お風呂の掃除で意外とないがしろにされる浴槽の「ふた」。いつの間にか黒カビがついていることも…。

そこで今回は、お風呂のふたにつくカビの取り方や予防法などをまとめてご紹介します。

お風呂のふたのカビは何で取る?

カビキラー お風呂

用意するもの
必須
『カビキラー』などの塩素系漂白剤
あると便利
風呂用のブラシ
ゴム手袋

カビ汚れがひどい場合は、『カビキラー』などの塩素系漂白剤を使います。

あとは溝の多い蛇腹タイプのふたの場合、デコボコに対応できるブラシがあると便利です。最近では100均などでお風呂のふた用に長さがギザギザにカットされたブラシも販売されています。あると掃除がラクになりますよ。

お風呂のふたのカビを取る方法は?

お風呂のフタの黒カビを落とす

お風呂のふたはお風呂の湯気があたりやすい上に、片付けるときは丸めて置くのでしっかりと乾かず、浴槽よりもカビが生えやすくなります。

見つけ次第、『カビキラー』などのカビ取り剤を使ってしっかり除菌漂白してあげましょう。

漂白剤をスプレーする

カビが目立つ場所を重点的に漂白剤を吹きかけて数分待つ。

よくすすぐ

泡を全てキレイに洗い流してカビが落ちているか確認する。

中性洗剤で洗う

中性洗剤を吹きかけてスポンジやブラシでこすり落とす。

よくすすぐ

洗剤が残らないようによくすすげば完了。

お風呂のふたにつく黒カビ

はじめについていたカビも、

お風呂のふたにつく黒カビ(掃除後)

キレイに落ちてもとの真っ白の状態に戻ります。

エコな技アリ!

エコなわざあり

お風呂のふたのカビ取りは重曹も使える

お風呂のフタのカビを重曹で落とす

直接手で触るフタに強い洗剤を使いたくない人は、自然由来のエコ洗剤「重曹」を使ってキレイにしましょう。

重曹の粉末をふりかけてスポンジでこするだけで簡単にキレイになりますよ。研磨効果があるのでカビをキレイに落としてくれます。

ナチュラルクリーニングで汚れを落とせるなら小さな子供がいても安心ですね。

便利グッズを使ってカビからお風呂のふたを守ろう!

頻繁にカビが生えるようなら、掃除の回数も増えて面倒に感じてしまうものですね。そんなときは便利グッズを活用しましょう。

『風呂ブタ洗いブラシ 「掃除の達人」』(マーナ)

スポンジでは洗いにくいお風呂のフタは専用ブラシを使うのが◎。一度に4列のミゾを掃除できて、手早く済ませたいフタ掃除も簡単になる便利グッズです。

『組合せ風呂ふた』(オーエ)

頻繁にカビが生えたり、汚れたりするので掃除が面倒…という人は、ふたを抗菌・防カビ仕様のものに取り替えるのも手です。この機会に清潔なお風呂場をつくりましょう。

『ルック お風呂の防カビ くん煙剤』(LION)

そもそもお風呂場にカビができにくくなる道具もあります。この『お風呂の防カビ くん煙剤』はお風呂全体を隅々までコーティングし、カビができるのを予防してくれる便利グッズです。

風呂のふたにカビがつくのを予防できる?

お風呂のフタを広げて乾燥させる

お風呂のふたを清潔に保ちたいなら、しっかりと乾燥させて水分を飛ばし、カビが繁殖しにくい環境にすることが大切です。

ふたにカビを発生させないようにするには、使ったあとに広げて乾かしたり、換気扇や浴室乾燥機を少し長めにつけておくと効果が高まります。

お風呂からあがるときにフェイスタオルなどでふたの水滴を拭き取り、タオルはそのまま洗濯機に入れるようにしてもいいですね。

少しの工夫で汚れを最小限に抑えられるのでできることから実践してみてください。

お風呂のふたは乾燥でカビを防ぐ

お風呂のフタ 浴槽

お風呂のふたは浴槽とあわせて毎日掃除できればいいですが、忙しいとそうもいきませんね。

できるだけ乾燥しやすい環境をつくってあげて、ふだんからカビ予防に努めましょう。そうすれば、余計な掃除の手間がグッと少なくなりますよ。

まとめ

  1. 風呂のふたにつくカビも『カビキラー』などの漂白剤を使えば簡単にキレイに落とせる。
  2. 強い洗剤を使いたくない人は「重曹」でこすり落とすのがおすすめ。
  3. タオルで拭いたり、換気扇を長めに回したりして乾燥を心がけることがカビ予防につながる。