みなさんは『ポール』を知っていますか?泥汚れに強い洗濯洗剤で、スポーツをしているおうちなどに長く愛用されているアイテムです。

今回は、頑固な泥汚れに強い、洗濯洗剤『ポール』についてまとめました。泥汚れに困っている人は、必見ですよ。

『ポール』ってどんな洗剤なの?

ポール

ポールは、泥汚れを落とすのにすぐれた洗剤です。一般的な洗剤では消えなかった汚れも、簡単にスッキリ落とすことができます。

汚れ落ちがよく、長く愛用されるのには次のようなわけがあるんですよ。

汚れ落ちのいいリン配合

ポール

ポールの大きな特徴は、リンが配合されている点にあります。一般的な洗剤に入っていることはめずらしいリンですが、泥汚れに対する洗浄力が高く、少しの汚れならゴシゴシ擦らなくても簡単に落とせるんです。

ただしリンは、環境によくないといわれる成分なので、庭などに排水を捨てないでください。また、特定の地域ではリンを含んだ洗剤を使用することが禁止されていることもあるので注意が必要です。

タンパク質汚れに強い

シャツの汗ジミ

ポールには、アルカラーゼ酵素が配合されています。これはタンパク質を分解する酵素で、汗や食べこぼしなどの汚れをスッキリ落とせます。洗濯だけでは落ちにくい血液の汚れも、この酵素の力があればキレイなります。

汗のニオイも残らないので、洗濯後気持ちよく着用できます。

肌にやさしい

ポール

ポールは、天然ヤシ由来の高級アルコール系界面活性剤を配合しています。シャンプーや台所洗剤によく使われている成分で、生分解性がよく、衣類や肌の刺激も少ないので、扱いやすいんです。

洗濯洗剤『ポール』の使い方はどう?

ポールは洗濯洗剤の1種なので、一般的な洗剤と同様、洗濯機に入れて使います。洗剤の量の目安がパッケージに書いてあるので、それを参考にしながら汚れの程度に応じて加減してください。

ユニフォームなどについた頑固な汚れは、洗濯機で洗う前につけ置きするのがおすすめです。

ポール

つけ置き洗いの方法は、パッケージにわかりやすく図解されているので、これを見ながら行うとスムーズにできますよ。

【実践】ポールでつけ置き洗いしてみた

ポール

運動で汚れたユニフォームなどは、とくに泥汚れがひどいですよね。そこで今回は、ユニフォーム素材についた頑固な泥汚れを、ポールでつけ置き洗いしてみました。

実際の使い方にそって紹介するので、おうちで使うときの参考にしてみてくださいね。

洗濯洗剤『ポール』の使い方

ポール

まずはつけ置きの液づくり。お風呂よりも少しぬるめの35℃前後のお湯を5L用意し、そこにポールを15g(付属のスプーン7割分)を入れます。これをよく混ぜて溶かしてください。このとき、洗剤が1ヶ所に偏らないように入れるのが溶け残しを防ぐポイントです。

ポール

肌にやさしいので素手で混ぜても問題ありません。ただ、肌が弱い人や心配な人は、ゴム手などをつけると安心です。くるくる混ぜていると、30秒ほどで白くにごった洗剤液が完成しました。

ポール

洗剤液の中に汚れたTシャツを入れます。少しつけただけでも泥が浮き出てきました。

ポール

そのままつけておいてもいいのですが、洗剤液のなかで軽くもみ洗いするのがおすすめ。泥が落ちやすくなるし、よりキレイに仕上がりますよ。

もみ洗い後、そのまま1時間つけてから水ですすいでみると…

ポール

頑固な泥汚れがスッキリ落ち、もとどおりの白さを取り戻しました。汚れがいちばんひどかった裾の部分も、痕跡が残っていませんでした。

ポール

そのままだと洗剤が残ってしまっているので、仕上げに洗濯機に入れて、いつもどおりお洗濯してくださいね。

普通の洗剤であれば泥汚れを落とすのに力を入れてこする必要がありますが、ポールを使えばとても簡単に落とせます。1時間程度ででき、つけ置きの間はほかの作業ができるので、時間もムダになりません

1回のつけ置き洗いで落ちなかったら、もう一度行うのも効果的ですよ。泥汚れをラクに落としたいときは、ぜひポールを使ってみてくださいね。

洗濯洗剤『ポール」で泥汚れを落ちやすくするコツ!

