ガスコンロに比べて、サッと掃除ができるお手入れ簡単なIHクッキングヒーター。でも、手入れをしないといつの間にか油汚れや焦げつきが目立ってきますね…。

そこで今回はIHクッキングヒーターの掃除方法やガラストップの焦げを落とす方法についてご紹介します。

IHクッキングヒーター掃除に使う道具は?

クレンザー


用意するもの
必須
『ジフ』などのクレンザー
アルミホイル
キッチンペーパー

IHのガラストップについた頑固な油汚れと焦げつきには『ジフ』などのクレンザーアルミホイルを用意しましょう。

アルミホイルタワシの作り方


アルミホイルは丸めると金タワシの代わりに使えます。アルミホイルを15cmほどで切り取ってクシャクシャッと丸めるだけで簡易タワシのできあがり。握りやすい大きさに調節しながら丸めてみましょう。

使い終わったらゴミ箱にポイするだけなので衛生的に掃除できますよ。

IHクッキングヒーターを掃除する方法は?

IHクッキングヒーターのガラストップはデコボコがないので、掃除の方法自体は簡単です。

次の手順で、ピカピカに磨き上げてくださいね。

① 掃除前にIHを冷ます

IHの掃除


料理したあとすぐであれば必ず電源を切り、冷めるのを待ちます。火傷をしないように注意しましょう。

② 焦げつきにクレンザーをつける

IHの掃除


鍋底の跡に合わせて円状にクレンザーをつけます。出しすぎると拭き取るのが大変になるので注意。

③ アルミホイルでこする

IHの掃除


丸めたアルミホイルを使って、焦げついたところを円を描くようにこすります。

IHの掃除


ガラス面を傷つけないように力を入れすぎないのがポイント。

⑤ 乾拭きする

IHの掃除


こすり終えたらキッチンペーパーで拭き取ってクレンザーを取り除きましょう。粉が残りやすいので、しっかり拭き取って仕上げたら完了です。

IHの掃除はエコ洗剤も使える!

IHのガラストップを掃除するにはクレンザーが使い勝手よく効果的ですが、おうちにない場合もありますね。

そんなときはおうちにある「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」などでも代用できます。どちらも使い方が少し異なるので、使いやすい方を選んでくださいね。

重曹をクレンザー代わりにする

重曹ペーストの作り方


「重曹」が手元にあれば、クレンザーの代わりとしてそのまま活用できます。

やり方は重曹と水を2:1で混ぜ合わせた「重曹ペースト」をつくり、それをクレンザーと同じように汚れにつけてこするだけ。指でこすると力を込めやすいですよ。

重曹ペーストとIHコンロ


重曹はアルカリ性の性質があるので、酸性の性質をもつ焦げや油汚れを中和して落ちやすくしてくれます。頑固な焦げつきは重曹ペーストをつけて一晩放置して拭き取ってみてください。

「セスキスプレー」を洗剤代わりに

セスキスプレー


油汚れの拭き掃除を手軽にやりたい!という場合におすすめなのが「セスキスプレー」です。

セスキ炭酸ソーダ1グラムほどを100mlの水に溶かしてスプレーボトルに詰めれば、洗剤に早変わりするんです。

片づけのときにシュシュっと吹きつけて、ティッシュなどで拭き取れば簡単に油汚れが取り除けます。IH以外の掃除にも使えるので、1本用意しておくと何かと重宝しますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

IHを掃除する手間を省くのにマットを使うのは?

IH フライパン

IHに汚れがつくのを防ぐため、ガラストップに貼り付けて使うマットが市販されています。

たしかに汚れをキャッチしてくれるすぐれものですが、実は「IHが鍋の温度を正確に測れなくなる」というデメリットもあるんです。

とくに揚げ物をするときなどは必要以上に温度が上がってしまいます。飛び跳ねやすくなって周囲が余計に汚れたり、火災の原因になることもあるのでできるだけ使用は避けるのがおすすめ

IHの汚れ対策には、こまめな掃除が一番です。簡単でいいので、汚れは都度拭き取るように習慣づけてくださいね。

IHクッキングヒーターは調理後に拭き取る習慣を身につけよう

IH


IHクッキングヒーターは毎日使っていればどうしても汚れてきます。でも、油やふきこぼれなどがついたときに拭き取ってさえいれば、汚れがひどくなることありません。

毎日食器を洗ったあとに、流し台と一緒にIHクッキングヒーターもサッと水拭きしてみてはいかがでしょうか?汚れてないように見えても最後の水拭きを習慣づけるだけでピカピカのIHコンロを維持できます。

IHクッキングヒーターをキレイを保つポイントは、「汚れたら拭く」です。キレイなキッチンを守って、気分よく料理をしてくださいね。