急な雨で子供の送り迎えが…というときに、大活躍してくれるレインウェアやレインコート。

でも、頻繁に使っていても特に洗ったり手入れしたりしたことがないという人も多いのではないでしょうか?

今回は、レインウェアの洗濯の仕方や撥水効果の維持のさせ方などをまとめてご紹介します。

レインウェアっておうちで洗濯できるの?

ゴアテックス

特殊な加工がされているように感じるレインウェアですが、おうちで洗濯することができます

レインウェアについた汗や泥の汚れを放置していると、生地が傷みやすくなります。また、汗や湿気を逃すための穴がふさがれてしまうので、透湿機能も低下してしまいます。

レインウェアは定期的に洗濯することで透湿効果や水をはじく撥水効果を長持ちさせることができますよ。

レインウェアは洗濯前に表示を確認しよう

洗濯表示 水洗いの可否

洗濯する前には必ず洗濯表示を確認しましょう。

ほとんどのレインウェアは自宅で洗えるようになっていますが、なかには洗えないケースもあるので事前チェックは忘れずに。

また、水洗いできるものでも洗濯機で洗えるのか、手洗いをするしかないのかなど違いがあるので洗い方にも注意しましょう。

レインウェアの洗濯|必要なものは?

洗濯ネットとバスケット

用意するもの
必須
『エマール』などの中性洗剤
洗濯ネット
あると便利
レインウェアの専用洗剤

レインウェアは普通の衣類に比べるとデリケートなので、普段遣いの洗剤よりは『エマール』といったおしゃれ着洗い用中性洗剤を使うのがおすすめ。

ただ、お気に入りの高価なレインウェアを洗う場合は専用洗剤を使うほうが安心ですよ。今後のためにも専用の洗剤を1本用意してみてください。

レインウェアの洗濯|正しい手順は?

洗濯機のボタン

ここではレインウェアを洗濯機で洗うケースを紹介します。

洗濯機を使う場合はできるだけ生地を損ねないようにすすぎを多めにして、脱水はしないようにしましょう。

下準備をする

ファスナーとマジックテープをすべて閉じる。収納できるフードがあれば取り出す。

洗剤を入れて洗濯する。

洗剤の表示通りの量を入れる。

すすぎを多めにして洗濯する。

すすぎの回数を洗剤の表示の2倍にして洗濯スタート。

脱水の前に取り出す

レインウェアは水を通さないので脱水すると洗濯機に負担がかかる。脱水する前にレインウェアを取り出す。

陰干しする

風通しのいい陰に干す。

紫外線は生地にダメージを与えてしまうので、日陰で干すようにしましょう。

レインウェアを洗濯するときの注意点は?

レインウェアのせっかくの撥水効果が弱くならないように、洗濯する際は次のポイントに気をつけてください。

洗濯石けんを使わない

ウタマロ石鹸

『ウタマロ』などの洗濯石けんは、汚れ落ちはいいものの、石鹸成分をすすぎ落としにくい特徴があります。

石けんカスが残るとレインウェアの内側の水分が逃げにくくなるので使わないようにしましょう。

できるだけぬるま湯を使う

シンク 蛇口 お湯 

40℃くらいのぬるま湯を使って洗濯すると洗剤が溶けやすくなります。

洗剤が残りにくくなるので、お風呂の残り湯などを使って洗濯するといいですよ。

レインウェアは洗濯したあとどう保管する?

レインウェアを長く快適に使うには使っていないときの保管の仕方が大切です。

次の2つのことに気をつけて保管するようにしましょう。

高温多湿を避ける

駐車場 物置 ガレージ

どんな衣類でも高温多湿のところで保管するとカビやシミができやすくなります。

車の中や屋外の倉庫など温度が上がりやすく湿気がたまりやすい場所には保管しないようにしましょう。

ハンガーにかけておく

ハンガー

たたんだり圧縮したりして保管しているとシワがついたり、生地が傷んだりすることがあります。

レインウェアの収納袋などに入れずハンガーにかけるようにしましょう。

洗濯したレインウェアの撥水力を復活させる方法って?

なんども着たり洗濯すると撥水力が落ちるのはある程度仕方のないこと。でも実は、熱を加えると撥水効果が復活するんです。

そこでおうちでできる簡単な撥水効果を復活させる方法をご紹介します。

● 乾燥機にかける

新洗濯表示 タンブル乾燥

洗濯表示を確認して乾燥機にかけてもいいなら、おうちやコインランドリーの乾燥機にかけるのがおすすめ。

乾燥機の熱で撥水効果が復活したりシミ発生を予防できたりしますよ。

右の画像のようにばつ印がついていれば乾燥機は使えないので注意しましょう。

● アイロンをあてる

アイロン

アイロンの熱もレインウェアの撥水効果の復活には効果的。低温で当て布をしてアイロンをかけましょう。

同じ場所をずっと温めて風合いを損ねないように注意してくださいね。

● 撥水スプレーを使う

スプレー

上の熱を使う方法を試してみても撥水効果が復活しなかったら専用アイテムを使いましょう

洗濯をしてキレイになったレインウェア全体に薄く均等にふって使います。乾燥したら同じ工程を4〜5回繰り返します。

レインウェア上下の一回の撥水加工で330mlのスプレー1本がなくなるほどたくさん使いますよ。

レインウェアは洗濯すれば長持ちする

ウインドブレーカー

レインウェアは家で洗濯できないように思えますが、実は洗濯した方が撥水効果も維持できて長持ちするようになるんです。

水を通しにくいレインウェアの性質や熱の力を使えば撥水効果が復活することを忘れずにお手入れしてくださいね。

レインウェアの洗濯やお手入れの方法を知れば、お気に入りのレインウェアをキレイに長く使えますね。