サラダや炒めものなどでよく使うキャベツ。何気なく冷蔵庫に入れていますが、いざ食べてみるとシオシオでなんだかおいしくない…と感じた経験はありませんか?

そこで今回は、キャベツを冷蔵庫で上手に保存する方法をくわしく説明します。

キャベツは冷蔵庫で保存した方がいいの?

キャベツの切り方と保存
キャベツは、0〜5℃と涼しい気候を好む野菜なので、冷蔵庫での保存が適しています

ただし「野菜室」に入れるのはNG。5〜10℃と高めの温度に設定されているので、室温が0〜5℃の「冷蔵室」で保存するのがポイントですよ。

また、キャベツは乾燥が苦手な野菜。乾燥した冷蔵室にそのまま入れるとしなびてしまいます。

湿度を保つ対策をすれば、鮮度やおいしさを保ちながら、より長く保存できるんですよ。

キャベツの冷蔵庫での保存方法は?

キャベツの切り方と保存
キャベツを冷蔵保存するときは、丸ごとがおすすめですが、1/2や1/4にカットしたキャベツも保存できます

ここからは、丸ごと保存するときとカットしたものを保存するときの2通りのやり方を、それぞれご紹介しますね。

キャベツの丸ごと冷蔵保存のやり方

キャベツを丸ごと保存するときは、キッチンペーパー・新聞紙・ポリ袋を使用します。新聞紙がなければキッチンペーパーでも代用できますよ。

① キャベツの芯をくり抜く

キャベツは中心から水分が抜けていくので、まずは包丁の刃先で芯をくり抜きます。

キャベツの切り方と保存
キャベツの芯がある方を上にして置き、芯に沿わせながら、キャベツの中心に向かってななめに切り込みを入れます。

キャベツの切り方と保存
向きを変えながら5〜6回ほど切り込みを入れます。だいたい芯を1周すればOK。

キャベツの切り方と保存
芯を回すようにすると、カポッとキレイに取れますよ。

② 濡らしたキッチンペーパーを詰める

キャベツの切り方と保存
①でくり抜いた穴に、濡らしたキッチンペーパーを詰めておきます。こうすることで、葉の水分を保ち、みずみずしい状態をキープできます。

③ 軽く濡らした新聞紙で包む

キャベツの切り方と保存
湿らせた新聞紙で、キャベツを包みます。

④ ポリ袋に入れる

キャベツの切り方と保存
ポリ袋に入れて口を結びます。

キャベツの切り方と保存
このとき、キャベツに呼吸をさせるため、ギュッとしめず軽く閉じるのがポイントです。

⑤ 芯のあった部分を下にして冷蔵庫へ

キャベツの切り方と保存
キャベツを冷蔵庫に入れるときは、芯のあった方を下にしましょう。実際にキャベツが生えていたときに近い形にしておくことで、より長持ちしますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

時間がないときのキャベツの芯の処理法

キャベツの切り方と保存
キャベツの芯を取るのには、包丁の扱いに慣れていないと時間がかかりそうですよね。

そんなときはキャベツの芯取り器を使うのも1つの手。芯に沿って上下に動かせば、簡単に取り除けます。

また時間がないときは、芯につまようじを3〜4本立ててもOK。成長点に指すことでキャベツの成長を抑制でき、長持ちさせられるんですよ。

カットしたキャベツを冷蔵保存する方法

キャベツの切り方と保存
スーパーなどには1/2や1/4にカットされたキャベツもありますよね。

ラップに包まれているのでそのまま冷蔵庫に入れる人もいますが、キャベツが呼吸できず、劣化が早まってしまうので、以下のように保存するといいですよ。

① ラップを取る

キャベツの切り方と保存
キャベツを覆っていたラップをはがします。

② 軽く濡らした新聞紙で包む

キャベツの切り方と保存
湿らせた新聞紙でキャベツを包みます。

③ ポリ袋に入れ冷蔵庫へ

キャベツの切り方と保存
ポリ袋へ入れて、軽く口を閉じて冷蔵庫へ入れます。

冷蔵保存したキャベツの食べ方は?

冷蔵保存したキャベツを長く持たせるには、食べるときの扱いにも気をつけてください。

丸ごと冷蔵保存したときの食べ方

キャベツの切り方と保存
丸ごと冷蔵保存したキャベツは、1/2や1/4にカットせず、必要な分だけ外側から剥がして使用します。

カットしてしまうと切り口から酸化していくので、味が落ちて保存期間が短くなってしまいます。

残った分も長持ちできるよう、1枚ずつ剥がして使うといいですよ。

カットして冷蔵保存したキャベツの食べ方

キャベツの切り方と保存
カットされたキャベツは、正しく保存していても、切り口が酸化して黒ずむことがあります。

そんなときは、断面を切り落としてから調理に使ってください。

冷蔵保存したキャベツの日持ちは?

キャベツの切り方と保存
冷蔵庫で丸ごと保存したキャベツは2週間ほど日持ちしますが、カットされたキャベツは2〜3日程度。なるべく早めに食べるようにしてください。

もっと長く保存したときは、冷凍保存という方法もあります。1ヶ月ほど日持ちしますが、水分がとんでシャキシャキとした食感がなくなるため、サラダなどには向きません。

炒めものや和え物などに使用するのにはいいので、冷蔵保存と冷凍保存をうまく使い分けてくださいね。

ギモン

エコなわざあり

千切りなどにカットしたキャベツは冷蔵保存できる?

キャベツの切り方と保存
カットしたキャベツは冷蔵保存できますが、空気に触れる切り口が多いため、ラップなどで密閉して保存したとしても、変色したりシナシナになったりします。酢やレモン汁を混ぜたり、水に浸したりしておくと、2〜3日は持ちますが、早めに食べるのがおすすめです。

キャベツの切り方と保存
シャキシャキ感がなくてもいいスープなどの料理に使うなら、冷凍する方法もあります。正しく保存すれば、1ヶ月ほど日持ちしますよ。

キャベツは冷蔵庫に芯を取って入れて保存

キャベツの切り方と保存
キャベツを冷蔵庫に入れて保存するなら、芯をくり抜くなどの対策をすれば、シャキシャキ感を失わず、おいしい状態で保存できますよ。

長持ちさせられたら食費の節約にもつながるので、ぜひこの機会に正しい保存方法を覚えてくださいね。