こまかな起毛加工がさわっていて気持ちいい「ヌバック」。靴や財布など身の回りのアイテムに使われている素材ですが、実はキレイに保つには手入れが欠かせません。

ここではヌバックの汚れを効果的に落とし、長持ちさせるためのコツをご紹介します。

ヌバックって何?手入れは必要?

ヌバック スエード 革靴

「ヌバック」という素材はなじみがなくて、なんだろう…?と思っている人も多いですよね。特徴を知っておくと手入れもしやすいので、まずは確認しましょう。

「ヌバック」は、革の表面をサンドペーパーでこすって起毛加工を施した素材のこと。丈夫で、毛足が短く乱れにくいのが特徴です。見た目はスエードと似ていますが、スエードの場合は革の「裏」側を起毛加工している点で異なります。

そこまで神経質に毛並みを整える必要はありませんが、起毛素材なので汚れは絡め取りやすいため、お手入れは不可欠

とくにヌバック素材の靴だと土ボコリや汗、財布だと手垢などで汚れやすいので、マメに手入れしてあげましょう。

ヌバックの手入れに必要なものは?

ヌバック スエード 革靴 手入れ

用意するもの
必須
革靴用のブラシ
スエード素材用の消しゴム
スエード用のクリーナー
クロス
防水スプレー

ヌバックの手入れは、専用の道具を用意する必要があります。ここでは、どんな道具があるのかチェックしていきましょう。

最低限「ブラシ」があれば簡単な汚れをかきだせますが、こびりついた汚れを取り除くには「消しゴム」や「クリーム」も必要。また、仕上げの「防水スプレー」もあると便利です。

『スエードブラシC』(コロンブス)

ヌバックの手入れには、スエード用のブラシが便利。毛を起こすようにブラッシングしてあげると、汚れをしっかりかきだせます。

4辺がそれぞれ異なるブラシになっているので、汚れにあわせて使い分けられます。

『ソフト99』(C.C.C)

ブラシで落ちないようなガンコな汚れには「消しゴム」が便利。ヌバックやスエードの汚れ落としに使える専用の消しゴムでこすれば、汚れがどんどん落とせます。

水や洗剤を使わないので、手軽に手入れできますよ。

『オムニローション 』(サフィール)

ヌバックについた汚れをしっかり落としたいなら、専用のクリーナーを用意するのがおすすめ。「オムニローション」はヌバックはもちろん、スエードやベロア、マイクロファイバー素材など幅広い起毛素材のケアができるすぐれもの。

カビなどのガンコな汚れにも対処できるので、おうちに1本用意しておけば何かと重宝しそうですね。

『ヌバック+べロアスプレー』(コロニル)

ヌバックやスエードの手入れの仕上げにおすすめのスプレーです。革に必要な栄養を与えながら、防水効果をプラスできます。

栄養補給で発色がよくなる上、防水効果で汚れや水に強くなります。

ヌバックの手入れの方法は?

ヌバックの手入れには汚れの定着を防ぐ「ふだんの手入れ」と、定着してしまった汚れを落とす「念入りな汚れ落とし」の2通りがあります。

どちらも必要な手入れなので、しっかりチェックしましょう。

ふだんの手入れ

ヌバック スエード 革靴

ふだんの手入れでは基本的に「汚れを払い落とす」だけで大丈夫です。ブラシと消しゴム、防水スプレーを用意し、次のようにすすめましょう。

ブラッシング

まんべんなくブラッシングして、絡みついた汚れを払い落とす。

消しゴムでこする

ブラッシングで取れなかった汚れは消しゴムでこすり落とす。根気よくこすれば、徐々に汚れが落ちる。

ブラッシング

消しカスを落とすため、再度軽くブラッシングする。

ふだんの手入れでは、濡らしたり洗剤を使ったりする必要はありません。手軽にできるのでケア用品を置き、履いたあとは毎回サッと手入れするといいですよ。

念入りな汚れ落とし

革の手入れ道具

毎回手入れしていても、使い込むうちにどうしても取り切れない汚れが出てきます。その汚れを落とすために、定期的に念入りな手入れが必要です。

「ブラシ」「クリーム」「クロス」「防水スプレー」を用意し、次の手順で進めてくださいね。

ブラッシングする

軽くブラッシングし、表面に絡まるホコリなどを落とす。

クリーナーでこする

道具の項目で紹介したオムニローションなどをブラシに取り、汚れをかき出すようにこする。

クロスで拭く

出てきた泡や汚れをクロスでしっかり拭き取る。

干す

数時間干して、しみ込んでいたクリーナーを乾かす。これで汚れ落としは完了。

防水スプレーをかける

汚れや水に強くするため、防水スプレーをたっぷりかけ、染み込むまで数分待つ。

ブラッシングする

仕上げに軽くブラッシングして毛並みを整えれば完了。

靴でも財布でも、ヌバック素材であればこの手順で手入れできます。きちんとした道具を使ってケアしてあげれば、大切な一品も新品のような美しい仕上がりになりますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

手入れで落ちないヌバックの汚れはプロに相談しよう

Yシャツをクリーニング

長く使っていると、念入りな手入れをしても汚れが落ちきらないことも。ムリに洗い続けるとさらに傷んで逆効果なので、クリーニングのプロに任せるといいですよ。

靴なら白洋舎などの大手クリーニング店で対応してもらえます。まずは状態を確認してもらい、どれくらいの金額でキレイになるのかおおよその見積もりを取りましょう。

プロの手でしっかりケアしてもらえれば、見違えるようにキレイな仕上がりになりますよ。

ヌバックはこまめな手入れでキレイが続く

スエード

ふんわりやわらかい雰囲気が印象的なヌバック素材。お気に入りのものはベストな状態を保って、できるだけ長く使い続けたいですよね。

キレイに保つコツは「こまめな手入れ」。簡単でいいので、使うたびにケアしてあげましょう。手入れを繰り返しているうちに愛着もわいて、使うのが楽しみになりますよ。