ポールを使って泥汚れを落とすときは、以下2点に気をつけるとより効果的です。

正しく使用すれば、洗濯物の仕上がりが真っ白になりますよ。

泥や砂を払う

ポール

衣類についた泥や砂は、できるだけ落とすのが大切です。まったく落とさないで洗ったら、一緒に洗った衣類に移って、汚れを広げてしまうことも。

乾いた泥や砂は、手で払い落としてから洗いましょう。湿気を含んだ泥も、キレイな場所に汚れが移らないよう、一度乾かして落とすのがおすすめですよ。

つけ置き時間

待つ 時間をかける 時計

つけ置きをするときは、1〜2時間で取り出してください

それ以上つけておくと、落ちた汚れが衣類に戻って、泥の色が移ったりニオイがついたりしてしまうからです。タイマーなどを設定して、時間を管理をしましょう。

またファスナーなどの金属類がついた衣類のつけ置きは素材を傷める恐れがあるので、1時間以内に留めるようにしましょう。

洗濯洗剤『ポール』はどこで買える?

ポールは、ホームセンターやスポーツ用品店で売られています。なかには取り扱いのないお店もあるので、その場合はインターネット通販で購入してくださいね。

『バイオ濃厚洗剤 ポール』

バイオ濃厚洗剤  ポール出典:楽天

カラフルなパッケージが目印の粉洗剤です。簡単な汚れなら、洗濯機の水30リットルに対し、15g入れて洗濯するだけで落ちます。頑固汚れもつけ置きすれば落ち、やり方については、パッケージにわかりやすい図解がついています。色物の洗濯にも使用できますよ。これがあれば、汚くなってしまったからと、衣類を捨てなくてすみますね。

口コミ
・スポーツの汚れやニオイなど、少しの時間つけておくだけでキレイになくなります。
・これなしでは子供のユニフォームは洗えません。すばらしいです。
税込価格
1,816円
内容量
2kg

『ポール』には大容量タイプもある

容量が2倍入ったタイプのポールもあります。子供や家族でスポーツをしているおうちや、泥んこ遊びが大好きな子供がいるおうちにもぴったりです。頻繁に使う予定なら、お買い得なのでおすすめですよ。

税込価格
3,398円
内容量
4kg

ポールが使えないアイテムもある?

ポールには、使用を推奨しない衣類があります。お洗濯前に以下を確認してから使用しましょう。

素材や成分の確認

ポールは、衣類にやさしいですが、絹やウールといったデリケートな生地には使用できません

繊維を傷めてしまい、見た目が悪くなってしまいます。ポールを使うときは、衣類の触り心地や成分表示で確認してから洗いましょう。

洗濯表示

「中性洗剤使用」と表記のあるものや洗濯表示で以下のものがあると、ポールで洗うのには適していません。かならず洗いたい衣類の洗濯表示を確認してから使用してくださいね。

ポール

●洗濯表示の意味
:液温40℃限度。洗濯機は弱い処理で。
:液温は40℃限度。手洗いで行う。
:家庭での洗濯禁止。

ポールには蛍光剤が含まれており、きなりやオフホワイトなどの淡い色をした綿・麻素材の衣類に使用すると白っぽくなることがあります。

これらの素材は、蛍光剤無配合の洗剤が適しているので、ポールは使用しないのがおすすめです。

泥汚れ用洗剤の『ポール』でさわやか仕上げ

ユニフォーム サッカー

真っ黒になってしまったユニフォームなどは、手洗いするのもイヤになりますが、ポールを使えば、つけ置きするだけで簡単に落とせます

汗のニオイもスッキリ取れて、真っ白でさわやかに仕上がりますよ。

ぜひこの機会に、頑固な泥んこ汚れにはポールを使って、ラクにお洗濯しちゃいましょう!