「ウタマロリキッド」が頑固汚れに効く!と聞いて、気になっていませんか?

試してみたい気もするけど、「どんなときに使えるの?」「石鹸タイプとはどう違うのかな?」といった疑問もありますよね。

そこで今回はウタマロリキッドの情報と、実際に試した様子をご紹介します。

「ウタマロリキッド」って一体何?

ウタマロリキッド
「ウタマロリキッド」とは、「ウタマロ石けん」でおなじみの「東邦」というメーカーが発売する洗濯用の液体洗剤です。

汚れ落ちがよく頑固なシミ汚れにも効果を発揮する上、素材にやさしくデリケートなおしゃれ着も負担をかけずに洗える洗剤として、人気急上昇中なんです。

ウタマロリキッドは石鹸とどう違う?

ウタマロリキッド ウタマロ石鹸
ウタマロリキッドと同じく、洗濯に使う「ウタマロ石けん」とはどう違うのかな?と気になるところ。

大きな違いは「液体だからふだん使いの洗剤としても使いやすい」「色柄物にも使いやすい」という点にあります。

石鹸よりも幅広く使える

固形石けんの「ウタマロ石けん」は頑固なシミもスッキリ落とす力を秘めていますが、部分洗い専用なので、ふだんの洗濯では出番がありません。

一方「ウタマロリキッド」は液体洗剤なので、部分洗いはもちろんふだんの洗濯にも活用できます。すすぎ残しなども起きにくく、気軽に使えるのがうれしいですね。

色柄物にも使いやすい

「ウタマロ石けん」には蛍光剤とよばれる「白さを際立たせる成分」が加えられています。白さを強調する成分なので色柄物に使うと白っぽく見えてしまうことがあります。

「ウタマロリキッド」は蛍光剤不使用なので、色柄物にも安心して使えます。素材にやさしい成分が使われているので、やさしく洗い上げたいおしゃれ着などの洗濯にも最適なんです。

基本的には「ウタマロリキッド」で普段の洗濯をして、白物についたシミ取りに「ウタマロ石けん」を使うと考えればOKです。

ウタマロリキッドの使い方は?

ウタマロリキッド
ウタマロリキッドは洗濯で使えるのはもちろん、頑固なシミを取り除くのにも大活躍。

大きく以下の3種類の使い方ができます。

① 洗濯機洗い
② 手洗い
③ つけおき

①の洗濯機洗いは、いつもの洗濯洗剤と同じように洗濯機に入れるだけなのでむずかしくありません。

②と③の手洗い・つけおき洗いは頑固な汚れを落とすときに効果的なので、そのやり方を覚えておくと困った汚れにも対処できるようになります。

今回はウタマロリキッドを使った手洗いで「部分洗いする方法」と「つけおき洗いする方法」にチャレンジしました。やり方を覚えてぜひおうちでも試してみてくださいね。

【ウタマロリキッドの使い方】部分洗いのやり方は?

ケチャップとマヨネーズのシミ
ウタマロリキッドは部分的なシミを落とすのが大の得意。汚れがべったりとついてしまったときは部分洗いするのがおすすめです。

今回は「ケチャップとマヨネーズのソース」で汚れたTシャツを手洗いしました。色素が強いケチャップと油分を多く含むマヨネーズがあわさるとかなりガンコな汚れになりますが、きれいになるのでしょうか?

① 水につける

汚れを水につける
まずはシンクや洗面器に水をため、洗いたい服を水にひたします。ぬるま湯くらいのお湯を使うと素材にやさしく、洗剤もよく働きます。

部分洗いの場合はキレイにしたい場所だけでもOKです。

② ウタマロリキッドをつける

ウタマロリキッドをつける
汚れが気になる場所を中心に洗剤をつけましょう。目安は水5Lに対して5mlほど。キャップに1cmくらいで大丈夫です。

全体を洗うときは水に溶かすといいですよ。

③ もみ洗い

揉み洗い
手のひらで押しながら、やさしくもみ洗いします。手肌にやさしい洗剤なので、素手で洗っても問題ありません。

揉み洗い
数回揉むだけでも、どんどん汚れが落ちていきます。すすぐ前でもほとんど汚れが見えないくらいになりました。

④ すすぎ

すすぎ
大まかに汚れが落ちたら、2〜3回水を入れ替えて洗剤を流します。泡が出なくなるまですすいだら完了。

染み抜き後
これだけでも汚れはほとんど見えなくなっています。汚れが残るようなら、普段どおりに洗濯機で洗いましょう。

⑤ 脱水して干す

しみ抜きしたTシャツを干す
洗濯機の脱水に10秒ほどかけて軽く水を切ったら、洗濯は完了。

軽く形を整えたら日陰で干して乾かしましょう。

ウタマロリキッドで染み抜きアフター
乾かしたら、シミがあった場所がどこかもわからないくらいに跡形もなくキレイになりました。

【ウタマロリキッドの使い方】つけおき洗いのやり方は?

