ロールキャベツや和え物を作るときは、キャベツを茹でてしんなりさせると、調理がはかどります。

ただ、「茹でる」といっても茹で方がわかりにくいですよね。

そこで今回は、料理の下ごしらえとして覚えたい「キャベツの茹で方」を紹介します。

キャベツの茹で方

キャベツは、茹でるとやらわかくしんなりします。ロールキャベツや、和え物の下ごしらえに使う方法で、下茹でともいいますよ。

以下では「キャベツ1玉まるごと茹でる」方法と「葉を1枚ずつ茹でる」方法を紹介します。ぜひ覚えてくださいね。

【まるごと茹でる方法】

① 芯をくり抜く

キャベツ 芯 取る

② 鍋に半分くらい水をはりお湯を沸かす。芯の部分を下にして鍋に入れ、30秒ほど茹でる

キャベツ 茹でる 茹で方 まるごと おさえる
※浮くのでトングなどでお湯に浸ける

③ 上下を逆にし、さらに30秒茹でる

キャベツ 茹でる 茹で方 まるごと 裏返す

④ 自然と葉がはがれてくるので取り出す

キャベツ 茹でる 茹で方 まるごと 葉をはがす

⑤ ザルや網に置き、粗熱をとる

キャベツ 茹でる 茹で方 まるごと 葉を取り出す

⑥ 内側の葉も少しずつはがれるので、都度取り出して粗熱をとる

キャベツ 茹でる 茹で方 まるごと

完成

キャベツ 茹でる 茹で方 下茹で
【葉を1枚ずつ茹でる方法】

① 根元近くで切り込みをいれ、葉をはがす

キャベツ 切り方 葉のはがし方
キャベツ 切り方 葉のはがし方

② 沸騰したお湯に固い芯から入れ、30 秒ほど煮る

キャベツ 茹でる 茹で方 葉

③ トングを使ってお湯の中を泳がせて火を通す

キャベツ 茹でる 茹で方 葉

④ 取り出し粗熱を取って完成

キャベツ 茹でる 茹で方 葉

用途によって茹で時間を変えよう

キャベツ 茹でる 茹で方 まるごと
今回は30秒茹でました。予熱で火が通るので、キャベツ特有の歯ごたえを少し残しつつ、食べやすい状態にできました。

茹で時間を以下のように変えることで硬さが変化するので、用途によって調節してくださいね。

■サラダ →10〜15秒
■硬め 30秒
■通常 45秒
■やわらかい 1分〜2分

キャベツを茹でて取り扱いやすくする!

キャベツ 茹でる 茹で方 下茹で
生だと張りのあるキャベツの葉を茹でてしんなりさせると、扱いやすくなります。

やさしい甘みも出るので、茹で方を覚えて日々の料理に活かしてくださいね。