セーターやマフラーなど、冬物の温かい洋服によく使われているアクリル素材。洗濯すると縮むイメージがあってなかなか洗えていない人も多いと思います。

そこで今回はアクリルの洋服を洗濯するときのポイントやくわしい洗い方、注意点がないかなどをまとめてご紹介します。

「アクリル」ってどんな生地?

アクリル ニット
アクリルは、羊の毛から取れる「ウール」を真似て化学的につくられた合成繊維です。軽いのに保温性が高いことから、セーターやマフラーなどの冬物の洋服に使われているほか、ぬいぐるみや毛布などにもよく使われています。

一方で、欠点もあります。毛玉ができやすく、静電気が起きやすいので、空気中のホコリなどを引き寄せて汚れやすいため、どうしても洗濯したい場面が出てきます。

これからご紹介する洗濯方法をしっかり覚えてキレイに洗ってあげましょう。

アクリルを洗濯するときのポイントは?

ひらめき ポイント
ウールに似せてつくられたアクリル繊維ですが、洗濯には比較的強いのがうれしいところ。

とはいえ強い繊維ではないので、洗濯のときはすこし注意点があります。アクリル70%、アクリル100%など比率にかかわらず、できるだけ「ていねいに」洗うのがポイントです。

洗濯表示 水洗いの可否
どうていねいに洗えばいいのか、洗濯方法を確認するために、まずは洗濯表示を見てみましょう。

アクリルは合成繊維なので洗剤などには比較的強いですが、なかにはバツ印がついた「水洗い不可マーク」がついているものも。その場合はムリにおうちで洗うのはNGでクリーニングに出すしかありません。

水洗い不可以外のマークならおうちで問題なく洗えます。あとは洗濯表示にしたがって「手洗い」か「洗濯機洗い」していきましょう。

【アクリルの洗濯方法】洗濯機で洗う場合の手順は?

洗剤 ネット 洗濯バサミ
用意するもの
必須
『アタック』などの液体洗剤
『レノア』などの柔軟剤
洗濯ネット
あると便利
『エマール』などの中性洗剤

洗濯表示を見て「洗濯機洗い」できるものは、洗濯機で洗うとサッと時間をかけずに終わらせられます。

生地に負荷がかからないよう「洗濯ネット」を使うのがポイント。使う洗剤はふだん使いのものでも大丈夫ですが、『エマール』などの中性洗剤を使うと風合いそのままにキレイにできます。

アクリル生地の洗濯方法!

セーターの洗濯
洗濯機で洗うときの手順はとっても簡単で「ネットに入れてコースを選ぶ」だけととってもシンプル。

ほかに洋服がたくさん入っていると、ぶつかってシワになることがあるので、できれば単品で洗ってあげたいところです。

洗濯ネットに入れる

服を裏返し、汚れている部分ができるだけ外側にくるよう軽く折りたたみ洗濯ネットに入れる。マフラーのフリンジなどは内側に入れると伸びにくくなる。

洗濯する

適量の洗剤をいれ、洗濯機の「ドライコース」や「手洗いコース」など、弱い水流で洗い上げるモードを選択する。

基本はたったの2ステップだけ。脱水の時間は10秒ほどにとどめて、できるだけ生地への負担を減らすとさらにキレイな仕上がりになります。

【アクリルの洗濯方法】手洗いの手順は?

洋服を手洗い
用意するもの
必須
洗面器(洗面所のシンクでも可)
『エマール』などのおしゃれ着洗剤
洗濯ネット

大切にしたいアクリルの洋服は、基本的に「手洗い」で洗うのがおすすめです。洗濯機で洗うよりも時間の長さ、洗う強さを調整できるので生地にやさしいです。

洗剤も『アタック』などの通常の洗剤ではなく、シワやヨレ、毛玉ができにくい『エマール』などのおしゃれ着洗剤を使います。準備がととのったら、次の手順で洗いましょう。

アクリルを手洗いで洗濯する方法

セーターの洗濯
洗面器に洗浄液をつくり、なかで押して汚れを溶かし出します。汚れが気になる部分には洗剤を直接つけておくのもいいですよ。

洗浄液をつくる

洗面器に水を張り、水量にあわせて洗剤を入れる。お湯やぬるま湯を使わないこと。

つけおき洗いか押し洗いする

服を裏返して平たくたたんみ、洗浄液に浸す。そのまま放置してつけおき洗いするか、手の腹で押したり浮かせたりして洗う。

洗剤をすすいで脱水する

洗面器にキレイな水を張り直し、衣類についた洗剤をすすぐ。洗濯ネットに入れて、洗濯機で10秒ほど脱水にかける。

柔軟剤を含ませて脱水する

最後の仕上げに、柔軟剤を溶いた水にサッと浸し、再び10秒ほど脱水すれば完了。

ポイントは「強くもんだりこすったりしない」「脱水を短時間ですませる」の2つです。やさしく手早く洗ってあげましょう。

また、仕上げに柔軟剤を使うと静電気の予防につながるので、空気中の汚れを引きよせにくくなりますよ。

洗濯したアクリルの衣類の干し方は?乾燥機を使ってもいいの?

洗濯乾燥機
アクリルの洗濯でとくに注意したいのが「熱」

アクリルは変形しやすいので乾燥機の熱で傷んでしまう可能性があります。また、回転する力で伸びることも考えられます。

梅雨時期など、ジメッとして乾きにくいシーズンはつい乾燥機を使いたくなりますが、できるだけ風通しのよい場所で「平干し」して乾燥させましょう。

アクリルにアイロンがけはOK?

アイロン台とあて布
アクリルはもともとシワがつきにくい素材ではありますが、もしシワが気になる場合はアイロンをかけてもOKです。

ただ、そのときも「熱」には注意。温度を「低温(90〜110℃)」に設定したうえで、さらにあて布をしてからアイロンをかけましょう。

熱で溶けてテカらないか心配なら、アイロンの「浮かしがけ」をするのもおすすめ。生地から1cmほどアイロンを離し、スチームだけを含ませていきます。あとはその水分が乾くまで放置したら完了です。

アクリルの洗濯は「ていねい」を心がけて

セーター 服 洗濯 たたむ
アクリルの洗濯方法は、ウールを扱うようにできるだけ「ていねい」を意識するのが大切です。

おすすめの洗い方は「手洗い」。時間がない人は洗濯機で脱水時間に注意しながら洗いましょう。あらかじめ洗濯表示の確認を忘れないでくださいね。

ていねいに洗ったら縮みが少なく、いつまでもおしゃれな洋服を楽しめますよ。