リネンなどの麻素材は、ナチュラルな風合いがおしゃれですが、シワがつきやすいのが悩みのタネ。

お気に入りのシャツやブラウスを洗濯したらしわくちゃになってしまった!と困った経験はありませんか?

そこで今回は麻にできたシワをスッキリ伸ばすアイロンのかけ方をご紹介します。

麻素材(リネン)にアイロンをかけていい?

アイロンマット アイロンがけ

リネンなどの麻はシワがつきやすい素材ですが、洋服によっては独特の雰囲気が出るので、シワを伸ばさずに着ている人も多いですよね。

麻素材にアイロンがけをするイメージはあまりないかもしれませんが、とても丈夫な天然繊維なのでアイロンがけをしても大丈夫です。

アイロンのかけ方を覚えておくと、これまではシワを楽しんでいた服も、新たな楽しみ方が見つかるかもしれませんね。

麻素材(リネン)にアイロンをかけるときの温度や手順

アイロンマット タオルを敷く スチームアイロン コードレス

麻素材にアイロンをかけるときの基本の手順をご紹介します。

丈夫な生地なので基本的にはテカリや色落ちなどの心配はほとんどありませんが、一度洗濯表示を確認して麻以外のデリケートな素材が混ざっていないことを確認しましょう。

高温に設定する

麻100%であればアイロンを高温に設定する。念のため洗濯表示を確認して、温度を調整すると安心。

台に広げる

シワのついた衣類をアイロン台に広げ、手で伸ばしておく。

引っ張りながらアイロンがけする

アイロンをもつのと反対の手で生地を引っ張りながらアイロンをかける。スチームも使うと効果的。

冷めるまで待つ

熱いうちに動かすとシワができやすいので、冷めるまで少し待ったら完了。

シワが落ちにくい麻素材は、アイロンを一方向にこまめに動かして少しずつキレイにしていくのがポイント。往復したり蛇行させたりするとシワがよりやすいので気をつけてくださいね。

麻素材(リネン)のアイロンがけのコツ

ひらめき ポイント

麻にできたシワは衣類のなかでも特にガンコ。効果的に取るために、次のポイントでアイロンの効果を最大限高める必要があります。

温度を「高温」に設定する

デリケートな素材と混ぜてつくられた繊維でなければ、一番温度の高いコースを選びましょう

麻は綿と同じく天然の植物繊維。かなり丈夫なので雰囲気を損ねることなくシワを伸ばせますよ。高温を使うのに不安があれば、あて布をすると安心です。

霧吹きを使う

アイロンのスチーム機能を使うのもいいですが、水蒸気だとすぐに蒸発します。もっとしっかりシワを伸ばしたいときは、霧吹きで直接水を含ませるのが効果的

霧吹きを使うとその分アイロンの熱が冷めやすいので、コードレスのアイロンはこまめに充電しながら進めましょう。

冷めるまで待つ

しわくちゃだったシャツがピンとキレイに整ったら、すぐにたたまず冷めるまで待つのがポイント。形が定着するまで待つと、よりキレイな仕上がりになります。

アイロンがけするものが多くある場合はハンガーで吊っておくとシワがつきにくいですよ。

麻素材(リネン)は洗濯の工夫でアイロンがけがラクに

洗濯物の干し方 

アイロンがけの手間を省くには、洗濯のときからひと手間くわえることが大切。生地が自然と伸びるように工夫すれば、麻のやわらかい雰囲気を保ったまま自然な仕上がりに。

洗濯はたたんでネットに

麻は強い生地なのでそのまま洗濯機にいれても問題ありませんが、水流やほかの洗濯物とからまってシワの原因になります。

たたんで洗濯ネットに入れて洗うと生地に強い力がかかるのを防ぎ、シワの予防ができますよ。

脱水は短時間で

実は生地に一番強い力がかかるのが、「脱水」のときです。シワができる大きな原因となるので、10秒ほどとごく短時間ですませましょう

麻素材は水はけがいいので、脱水はしなくても大丈夫。水が切れるまでお風呂に吊っておくと自重でシワが伸びます。水が垂れなくなったらベランダに移動させましょう。

手で伸ばしながら干す

干すときは軽く振って生地に空気をふくませてあげると、シワができにくくなります。

ハンガーなどにかけたあと、手でシワを伸ばしておくとさらに効果的です。

麻素材(リネン)のアイロンはコツをおさえれば簡単

麻 シャツ

リネンなどの麻素材は、シワができやすくて手入れが大変なイメージがあるかもしれません。

でも、麻素材のシワは霧吹きをかけながら高温のアイロンを当てればスルスル伸ばせます。洗濯のときからシワを防ぐ工夫をしておくと、あとのケアがぐっとラクになりますよ。

お気に入りの服がもっと気楽に着られるようになり、いろいろなコーディネートを楽しめますね。