洗濯物を干していて、「なかなか乾かない…」「干す時間が長いとニオイが臭い…」と困った経験はないですか?とくに梅雨時期になると湿度が高くなって、なかなか洗濯物が乾きませんよね。

そこで今回は、洗濯物を早く乾かす方法をご紹介します。すぐに使えるテクニックからおすすめの便利グッズまで見ていきましょう。

洗濯物を早く乾かすポイントは?

洗濯カゴ
洗濯物が早く乾くかどうかは洋服自体の素材によって異なりますが、ほとんどの場合天気などの環境による影響が大きく、次の3つの条件に分類できます。

① 気温=夏のように気温が高いほど乾きが早まる
② 湿度=カラッと湿度が低いほど乾きやすくなる
③ 風=風通しがよいほど湿った空気が循環して乾きやすい 

これらを工夫することで、普段何気なく干しているときと比べるとグッと短い時間で洗濯物を乾かせるようになります。

それぞれ具体的にどんなテクニックやポイントがあるのか、次からご紹介していきます。

洗濯物を一番早く乾かせる方法って何?

洗濯物を部屋干しでも早く乾かすには、先ほどの「気温」「湿度」「風」の3つの条件が満たされる環境をつくるのが一番。そのためには家電をうまく活用しましょう。

洗濯したばかりの洋服も2〜3時間ほどで乾かせますよ。

除湿機を使う

除湿機と部屋干し
空気中の水蒸気を吸い取る除湿機は洗濯物を乾かすのにとっても便利。排気口から乾いた風が出てくるタイプなら、その風を洗濯物に当てるようにするとさらに乾きやすくなります。はじめは風があたっている部分だけが早く乾きますが、2〜3時間すれば全体がしっかり乾きますよ。

浴室乾燥機を使う

浴室乾燥
浴室乾燥機の乾燥モードもおすすめの方法です。洗濯物をパイプにかけ、ボタンを押すだけなので準備がとても簡単。ポイントはお風呂場の湿気はあらかじめ取り除いておくことです。そうすれば2〜3時間であっという間に乾きますよ。

エアコン+扇風機(サーキュレーター)を使う

窓際で部屋干し
エアコンと扇風機(サーキュレーター)で2ヶ所から風を当てるのも効果は抜群。エアコンは除湿でも冷房でもどちらでもOKです。風が2方向からあたって、2時間ほどでムラなく均等に乾きます。

洗濯物を早く乾かすにはどう干すといい?

洗濯物を干すときも、できるだけ風通しをよくしてあげるだけで乾きやすくなります。以下のポイントを意識して、空気が当たりやすい状態にしてあげましょう。

ずらして干す

干し方
生地の厚い服と薄い服、バスタオルとフェイスタオルなど高さや厚みを交互に変えるだけで風の通りがよくなります。タオルも均等に半分に折ってハンガーにかけるのではなく、長さを変えてかけるだけで乾きが早まりますよ。

密集させない

部屋干し Tシャツ
ハンガー同士の間隔を15cm以上離すなど、距離をとって洋服を干すのも風通しをよくするポイント。ピンチハンガーもスペースをあけながら小物を干すと乾きがいいです。

洗濯物を早く乾かすテクニックは?

ポイント 電球 チェック
洗濯物を早く乾かすには干し方以外にもいくつかちょっとしたテクニックやコツがあります。

洗濯時の脱水を長くする

脱水を長くすると洗濯物に含まれる水分が飛び、乾きが早くなります。ただし、脱水の時間が長ければ長いほどシワや型崩れしやすいことには注意してくださいね。

アイロンをかけてから干す

手間はかかりますが、アイロンをかけてから干すアイデアもあります。脱水まで終わった洋服にアイロンをかけて干せば、多少生乾きでもすぐに乾きます。パリッと仕上げたい服であれば乾くスピードが上がるうえに、シワも伸びて一石二鳥です。

便利グッズを使う

ズボンは円柱型に干す、パーカーはフードを持ち上げて干すなど、アイテムによっておすすめの干し方があります。その干し方を実現できる便利グッズがたくさん販売されています。必要があればそろえましょう。

洗濯物を早く乾かす便利グッズはある?

洗濯物の乾きを早くするための便利グッズはたくさん販売されています。うまく取り入れれば今よりも時間をかけずに乾かせますよ。

『平干し ネット』(Arnes)

服を広げて置ける平干し用のネットです。日光が面で当たるので乾きも早くなりますよ。使わないときはコンパクトにたためるので場所もとりません。

『速乾8の字ハンガー』(Eaoike)

ハンガーも乾燥に役立つ商品があります。この8の字ハンガーは肩の部分が広いので、洋服全体に風が通りやすく乾燥を早めてくれます。

『速乾 ズボンハンガー』(レック)

十字形にピンチのついたシンプルな形状のズボンハンガーです。腰回りを大きく広げて干せるのが特徴で、暖かく風のある日ならあっという間に乾きます。収納時はコンパクトにたためるのもポイント。

『エアコンハンガー』(平安伸銅工業)

エアコンのすぐ下に取り付ければ、洗濯物を引っかけられるハンガーです。夏は除湿、冬は暖房で洋服をすぐに乾かせます。使わないときは折りたためるので場所をとりません。

『速乾 パーカー対応ハンガー』(レック)

通常のハンガーにフードを固定するアームがついたハンガーも販売されています。生地が重なってなかなか乾かないフード部分も、これを使えばしっかり乾かせますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

洗濯物が早く乾かないときはドライヤーを使ってもいい?

ドライヤー
洗濯物が乾かないときの切り札として、ドライヤーを使っている人もいるかもしれません。ドライヤーは熱風を送ることで洋服を乾きやすくしてくれますね。

しかし、ドライヤーは一部分だけに熱が集中しやすいため、生地を傷めたり縮みを起こしたりする可能性が高まるので、あまりおすすめできません。どうしても速く乾かしたい、という場面だけ使いましょう。

ドライヤーで乾かすときは、ハンガーに洋服をかけてドライヤーで風を当ててください。もっと速く乾かしたければ、底の両角をカットした袋を用意して、そのなかに洋服を入れて上からドライヤーの風を当ててみてください。熱風がまんべんなくあたるので乾きが早くなります。

洗濯物の乾きを早めてイライラを解消!

たたみ方 子供 洗剤 カゴ 洗濯物
洗濯物がすぐに乾いてくれれば、お気に入りの洋服をすぐに着られたり、菌の繁殖が抑えられて生乾きのいやなニオイがなくなったりといいことばかり

毎日の洋服選びがスムーズで、着心地のいいものになりますよ。

洗濯物でイライラすることを少しでも減らして、日々の暮らしを楽しんでくださいね。