おうちの掃除で大活躍してくれる『激落ちくん』。白いスポンジが有名ですが、洗剤のシリーズがあるってご存知でしたか?

今回は、あまり知られていない『セスキの激落ちくん』の使い方や実際に使ってみた様子を紹介します。

『セスキの激落ちくん』って一体何?

セスキの激落ちくん

『セスキの激落ちくん』とは、激落ちくんシリーズを取り扱うレック株式会社が販売する液体洗剤のこと。水を原料につくられた「水の激落ちくん」に、洗浄効果の高い「セスキ炭酸ソーダ」を加えてあるのが特徴です。

「水の激落ちくん」は水に電気を通すことでアルカリ性の性質をプラスした「アルカリ電解水」が使われています。酸性の油汚れを分解する効果がありながら、水が原料なので安全性が高いのが特徴です。

また「セスキ炭酸ソーダ」は、鉱物からとれる自然由来の成分。掃除に便利な重曹よりも、10倍洗浄効果がありながら、手肌や環境にもやさしいんですよ。

『セスキの激落ちくん』の用途は?

セスキの激落ちくん

セスキの激落ちくんがすごいのは「使う場所を選ばない」「様々な汚れに効果がある」「すすぎ不要」という3点にあります。

使う場所を選ばない

セスキ炭酸ソーダは高い洗浄効果がありながら肌や建材への負担は小さいので、家のどこでも使って大丈夫

水回りはもちろん、リビングの壁など「水拭きできるものなら何でも使える」と考えて大丈夫です。

様々な汚れに効果がある

セスキの激落ちくんに配合されたセスキ炭酸ソーダには「油汚れの分解」「たんぱく質の分解」「除菌消臭効果」の3つの働きがあります。

キッチンまわりのガンコな油汚れ、リビングの皮脂汚れ、服の臭いなど幅広い汚れに1本で対処できます。

すすぎ不要

セスキの激落ちくんは油汚れをセスキ成分が直接分解するため、油分をなじませて泡立たせる成分の界面活性剤が配合されていません

そのため、洗剤を使った後にすすいで洗剤を流したり、水拭きで仕上げたりする必要がありません。洗剤を含ませてひと拭きするだけなので、軽めの掃除にも使いやすいですよ。

『セスキの激落ちくん』の使い方

セスキの激落ちくん

セスキの激落ちくんの基本的な使い方は「汚れに直接スプレーし、乾いたクロスで拭き取る」だけ。

界面活性剤や香料は使われていないので、泡立たず香りもありません。水と同じような感覚で使えるのが特徴です。

基本的におうちのどこでも使って大丈夫ですが、次の場所でとくに重宝します。

セスキの激落ちくんを使える場所
・キッチン
・リビング
・汚れた衣類

次からは、実際に使ってみた様子をまじえながら、それぞれの場所別に使い方をご紹介しますね。

『セスキの激落ちくん』はキッチンの油汚れも取れる

セスキの激落ちくんがとくに活躍するのが油や雑菌の汚れができやすいキッチン。セスキの激落ちくんならコンロまわりやシンクの周り、家電の掃除までキレイにできます。

コンロまわりの油汚れ

セスキの激落ちくん

料理の油ですぐにギトギトと汚れてくるコンロ周り。油汚れの分解が得意なセスキの激落ちくんが1本あれば、簡単にツルツルに戻せます。

セスキの激落ちくん

数回スプレーした様子です。水がかかっているだけに見えますが、セスキがしっかり効いているので、乾いたティッシュで拭き取るだけでツルツルになりました。

セスキの激落ちくん

ガスコンロの場合は五徳を外してシンクに移動し、たっぷりと吹き付けてからすすぎ洗いすれば大丈夫。ひどく汚れている場合はスプレーしてから5分ほど放置して汚れをゆるませるといいですよ。コンロまわりの除菌ができるのも嬉しいですね。

冷蔵庫などの家電

セスキの激落ちくん

二度拭き不要のセスキの激落ちくんなら、冷蔵庫や電子レンジなどの家電を掃除するのにもピッタリ。クロスやティッシュに軽くスプレーし、全体を拭き掃除するだけで汚れがツルツルになります。

