運動するときに活躍するウインドブレーカー。なかには、ちょっとした外出にはおっているという人もいるのではないでしょうか?

あまり汚れにくいアイテムではありますが、汚れてしまったときはどうやって洗ったらいいか困ってしまいますよね。

ウインドブレーカーをキレイにするにはちょっとしたコツがあります。正しい手順で洗えば、おうちでも機能を損なわずに汚れだけをスッキリ落とせますよ。

ウインドブレーカーは家で洗濯できる?

ウインドブレーカー

一般的なウインドブレーカーは、ほとんどのものがおうちで洗えます。洗濯しやすいナイロンなどの合成繊維からつくられた丈夫な生地なので、それほど心配しなくても大丈夫です。

ナイロンなどの合成繊維は汚れもつきにくいので、汗や皮脂、土ボコリなどは簡単に落とせます。

ただ、高価なウインドブレーカーは特殊な繊維を使っていてうちでの洗濯には不向きな場合もあるので、事前に洗えるかどうかを確認しておくことをおすすめします。

ウインドブレーカーの洗濯表示をチェック!

洗濯表示 水洗いの可否

最初に、手元のウインドブレーカーをおうちで洗えるか、洗える場合は何に気をつけたらいいのかを確認しましょう。

水洗いできるマークはあるか?

「数字の書かれた四角い形」や「水の張ったたらいの形」のマークがついていれば、おうちで水洗いできる証拠。ほかの洋服と同じように洗濯機で洗えます。

手洗いする必要があるか?

たらいの形に、「手洗イ」という文字や「手の平のイラスト」が入っていれば、洗濯機ではなく手洗いしたほうがいいことを表しています。デリケートな素材なので、やさしく洗ってあげてください。

ウインドブレーカーの洗濯方法|必要なものは?

ドラム式洗濯機 洗剤
用意するもの
洗濯機で洗うとき
『エマール』などの中性洗剤
洗濯ネット
手洗いで洗うとき
『エマール』などの中性洗剤
洗面器かバケツ

ウインドブレーカーを洗うときは、ふだんの洗剤ではなくおしゃれ着用の中性洗剤を使います

手洗いでも洗濯機を使うときも同じなので、常備しておくとほかのおしゃれ着も洗えて便利ですよ。

ウインドブレーカーの洗濯方法|洗濯機での洗い方は?

洗濯機 洗面所

洗濯機を使って洗うときのポイントは「コース選び」。普段使うコースを選ぶのではなく「手洗いコース」「ドライコース」などやさしく洗えるコースを選びましょう。

ネットに入れる

ファスナーなどはすべて閉じ、たたんでネットにいれる。

中性洗剤で洗濯する

「ドライコース」などのやさしく洗えるモードで洗濯機にかける。

脱水の前に取り出す

脱水はせず、すすぎが終わったらすぐに取り出す。

お風呂場などで干す

水が滴ってもいい、お風呂場に干したら完了。ある程度水が切れたらベランダに出すとさらに乾きが早くなる。

ウインドブレーカーは水をたくさん吸収するわけではないので脱水はあまり効果がありません。洗濯機の負担が大きくなるのですすぎが終わったら取り出しましょう。

ウインドブレーカーの洗濯方法|手洗いの手順は?

洋服を手洗い

手洗いするときは、ジャブジャブと押し洗いで汚れを浮かすのがポイント。軽く洗うだけでもキレイになります。

洗浄液を用意する

バケツや洗面器などに水をためる。シンクに水を張るのでもOK。水量にあう量の洗剤を溶かす。

押し洗いする

ウインドブレーカーをいれ、3〜5分ほど手のひらで押す。

すすぐ

洗浄液を流し、キレイ水を入れ直してよくすすぐ。洗剤を残さないように3回以上すすぐと安心。

干す

お風呂場などで干す。タオルなどで水気を切ってから外に干してもOK。

手洗いのときはすすぎを念入りにやるのが成功のコツ。洗剤を残すと撥水効果がなくなってしまうこともあるので注意してください。

ウインドブレーカーの洗濯で注意することは?

注意点 チェック

ウインドブレーカーの洗濯を成功させるには、次のポイントをよく確認して進めるのがコツです。

必ず中性洗剤を使う

『エマール』などのおしゃれ着用の中性洗剤が手元にないと、ついふだんの洗剤を使いたくなりますがこれはNG。ウインドブレーカーの生地を傷めて、撥水加工を弱めることがあります。

中性洗剤はデリケートな服を洗うときに使い勝手がいいので1本用意しておきましょう。

柔軟剤や漂白剤は使わない

漂白剤はもちろん、柔軟剤も生地を傷める原因になります。ウインドブレーカーは水を吸い込まないので漂白剤や柔軟剤を使ってもなじまないどころか、色落ちや撥水効果がなくなります。

脱水はしない

ウインドブレーカーは脱水しても意味がありません。むしろ、遠心力による強い力がかかって生地が傷む原因になります。もともと速乾性があるので、脱水せずにタオルなどで軽く水気をとるだけで十分です。

ウインドブレーカーの撥水効果を戻す方法は?

ドライヤー

ウインドブレーカーを洗濯したあと、撥水の効果が弱くなったかな、と感じることがあるかもしれません。これは、表面の撥水加工が流れてしまったわけではなく、一時的に効果が弱まっているだけです。

この場合、ドライヤーを用意して、熱風をかけるだけで撥水加工がよみがえります。数秒くらいでいいので熱風を当てるだけなのでとっても簡単。ドライヤー以外では、アイロンを低温にしてあて布をしたうえでかけるのでも同じ効果をえられますよ。

ウインドブレーカー以外でも、傘やコートなど撥水加工されているアイテムであれば、この方法で効果を復活させることができます。撥水が弱いと感じたらまず試してみてくださいね。

ウインドブレーカーの洗濯が不安ならクリーニングでもOK

洗濯 クリーニング

ウインドブレーカーをおうちで洗濯できるとわかれば、雨の日も暖かい日も汚れを気にせず使うことができますね。

ただ、おうちでうまく洗濯できるか不安がある場合や、高価なウインドブレーカーなので安全に洗いたいという場合は、クリーニングに出す方法もあります。

専門店であればキレイにしたあと撥水加工を施してくれるので、使い込んだウインドブレーカーが新品のようになって戻ってきますよ。