするため、軽く掃除をして表面の汚れを落としておく。換気扇は止める。

② レバーを引く

カチッと音がするまでレバーを引き、くん煙が出てきたらドアを閉める。

③ 待つ

15分ほど待ったらおしまい。防カビ効果は3か月ほど続くので、季節の変わり目などに定期的に使用するとカビの生えない環境が続く。

ワンポイント!

エコなわざあり

カビダッシュは風呂掃除以外にも使える?

ポイント 電球 チェック

「カビダッシュ」はお風呂専用の洗剤として発売されていますが、おうちのほかの場所についたカビにも使えます。

『ストロングジェル』はキッチンなどの排水口や窓枠のカビに、非塩素系の『防カビプラス』は壁紙のカビなどに使うなど、おうちのカビ取り剤として活躍します。「カビがでたらカビダッシュ!」と考えると活用の幅が広がりそうですね。

ただし、お風呂向けに作られているので水洗いできない場所やアルミ、木材などには使えません

はじめて使うときはまず目立たない場所に一度つけ、5分ほど待って色落ちしないか、傷まないかテストすると失敗を防げますよ。

お風呂の困ったガンコなカビには『カビダッシュ』を試す価値あり!

お風呂のフタ 浴槽

お風呂は湿り気がたまりやすい空間なので、どんなに気をつけていてもカビがついてしまいます。

カビダッシュシリーズならガンコなカビも簡単に落とせる上、3ヶ月にわたってカビの発生を抑えることもできます。

3種類のカビ取り剤を組み合わせて使えば、カビに困る機会はグッと減りますよ。