コンロは毎日の食事の支度で使いますね。とくに鍋を支える「五徳」は油汚れが焦げ付いてベトベトになっていると思います。

頑固な汚れがついた五徳を掃除するのに強力な洗剤は使いたくないという人におすすめなのが「重曹」です。ナチュラル成分でもスッキリきれいにできますよ。

今回は重曹で五徳をピカピカにする方法をご紹介します。

五徳が重曹でキレイになるのはどうして?

重曹

「重曹で五徳の汚れがキレイに落とせる」と言われているのは、油汚れを分解し、焦げ付きをはがしとる力が重曹にあるからです。

油汚れの掃除道具として水に溶かしたり、粉のまま使ったりするのが有名ですが、さらに熱を加えると強力に汚れを落とす成分に変化するんです。

普通にこするだけでは全く落ちない汚れでも、重曹の使い方次第でごっそり落とせます。

重曹での五徳掃除には何が必要?

コンロの掃除 鍋

用意するもの
必須
重曹
スポンジ

重曹の力を高めるには「鍋を使って煮る」のがベスト。重曹は口に入れても安全な成分なので、ふだんから料理に使っている鍋を使っても大丈夫です。大きめのものを1つ用意しましょう。

鍋ひとつに五徳が入り切らない場合は、コンロと別にカセットコンロを使って同時進行で煮ると効率的に進められますよ。

五徳の汚れを重曹で落とす方法は?

重曹水を沸騰させる

重曹を使った五徳掃除の大まかな流れは「重曹水で煮て、こすり洗いする」だけです。煮ると重曹の洗浄力が高まるうえ、油汚れがゆるんで落ちやすくなるというわけです。

重曹水を沸かす

五徳がつかるくらいの水を入れ、水1Lに対し重曹大さじ2杯を目安に混ぜて沸騰させる。

五徳をいれる

火傷に注意しながら五徳を鍋にいれ、5分ほど煮る。

冷ます

時間がたったら火を止め、2時間ほど冷めるのを待つ。

スポンジでこする

食器と同じようにスポンジで汚れをこすり落とす。必要があれば洗剤を使う。

すすいで水を切る

流水でよくすすぎ、汚れが落ちたことを確認して完了。

軽く水を切ったら元あったように取り付けましょう。とくに頑固な汚れであれば重曹水の濃度を上げたり、煮る時間を長めにすると効果的です。

五徳が鍋に入らないたときは何に重曹を入れるといい?

シンク

五徳が大きいと鍋に入り切らずに煮れない場合があります。そんなときは「シンクでつけおきする」のがおすすめです。

シンクの排水口に栓をし、沸騰させた重曹水を流し込みましょう。そこに外した五徳を静かに入れて2〜3時間ほどつけおきします。あとは通常の手順と同じようにスポンジでこすって汚れを流せば完了です。

ほかにも2重や3重にゴミ袋を重ね、そこに重曹水を入れてつけおきする方法もあります。

この方法なら火を使わないので五徳を全部一気にキレイにできます。火傷に注意しながら進めてくださいね。

五徳を重曹で掃除するときの注意点とは?

アルミ鍋

五徳を重曹で掃除するときには「使う鍋の素材に注意が必要」です。

アルミ製の鍋は重曹と反応し、黒ずみを起こしたりコーティングを剥がしたりとトラブルの原因になってしまいます。ステンレス鍋かホーロー鍋であることを確認し、重曹水を温めてくださいね。

覚えておきたい

エコなわざあり

五徳は重曹以外でもキレイになる

セスキ炭酸ソーダ

重曹と同じように、水に溶かすとアルカリ性の性質をもつ「セスキ炭酸ソーダ」も油汚れを落とすのに使えます

使い方も基本的に同じで、分量だけことなります。水3Lに大して大さじ1杯を入れて混ぜ、五徳をつけましょう。

セスキ炭酸ソーダも自然由来の掃除アイテムなので、安心して使えますよ。

五徳は「重曹スプレー」でキレイを保つ

スプレー

五徳の汚れがキレイに落ちたら、その状態のままできるだけ長く保ちたいですよね。実はふだんからのちょっとした掃除にも重曹が使えるんです。

水200mlと重曹小さじ1杯を混ぜたものをスプレーボトルに詰めておけば、即席のスプレー洗剤の出来上がり。後片付けのついでに五徳や天板に吹きつけてキッチンペーパーなどで拭き取るだけでピカピカな状態をキープできます。

コンロに立ってすぐ目につく場所にボトルを置いておけば、汚れが気になるときにすぐに掃除できますね。

重曹があれば五徳はいつもピカピカに

キッチン 壁 コンロ 五徳 タイル

毎日使うものなのに、掃除する機会はあまりない五徳。キレイに汚れを落とすのがむずかしいイメージがあって取り掛かるのもイヤイヤになっていたママも多いですよね。

重曹を使えば頑固な焦げ付きも煮るだけでスルッと溶けるように落とせます。一度汚れ落ちを実感したら掃除するのが楽しくなりますよ。

五徳の掃除は3〜4ヶ月に1回を目安にできるといつもキレイな状態を保てます。ふだんからのちょこっと掃除も組み合わせると、いつもピカピカで料理に立つのが楽しみになりますね。