汚れがついてから時間がたってしまった服や、毛や絹などのデリケートな服には「つけおき」で汚れをふやかしながらキレイにするのがおすすめ。

つけおき洗いは時間をおくことで汚れに洗剤が浸透し、繊維を傷めず汚れだけをキレイに落としてくれます。

やり方は手洗いとほとんど同じ。デリケートな服はもみ洗いせず「水のなかで揺らす」くらいにすると風合いを保ちやすくなりますよ。

① 洗剤をつけてもみ洗いする

汚れを水につける
上で紹介したステップの①〜③までは一緒。軽く水に濡らしたあとウタマロリキッドをつけ、もみ洗いしましょう。

② つけおきする

ウタマロリキッドでつけおき
軽く洗ったあと、そのまま洗濯液に入れて放置します。つけおき時間は5〜15分ほど。

まずは短時間で汚れ落ちや生地の様子を見て、時間を調節しましょう。

③ 軽くもみ洗いしてすすぐ

揉み洗い
つけおきが終わったら再度かるくもみ洗いして汚れを水に溶かし出します。

汚れが落ちたら泡が出なくなるまですすぎましょう。

④ 干す

10秒ほど脱水にかけて水を切ったら、日陰で乾かせば完了です。

【ウタマロリキッドの使い方】洗濯機洗いの方法

洗濯ネットで洗う
普段の洗濯洗剤と使い方は一緒ですが、上手に洗い上げるためのコツを紹介します。

特に、素材にやさしい洗剤なので、傷ませたくないおしゃれ着にもおすすめです。「洗濯物をネットにいれる」「手洗いコースを選ぶ」と、風合いを保ちながらキレイにしてくれますよ。

ネットに入れる

洗濯物は軽くたたんでネットに入れる。落としたい汚れがある場合は外側になるようたたむと効果的。

ウタマロリキッドをいれる

水30Lに対し、ウタマロリキッドは30mlを目安にいれる。

手洗いコースで洗う

弱水流のコースを選んで洗濯機にかける。

干す

脱水後に取り出して干せば完了。

毎回の洗濯でウタマロリキッドを使いたくなりますが、大容量の洗剤ではないのでどんどん減ってしまいます。

ウタマロリキッドはデリケートな素材のものがメインのときにして、それ以外の洗濯のときはいつもの洗剤を使うようにするなど、上手に使い分けるといいですよ。

ウタマロリキッドが使えない服もある?

ウタマロリキッドは毛や絹などの繊細な生地にもつかえるやさしい洗剤ですが、なかには向いていない服もあります。

次のようなアイテムのときは注意してください。

水洗いできないもの

洗濯表示 水洗い不可
「水洗い不可」のマークがついている服は、ウタマロリキッドを使った洗濯はできません。

スーツやドレスなど、普段クリーニングに出しているような服は水濡れに弱く、使う洗剤にかかわらずおうちで洗うと傷んでしまうので注意しましょう。

色落ちしやすいもの

デニムジャケット
水洗いできる服でも、色の濃い服や特殊な染色をしている服は色落ちしてしまう場合があります。

心配な場合は一度テストすると安心。少量の原液を目立たないところにつけ5分ほど放置し、ティッシュなどで拭き取りましょう。ティッシュに色が移らなければウタマロリキッドを使って洗濯できますよ。

ウタマロリキッドはどこで買える?

ウタマロリキッドは近くのドラッグストアなどではあまり見かけない洗剤なので、どこで買ったらいいんだろう?と疑問に思うかもしれませんね。

大型の店舗の他、インターネット通販でも購入できるので利用してみてくださいね。

『ウタマロリキッド』(東邦)

ウタマロリキッドのボトルは400mlと、ふつうの洗濯洗剤よりもコンパクト。キャップは計量できるデザインなので、迷わず使えるのがうれしいところです。

口コミ
・これをもっと早く知りたかったくらいに汚れが落ちます。泥汚れする野球練習着も楽々です。
・赤ちゃんのウンチが服に着いた時も、白い靴下の泥汚れも、とてもよく落ちます。
内容量
400ml
税込価格
410円

『ウタマロ リキッド 詰替350ml×2個セット』(東邦)

ウタマロリキッドの洗い上がりを体験したら、いろんなタイミングで使いたくなってしまうもの。

詰替え用も用意しておくと、切らさずいつでも継ぎ足して使えます。

口コミ
・汚れがよく落ちます。ストックが無いと落ち着かないくらい我が家では活躍してくれてます。
・さすがはウタマロです。大きいサイズが欲しい!
内容量
400ml
税込価格
410円

覚えておきたい

エコなわざあり

「ウタマロ」はリキッド以外の洗剤も便利!

ウタマロ
「ウタマロ」といえば「ウタマロ石けん」や「ウタマロリキッド」などの洗濯に使う洗剤というイメージがあるかもしれませんが、実は他にもあるんです。

たとえば「ウタマロクリーナー」は家中で使える掃除用の洗剤。油汚れから水垢まで、どんな汚れもキレイにできる力を秘めています。

キッチンの食器洗い用には「ウタマロキッチン」がおすすめ。手肌にやさしく「ウタマロ」の香りを楽しめながら食器洗いができます。

どれも特徴的なグリーンカラーでかわいらしいボトルなのでおうちの洗剤を統一してそろえてみるのもいいですね。

ウタマロリキッドでお気に入りの服を大切に

洋服収納 クローゼット
「ウタマロリキッドがすごい」とは聞くものの、これまでなんとなく使い方がわからなかった人も多いですよね。

ウタマロリキッドは「どんな服にも使え、頑固な汚れもスッキリ落とせる」とっても使い勝手のいい洗剤です。

洗濯機洗いや手洗い、つけおき洗いを上手に使い分ければ、お気に入りの服がもっと長く楽しめますよ。

ウタマロリキッドの使い方

  1. ふだんの洗濯は洗濯機でOK
  2. おしゃれ着は手洗い
  3. 頑固なシミ汚れにはつけおき洗い