ズボンのたたみ方に迷っていませんか?似たようなズボンがいっぱいあったり、シワを付けたくないものは分類したかったりと片付けも大変ですよね。ズボンはたたみ方ひとつでも、引き出しにしまうのをラクにできるんです。

そこでここではズボンのたたみ方をご紹介します。

ズボンのたたみ方のコツは「素材でわける」

引き出し たたむ 洋服 仕切り

たんに「ズボン」と言ってもいろいろな種類がありますね。

たたみ方のポイントは、「ズボンの種類でたたみ方を変えること」。ジーパンなどは少々雑にたたんでもシワになりませんが、スラックスなどは変なシワができやすいのでたたみ方を使い分けます。

一度慣れれば同じ大きさにたたむのも簡単になります。雑誌のような素敵な引き出しになりますよ。

ズボンの基本的なたたみ方は?


ここでは、基本となるたたみ方をご紹介します。ジーパンや子供用のズボンなど、シワのつきにくいものは手軽なこのやり方でたたみましょう。ポイントはひとつでも立つくらいにコンパクトにたたむことです。

ズボン たたみ方

縦半分に折る

足と足が重なるように、半分に折る。

股の縫い目を内側に折る

三角に飛び出た縫い目部分を折り、長方形に整える。

上下から3分の1ずつ折る

三つ折りにしたら完成。

③のステップでは引き出しやズボンの大きさに合わせて、3つ折りや4つ折りに調節してくださいね。

また、②の長方形をつくったあとに、コロコロと丸める方法もあります。丸い束になれば立てる収納で引き出しにポンポンと置いていくだけでスッキリきれいな収納になります。

シワをつけたくないズボンのたたみ方は?


ズボンのなかには、スラックスのようなデリケートなものもありますね。シワを付けたくないズボンはたたみ方を少し工夫しましょう。

前後に開いて置く

折り目に沿うように、前後に開く。チャック部分は内側に折り込む。

形を整える

シワにならないように形を整える。折り目がまっすぐになっているか確認する。

4つ折りにする

ていねいに2回半分に折って完了。

コツは「折り目に沿ってたたむこと」です。スラックスなどをたたむのは少しだけていねいさが必要なので、手が空いた時間にまとめてやるといいですよ。

たたんだスラックスは重ねて収納すると重みでシワがつくので、できるだけ重ねずに収納するか、上の方に収納するのがおすすめです。

ワンポイント

エコなわざあり

たたんだズボンにシワがついたときは?

アイロン シワ

ズボンに限らず、衣類にシワがついたときの直し方といえば「アイロンがけ」ですね。

高温でかけるとテカリが出てしまう場合があるので、「低温から徐々に温度を上げていく」のがポイント

シワがよりやすい膝周りは入念にアイロンがけしてあげましょう。なかなかシワが取れなければ、裏返して両面にアイロンを当ててもOK。

スチーム機能も活用すればキレイにシワを伸ばせますよ。

ズボンはたたまずにしまってもいいの?

ズボンハンガー

スラックスなどのデリケートな素材のズボンは、シワにならないようにたたまずに収納する方法もあります。

それはハンガーにかけてクローゼットに入れる方法です。

普通のハンガーにかけるのもいいですが、幅が足りなかったり、使い勝手が良くなかったりと不便な点があります。「ズボン用ハンガー」「スラックスハンガー」という名前で専用のアイテムが販売されているのでぜひ取り入れてみてくださいね。

ズボンのたたみ方を変えて朝の支度をラクに

ズボンの収納

ズボンは数が多いとつい雑多な収納になってしまいがちですね。きちんとたたんで引き出しに入れておけば、どこに何があるか見つけやすく取り出しやすくなります。

専用のハンガーなども取り入れて、たたむもの、たたまないものをしっかり分けてあげると、よりスッキリしますよ。

出かける直前で目当てのものをバタバタと探すことがなくなって、朝の忙しい時間も余裕をもって過ごせますね。