ワイシャツは、仕事でスーツを着ている人ならほぼ毎日のように身につける必需品ですね。ただ、キレイに保つのは意外とむずかしく、シワが残ったり、襟にシミ汚れがついたり何かと手入れが必要になってきます。

今回は、そんなワイシャツを洗濯でキレイに仕上げる洗い方やその後の干し方など、さまざまな情報をまとめてご紹介します。

ワイシャツを洗濯する前にチェック!

洗濯表示 絵表示 タグ 洗濯
ワイシャツを洗濯するときにほかの洗濯物と混ぜて洗う人も多いと思いますが、事前に次の3つをチェックすることをおすすめします。

1. 洗濯表示

ワイシャツといっても素材はさまざま。綿やウールなどたくさん種類があります。綿なら洗濯ネットにいれて洗濯機に、ウールやシルクなどデリケートな素材ならおしゃれ着用の洗剤を使って、と洗い方がかわるので洗濯表示を確認しましょう。

2. ポケットのなか

胸ポケットにボールペンやティッシュ、ハンカチなどは入っていませんか?一緒に洗ってしまうとペンのインクがほかの洗濯物についたり、ティッシュが粉々になったりしてよけいに汚れてしまいます。

3. 汚れ

ワイシャツはとくに襟(えり)や袖(そで)がよく汚れます。キレイに仕上がるように下洗いや襟、袖用の洗剤を使って汚れを浮かしておくとキレイに洗えます。

ワイシャツを洗濯!洗い方のコツは?

洗濯ネット
ワイシャツを洗濯するときの基本は「洗濯ネットを活用する」ことです。

ほかの洗濯物とまとめて一緒に洗うときは、できるだけ擦れないように、軽くたたんで洗濯ネットに入れましょう。レースなどの刺繍があるものは、裏返してからネットに入れます。

あとは洗濯機の標準コースで洗えば完了。最後にのり剤を活用してパリッとさせれば、よりキレイに型くずれなく仕上がりますよ。

ワイシャツの洗濯は、洗剤を「部分づけ」でよりキレイに!

頑固なシミに酸素系漂白剤
ワイシャツは何度も着ていると襟が黒ずんだり黄ばんできたりします。

この汚れを落とすには『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤が便利。

やり方は、襟に直接漂白剤を塗ってから洗濯機で洗うだけ。洗う前のちょっとした工夫で簡単に汚れが落とせます。

あっという間に真っ白に仕上がりますよ。

ワイシャツの洗濯のポイント!干し方にもコツがある?

洗濯 干す カゴ シャツ
ワイシャツはとくにシワがつきやすいアイテムの1つなので、「いかにシワをつけずに乾かすか」が重要になってきます。シワをつけないために、次のポイントを意識してみましょう。

脱水時間を短くする

洗濯機の脱水時間が長ければ長いほどシワがついてしまいます。通常よりも脱水を早めに止めるとシワが少なくなります。カラっと乾いた天気のよい日なら脱水せずに、そのままハンガーにかけて干せばシワなくキレイに仕上がりますよ。

手でシワをのばして干す

シワを伸ばすために、しっかりと振りさばき、襟の形を整えて干すとキレイに干せます。シワがある部分はハンガーにかけてパンパンたたくのも忘れないでくださいね。

ワイシャツの洗濯に使える便利グッズは?

ワイシャツの洗濯にはさまざまなグッズが活用できます。便利グッズを使えば手間を省いてキレイに仕上げられるかもしれませんよ。ぜひ探してみてくださいね。

『アイロン用キーピング』(花王)

襟や袖など部分的にピシッとキレイに仕上げたいときに使えるスプレータイプののり剤です。アイロンをかけるタイミングで、このスプレー吹きかけながら熱を加えればパリっとキレイになりますよ。

『角型 くずよけネット』(レック)

ワイシャツやブラウスを3枚ほど収納できる洗濯ネットです。目が細かいメッシュになっているので、糸くずなどがつきません。

『トップ プレケア しみ抜き剤 エリそで用』(トップ)

襟や袖の汚れに使えるしみ抜き洗剤です。皮脂汚れなどに塗るだけでキレイに白く戻ります。5分ほどつけおくと効果は絶大ですよ。

『ウタマロ 石けん』(東邦)

皮脂汚れに限らず、泥汚れやスニーカーの黒ずみまでスッキリ落とせるのが『ウタマロ石鹸』です。塗り込んで洗濯機に入れれば、ガンコな汚れもスッキリ落とせます。

ワンポイント

エコなわざあり

ノーアイロンのワイシャツは洗濯の後にケアを!

シャツにアイロンがけ
最近では「形状記憶」など、シワがつきにくいワイシャツも販売されていますね。

これらのワイシャツはアイロンをかけなくてもよいことがウリですが、実は部分的にアイロンをかけた方がキレイに仕上がるんです。

「ポケット」と「前たて(ボタン穴のある縦の部分)」だけ軽くアイロンをかけると、見た目がグッとよくなります。

洗濯のコツを覚えて真っ白なワイシャツを手に入れよう

スーツを着る
ワイシャツは白いからこそ、洗濯でしっかりと汚れを落としてあげることが大切です。正しい洗濯方法で、真っ白なワイシャツを手に入れましょう。

ワイシャツがキレイに仕上がっていると、袖を通すときにも気持ちがいいものですよね。