冬のコーディネートに大活躍のコート。お気に入りのものは、毎日のように着ているとシワやヨレが気になってきますね。でも、ふだんからお手入れをすれば、キレイな状態をキープできますよ。

ここでは、コートを長持ちさせるためのお手入れ方法をご紹介。脱いだあとのわずか5分の手間で、コートがピシッと整いますよ。

コートは手入れした方がいいの?

手袋とコートとマフラー

コートはこまめな洗濯やクリーニングは必要ありませんが、風合いを保つためにふだんのちょっとしたお手入れが重要です。

一度着たコートには、汗や皮脂、土ボコリなどがついて汚れています。また、バッグなどとこすれて生地が乱れるとシワやヨレの原因になります。

すぐに傷んでしまうわけではありませんが、できるだけ生地への負荷を減らすためにも手入れをしてあげたいもの。着たあとのこまめなケアができていると、新品のような雰囲気が長続きしますよ。

コートの手入れの仕方は?

クエスチョン ? はてな

コートの手入れは「ブラッシングして、こまめに休ませる」だけ。脱いだあとの5分ほどの作業で終わります。

毎回手入れするのは大変なこともあるので、ムリのない範囲で取り入れてみてくださいね。

ブラッシングの仕方

ふだんの手入れではブラッシングで汚れを落とし、毛並みを整えるのが基本です。

スーツなどに使う洋服ブラシでホコリなどを落とし、生地の流れを整えましょう。

ホコリの溜まりやすい肩まわり、バッグやカバンのこすれる腰まわりをメインにブラッシングすると、毛玉などもできにくくなり、見栄えのいい状態をキープできますよ。

休ませ方

一度着たコートは裾の方にシワが寄っていたり、毛並みが乱れたりしています。

ブラッシング後は1日着たら1日以上はハンガーにかけて休ませてあげてください。吊り干しにしておくと自然とシワなどが伸びて元通りになります。

アウターを何着か着回して同じコートを連日着ないようにすると、シワなどが残るのを防げますよ。

コートの念入りなお手入れ方法は?

コートの普段のお手入れはブラッシングと吊り干しができれば大丈夫ですが、シーズンに1〜2回は念入りな手入れをしてあげてください

「汚れやシワが気になってきたな」と感じたら次の手順をためしてみましょう。

シワをスチームで伸ばす

アイロンのスチーム

ガンコなシワができていたら、アイロンの「浮かしがけ」をしてスチームをたっぷり含ませます

蒸気を含ませると生地が内側からふんわりと膨らみ、シワがとれやすくなるんです。スチームを当てたら形を整え、完全に乾くまで風通しのいい場所で吊り干しして完了。

スチームには汗の臭いを取り除く力もあります。首まわりや脇の下など臭いの気になる部分も重点的に当てるといいですよ。

汚れを部分洗いで落とす

エマール おしゃれ着 中性洗剤

襟や袖などに黒ずみが目立ってきたら、部分洗いで落としてあげましょう。洗濯やクリーニングしなくても、軽い汚れならおうちで簡単に落とせます

方法は「エマールなどのおしゃれ着用洗剤を溶かした水で絞ったタオルを使って、汚れをトントンと叩き落とす」だけ。汚れが落ちたらタオルをすすぎ、水拭きで再度叩いて洗剤を取り除き、干しておけばOKです。

コートを手入れする手間を省くには?

コートをフックに掛ける

コートはふだんの使い方からでも、傷みや汚れを防ぐコツがあります。簡単なことなので習慣にして、手入れする手間を省いてみましょう。

着たまま座らない

コートを着たまま椅子に腰掛けると、裾に強い力がかかってシワが残ってしまいます。繰り返すと取れないガンコなシワができるので、室内で座るときは必ず脱ぎましょう

脱いだコートはハンガーにかけて吊り干し。椅子にかけると肩に跡が残ったり、背中とこすれてしまうので注意してください。

たたむときは裏返しに

ハンガーがないときは「裏地を表に出すように裏返してたたむ」のがおすすめ。表側を内側に入れることで、ホコリがついたりこすれたりするのを避けられます。

お店に入ったときなど、少しのあいだ脱ぐ機会があったら取り入れてみてください。

覚えておきたい

エコなわざあり

シーズンオフのコートはプロに手入れを任せよう

クリーニング シャツ

コートはおうちでの洗濯がむずかしいアイテムのひとつ。

冬のあいだ寒さから身を守ってくれたコートをいたわるためにも、シーズンが過ぎたらクリーニングに出しましょう。冬の間にたまった汚れがスッキリ落ちて、来年も今年と同じように着られますよ。

長期間収納するときは、返却時のクリーニングのビニールから出して1日干し、しっかり湿気をとばしましょう。最後に不織布など風通しのいいカバーに入れ、防虫剤などといっしょにクローゼットにしまえば虫食いトラブルも避けられますよ。

手入れの行き届いたコートなら来年も気持ちよく着られる

コート 

コートはなかなか洗濯できないものなので、日々のお手入れがとても大切。

基本的には「ブラッシングで生地を整え、吊り干しで休ませる」ことができれば問題ありません。毛玉などもできず、いつもキレイな状態を保てますよ。

お手入れの行き届いたコートなら、傷みなども起こりにくくなり長持ちしますよ。