セスキの激落ちくん

外側の掃除はもちろん、セスキの激落ちくんなら内側の掃除に使っても問題ありません。自然由来の成分な上、除菌効果もあるので食品を扱う場所でも安心ですね。

『セスキの激落ちくん』をリビングで使う

すすぎ不要のセスキの激落ちくんは、水回りでない場所の掃除も得意。

リビング用に1本常備しておくと気になったときにササッと掃除できますね。

ドアノブや照明スイッチの皮脂汚れ

スイッチに付いた手垢

ドアノブや照明スイッチなどのよく手の触れる場所は、皮脂が蓄積されだんだんと黒ずんできますね。とくに壁に手垢がついて黒ずんでいます。

スイッチに付いた手垢を拭く

クロスに軽くスプレーしてから拭き取ればOK。今回は照明スイッチが近くにあったので、ティッシュに含ませてから拭き取りました。

照明スイッチ

少しわかりにくいですが、スイッチの周りについていた黒ずみがすっかりなくなりました。

窓ガラス

セスキの激落ちくん

二度拭き不要のセスキの激落ちくんなら、拭き跡を残したくない窓ガラスもピカピカにできます。

洗剤が配合されていないので、跡残りもなくツルツルに仕上がります。セスキの激落ちくんはガラスに使うとたれやすいので、クロスなどにたっぷりふくませてから拭き取るのがいいかもしれません。

『セスキの激落ちくん』を洗濯で使う

皮脂やたんぱく質の汚れの分解、臭いのある雑菌汚れを退治するのが得意なセスキの激落ちくんは、衣類の染み抜き洗剤としても活用できます。

汗や血液などの体液の汚れを分解し流しやすくしてくれるので、ガンコな汚れを落としたいときに重宝します。

襟や袖の黄ばみ

洗濯後の汚れチェック シャツの襟

襟や袖にできる黄ばみや黒ずみは、落としきれなかった皮脂汚れが蓄積されてこびりついたもの。

セスキの激落ちくんを汚れた部分を覆うようにたっぷりスプレーしてから洗濯機で普段どおりに洗うだけで、油分が分解され真っ白に戻せます。

血液の汚れ

血液の染み

たんぱく質を含む血液の汚れはガンコなシミの代表格ですが、セスキの激落ちくんがあれば対処はラクラクできます。

皮脂汚れの染み抜きと同じようにスプレーして汚れになじませてから、いつもどおりに洗濯機で洗いましょう。ガンコな汚れは5〜10分ほど放置して汚れをふやかすと効果が高まります。

布おむつの洗濯

布おむつ

セスキの激落ちくんはほとんどが自然由来の成分でできていて手肌にやさしいので、布おむつの洗濯にも使えます。

つけおき液に少し混ぜ、半日ほど放置してから手洗いしましょう。除菌効果もあるのでおしっこやうんちで汚れてしまっていても、しっかりキレイにできます。

『セスキの激落ちくん』はどこで買える?

セスキの激落ちくんはふだんあまり見ない洗剤なので、どこに売ってるのか気になりますね。

大型のドラッグストアやホームセンターであればリビング用の洗剤コーナーなどに置かれています。近くになければネット通販がおすすめです。

セスキの激落ちくんはスプレータイプのほかにも、いろんな種類があるのであわせてご紹介しますね。

『セスキの激落ちくん 500ml』

今回使った、スプレータイプのセスキの激落ちくんです。

500mlと大容量のスプレーなので、こまめに使っても長持ちしますよ。

『セスキの激落ちくん 密着泡スプレー』

セスキの激落ちくんには、泡状で出てくるタイプも。コンロなどの入り組んだ部品にかけても汚れに密着しやすく、壁に吹きかけてもたれにくいなどのメリットがあります。

使う場所に応じて選んでみてくださいね。

『セスキの激落ちくん 粉末タイプ 1kg』

粉末状で水にといて使うタイプのセスキの激落ちくんです。

1回に使う量は10gほどと少量な上、粉末は1kgと大容量なので頻繁に活用したいおうちにおすすめです。

『セスキの激落ちくんシート キッチン用4個パック』

キッチンの拭き掃除でより使いやすいのが、シートタイプの激落ちくんシート。取り出して拭き取るだけと掃除までの手間が最小限になっているので、毎日のちょこっと掃除に最適です。

覚えておきたい

エコなわざあり

『セスキの激落ちくん』が使えないものもある?

畳

セスキの激落ちくんは基本的には水回りやリビングの掃除全般に使えますが、強力な分使うと傷んでしまう素材もあります。失敗がないように、使う前には事前にチェックしておくと安心です。

・畳

・漆器

・革

・アルミや銅

デリケートなものは使う前に目立たないところでテストするのがおすすめ。少しつけて、5分ほどたっても変化がなければ使っても問題ありませんよ。

『セスキの激落ちくん』で油汚れの掃除や除菌!

セスキの激落ちくん

セスキの激落ちくんが1本あるだけで、日々のお掃除が気軽にできるようになります。

ただ水拭きするよりも汚れ落ちがいいので、ちょこっと掃除するのも楽しくなりますよ。普段の掃除が苦手という人はぜひ一度お試しください。