家中のガンコな汚れを落とせると評判の『オキシクリーン』。

実はもともとは衣類の汚れを落とす洗濯洗剤として使われていたので、衣類をキレイに洗い上げてくれるんです。

ここではオキシクリーンを使った洗濯方法についてご紹介します。洋服の黄ばみや黒ずみなどがまとめて落ちて、びっくりするほどキレイになりますよ。

オキシクリーンは洗濯でも大活躍!

オキシクリーンパッケージ

『オキシクリーン』といえば「掃除用の洗剤」というイメージがあるかもしれませんが、もともと洗濯用の漂白剤として発売されたものなので、洗濯でも掃除するときと同じくらい大活躍してくれます。

そもそもオキシクリーンは「酸素系漂白剤」という種類の漂白剤で、主成分は「過炭酸ナトリウム」。酸素の泡を発生させて汚れを分解・漂白する力をもっています

この力は染料などには影響が少ないので、色柄物などに使っても問題ありません。素材にもやさしく、色落ちさせるなどの悪影響もないので、お気に入りの服にも問題なく使えるんですよ。

オキシクリーンを使った洗濯は2通り!

オキシクリーンは、洗剤として「ふだんの洗濯」に使ったり、漂白の力を活かして「染み抜き」に使ったりできます。それぞれでどんな効果があるのか見てみましょう。

ふだんの洗濯

洗濯物 シャツ 干す

オキシクリーンを洗濯洗剤といっしょにふだんの洗濯に使うと「さらに汚れ落ちをよくする」効果があります。

臭いの気になる子供の服、汗ジミのできた旦那さんの服など、特に汚れがひどいものでもスッキリ。汚れ残りがほとんどないので襟の黒ずみなどの蓄積汚れも防止できますよ。

染み抜き

ワイシャツ シミ 

オキシクリーンは食べこぼしや黄ばみ汚れなど、洗濯しても落とせないような「ガンコなシミをきれいに落とす」こともできます。

時間をかけることで酸素の泡が効果的に働き、汚れをスッキリ落としてくれますよ。

オキシクリーンで洗濯するときの使い方は?

オキシクリーンを洗濯槽に入れる

ふだんの洗濯では、オキシクリーンを50度ほどのお湯に溶かして、洗剤投入口に入れればOK。溶かす分量は付属のスプーン半分ほどで十分です。

オキシクリーンはお湯に溶くと酸素の泡がシュワシュワとでてきて、この泡に汚れを落とす効果があります。

汚れがひどいときは付属のスプーンすりきり1杯まで増やしても大丈夫。分量を調節しながら使いましょう。

オキシクリーンを楽に使うコツ
毎回50℃のお湯に溶いて使うのは面倒、という場合は粉末洗剤と同じようにそのままふりかけても大丈夫です。

水の場合は溶け残りが起こりやすいので、注水が終わったあと少しずつふりかけて混ぜるのがおすすめです。

オキシクリーンで染み抜き洗濯する方法は?

用意するもの
必須
オキシクリーン
ゴム手袋
洗面器

オキシクリーンは「ワインなどの色素汚れ」「カレーなどの油分を含む汚れ」「汗ジミなどの皮脂汚れ」など、ほとんどのシミに効きます。

染み抜きの手順は次のとおり。基本的には「お湯に溶いてつけおき」と考えておけば大丈夫ですよ。

つけおき液をつくる

オキシクリーンをお湯に溶かす

洗面器に50℃ほどのお湯を張ります。洗面所のシンクを使っても大丈夫。

オキシクリーンを混ぜる

張ったお湯2Lに対して付属のスプーン半分ほどを目安に注ぎ入れ、よく混ぜます。オキシクリーンは強い洗剤なので、扱うときはゴム手袋を忘れずに。

つけおきする

つけ置き

シミ部分が浸かるようにいれ、1時間ほどを目安に放置します。

ひどく汚れている場合はつけおき時間を伸ばして大丈夫。6時間で効果が切れるので様子を見ながら延長しましょう。

洗濯

ドラム式洗濯機を動かす

染み抜きした服はそのまま洋服を洗濯機にいれ、通常コースで洗濯しましょう。

洗面器で染み抜きした場合はつけおき液ごと洗濯機にいれて大丈夫。ゴシゴシこすったりすることもないので、スキマ時間でも手軽にできますね。

オキシクリーンを使った洗濯のポイントは?

オキシクリーンを使った洗濯には2つのポイントがあります。このポイントを押さえておけば、汚れがスッキリ落ちるだけでなくトラブルも未然に防げますよ。

お湯を使う

お風呂の湯気

オキシクリーンは水ではなく、お湯に溶いて使いましょう。水では汚れを落としてくれる泡が出ない上、溶け残りも起きやすいんです。蛇口からでる一番熱いお湯でいいので、軽く溶いてから洗濯に活用してください。

少なめから始める

オキシクリーン

オキシクリーンは強力な洗剤なので、はじめて使うときは少なめから試しましょう。まずは付属のスプーン半分ほどからはじめ、慣れてきたら少しずつ量を増やしていけばOK。

つい多めに入れてしまいたくなりますが、濃すぎると繊維への負担が大きなるので注意してください。

洗濯に使うのはどんなオキシクリーンでもいい?

オキシクリーンパッケージ

いざオキシクリーンを洗濯に使ってみようと思って選んでみても、何種類かあって違いがわからず迷ってしまうかもしれませんね。

オキシクリーンには大きく「洗剤成分が入っているかどうか」で2種類に分けられます。好みや使い方に合わせて選んでくださいね。

『オキシクリーン日本版』

日本版のオキシクリーンは「洗剤成分の入っていない」シンプルなタイプ。酸素系漂白剤の成分だけなので手持ちの洗濯洗剤と併用して使いましょう。

また、1.5kgとオキシクリーンのなかではコンパクトなパッケージなので、はじめてのオキシクリーン洗濯におすすめです。

『オキシクリーン アメリカ版』

オキシクリーン発祥のアメリカ版は、洗剤成分が配合されたパワフルタイプ。手持ちの洗剤などとは併用する必要はなく、これひとつで洗濯できます。

パッケージもアメリカサイズで5kg近くあるので、長く楽しめるのがうれしいポイントです。

『オキシクリーンEX』

オキシクリーンEXは、簡単にいうと「アメリカ版のコンパクトサイズ」と考えれば大丈夫。洗剤成分が配合されてパワフルに使える上、パッケージはアメリカ版の半分ほどの大きさです。

洗面所にも収納しやすいのがうれしいですね。

汚れを防ぐコツ!

エコなわざあり

オキシクリーンで洗濯すると洗濯機の掃除にもなる

オキシクリーン

実はオキシクリーンの主成分である「過炭酸ナトリウム」は、洗濯槽クリーナーにも使われています。つまり、オキシクリーンを毎回の洗濯に使うと、こまめに洗濯機を掃除しているのと同じ効果があるんです。

毎回掃除していることになるので、内側はいつもピカピカ。黒ずみや臭いなどの洗濯トラブルを未然に防げて一石二鳥ですね。

オキシクリーンの洗濯ならいつも満足な仕上がりに

晴れた日の洗濯

オキシクリーンは掃除だけでなく洗濯にも使える万能洗剤。色柄物にも使えるので毎回の洗濯でも安心して使えるのはもちろん、染み抜きに使うことだってできます。

汚れ落ちの効果が抜群なオキシクリーンを使えば、洋服がいつも満足のいく仕上がりになりますよ。