いろんな料理に活用できるオーブンレンジ。機能がたくさんあるので、いろんな汚れが付きがちです。

いつの間にか茶色く固まった汚れや焦げの跡などを見つけて「どうやって掃除するんだろう?」と困ることってありますよね。

そこで今回はオーブンレンジの掃除を実践てみました。ちょっとしたコツを含めて参考にしてみてください。

オーブンレンジの頑固な汚れは一体何?

レンジ

オーブンレンジにこびりついた汚れの正体は、温めたときの料理から出た吹きこぼれや油のハネなどが固まったもの。使う度に温められ、時間がたって焦げのようにこびりついているんです。

汚れを放っておくとイヤな臭いが発生し、せっかくの料理に移ってしまうことも。加熱の効率が悪くなったりといいことが何もないので、気になったタイミングでぜひキレイに掃除してあげましょう。

オーブンレンジの掃除|必要なものは?

メラミンスポンジ
必須
『激落ちくん』などのメラミンスポンジ
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
スポンジ
雑巾

今回使ったのは、食器用洗剤やメラミンスポンジなどいたって普通の掃除道具。

オーブンレンジの頑固汚れには心もとなく感じるかもしれませんが、使い方に少し工夫をすることで十分キレイにできるんです。

オーブンレンジの掃除|基本的な汚れの落とし方

オリジナル 電子レンジの掃除

オーブンレンジの内部についた茶色い汚れは、ただこすっただけではのびて広がるだけでほとんど取れません。そこで大切なのが一度「ふやかす」という点。

「水を温めてスチームを充満させ、ふやけた汚れをこすり落とす」ように工夫し、汚れを落としていきましょう。

最近のオーブンレンジはスチームを使った調理機能がついています。給水タンクがついていればその機能を活用するだけで簡単にできますよ。

① スチームを充満させる

レンジで水を温める

スチーム機能を使うか、コップ1杯の水を3〜5分ほどレンジで温め、庫内を蒸気で満たします。

温め続けて沸騰しても止めなくて大丈夫。庫内がびしょびしょになるくらいになると掃除がしやすくなりますよ。

レンジの給水タンク

レンジによっては「お手入れコース」などの機能がついている場合も。この機会に操作の仕方を覚えておけばいつでも掃除にとりかかれますね。

② 外せる部品を洗う

オーブンレンジの水受け

冷めるまで5分ほど待ち、給水タンクや排水トレイ、プレートなど外せる部品をレンジから出します。

お皿を洗うのと同じ要領でスポンジと洗剤を使って洗いましょう。スチームで汚れがゆるんでいるのでスルッと落ちますよ。

③ 庫内をメラミンスポンジでこする

レンジをメラミンスポンジで掃除

次に、底面や扉の内側の頑固な汚れを中心にメラミンスポンジでこすり落とします。

ひどく汚れている場合は、キッチンペーパーなどであらかじめ拭き掃除しておくのがおすすめです。

④ 拭き取る

レンジの庫内を拭く

最後に取れた汚れと水滴を雑巾で拭き取って仕上げましょう。

しばらく扉を開けっ放しにして、中を乾かしたら完了です。

今回は「水蒸気でふやかしてから、拭き取る」だけでもほとんどの汚れが取り除けました。

十分ふやけていればたいていの汚れは落とせますが、落ちにくいときは次で紹介するコツを取り入れてくださいね。

オーブンレンジの掃除|焦げ汚れの落とし方

長く使っているオーブンレンジでは、なかなか汚れが取り切れないことも。もっとキレイに仕上げたい場合は、次の場所をより丁寧に掃除してみましょう。

レンジ内の底面

クレンザー

底面の焦げ付きが取れない場合は『ジフ』などのクレンザーでこすり落とす方法がおすすめ。汚れがひどい場所に軽くふりかけ、クシャクシャに丸めたラップでこすりましょう。

クレンザーには細かな顆粒が入っていて、汚れに絡みついて削り取る力があります。ラップを丸めたものでこすることで顆粒が効果を発揮して、汚れをはがし取ってくれるんです。

レンジの外側

レンジの拭き掃除

つい庫内だけに目が行きがちですが、オーブンレンジの外側には手垢やホコリなどの汚れもたくさんついています。

水拭きでいいので、全体を軽く拭いて仕上げましょう。手の触れる場所や側面の吸排気口を中心に汚れが落とせば大丈夫です。

オーブンレンジの掃除|重曹での頑固な汚れの落とし方

重曹

オーブンレンジの掃除では重曹を使って掃除の効果を高める方法があります。重曹は油を分解する力があるのでオーブンレンジの掃除に便利なんです。

やり方は、紹介した方法のコップの水を温めるタイミングで重曹を大さじ2杯ほど混ぜておくだけで大丈夫。

重曹水をつくる

温めた水にも油の分解効果があるので、火傷に注意しながら拭き掃除に使ってみましょう。気持ちいいくらいに汚れがスルスル落ちていきますよ。

重曹は自然由来の安全性の高い素材。口にいれるものを扱うレンジの掃除にもってこいのアイテムです。

オーブンレンジの掃除を楽にするコツ!

電子レンジを拭き掃除

オーブンレンジの汚れがひどくなるのは「吹きこぼれた汚れが放置された」ことが原因です。

フタやラップをして温める

そもそもレンジのなかに汚れがつかないようにするため、レンジを使うときはフタやラップをするのを習慣にするのが効果的です。

庫内に臭いも広がりにくくなるメリットもあるので、レンジ特有のこもった臭いに悩まされることはなくなりますよ。

吹きこぼれはすぐに拭き取る

吹きこぼれに気づいたらすぐにティッシュなどで拭き取ると、汚れがつかずに掃除の手間をはぶけます。気づけなかった汚れは仕方ありませんが、できる範囲で取り除けば、頑固な汚れがつくのはぐっと少なくなりますよ。

オーブンレンジを掃除すれば食事の支度がもっとはかどる

電子レンジを温める

オーブンレンジは毎日の食事に欠かせない調理家電のひとつ。口に入るものを扱うのでできるだけキレイにしておきたいですよね。

キレイなレンジであれば加熱の効率もよくて早く温まるうえに、レンジ特有の油っぽい臭いが料理にうつることもありません。

毎回の食事の支度が気持ちよくすすめられますよ。