衣替えで、久しぶりに出したカバンにカビが生えていた…とお困りではありませんか?

「お気に入りのカバンなのにもう使えないのかな…」とショックを受けますよね。

実はカバンにできたカビもちゃんと取り除けるんですよ。今回はカバンについたカビの落とし方をご紹介します。

カバンにカビが生える原因は?落とせる?

革バッグ カビ

意外かもしれませんが、カバンにもカビが発生します。

カビは「湿気」と「汚れ」のある環境を好みます。なので、カバンにホコリや手垢などが染み込んだ状態で、湿気の多いクローゼットに保管すると、汚れをエサにカビが繁殖してしまうわけなんです。

とくに「革素材」のカバンは要注意。汚れがついていなくても革自体がカビ菌のエサになるので、湿気さえ条件が整えば繁殖してしまいます。

時間がたつほど落としにくくなるので、見つけ次第すぐに対処しましょう。

カバンのカビ取りは「素材別」に考えよう!

カバンにカビがついているのを発見すると、水や洗剤で濡らしてこすり洗いしたくなりますが、まずは「素材」の確認が重要です。

というのも、素材ごとにカビの取り方がことなり、まちがった洗剤や薬品を使うと、素材を傷めてしまう可能性があるんです。本来の風合いを損ねないためにも、必ずチェックしましょう。

ナイロンや布素材

トートバッグと帽子

ナイロンや布などの繊維素材でつくられたカバンはかなり丈夫なので、丸洗いしても問題ありません。色柄物の色落ちにだけ気をつければカビはキレイに落とせますよ。

ただし、カビをしばらく放置していると繊維の奥まで入り込んでいる可能性があるので、念入りに洗い落とす必要があります。

革素材

革バッグ

革素材は繊維素材と違って、カビは奥まで入り込むことはありません。表面のカビが落とせればキレイになります。

ただ、革自体がデリケートな素材なので、手入れにも少し手間がかかります。雰囲気を保ちながらカビをしっかり取り除くために、革用のケアグッズを用意しましょう。

カバンのカビ取りに必要な道具は?

洗剤 ネット 洗濯バサミ

用意するもの
ナイロンや布素材
『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレー
『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤
革素材
『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレー
革用のリムーバー
革用のクリーム
クロス

カビは菌なので、アルコールで消毒すれば簡単に退治できます。すぐに蒸発するので、素材に負担が少ないのもうれしいポイント。カビを見つけたら、まずは「アルコール除菌スプレー」を用意しましょう。

その他必要なものをそろえたら、次で紹介する方法で取り除いていきましょう。

ナイロンや布製のカバンのカビの落とし方

アルコール消毒スプレー パストリーゼ

ナイロンや布でできたカバンにカビがついたら、「丸洗い」するのが一番ラクです。

『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤は、酸素の力で汚れを分解する作用があります。色落ちが心配なら、目立たない場所に漂白液をつけてティッシュで拭き取り、色移りしないかチェックしておくと安心ですよ。

アルコールで拭く

アルコールを含ませたティッシュで表面のカビを拭く。

漂白液をつくる

シンクやバケツなどに水をはり、水量に合わせた酸素系漂白剤を入れる。

つけおきする

カバンを入れて30分ほど放置し、液が浸透するのを待つ。

すすぐ

泡が出なくなるまで流水でよくすすぐ。汚れがまだついていたら、スポンジなどでこすり落とす。

干す

洗濯機で10〜20秒ほど脱水だけして、風通しのいい日陰に干して乾かせば完了。

カビができてすぐであれば、アルコール除菌だけでも大丈夫。奥に潜むカビまで退治できるよう、アルコールをたっぷり使うのがコツですよ。

漂白まですればシミの跡も残らずに元通りキレイな状態に戻せます。

革製のカバンについたカビの取り方は?

革バッグの手入れ

革のカバンにできたカビを取り除くのも、アルコールが効果的。

さらに革についた汚れを落とす「リムーバー」、栄養を補給してツヤを復活させる「クリーム」を用意し、次の手順で進めましょう。

アルコールで拭き取る

ティッシュなどに少量のアルコールを含ませ、カビが目立つ場所を重点的に拭き取る。

リムーバーを塗り込む

革の汚れを落とすリムーバーをクロスに取り、全体に塗り込む。カビがついていなかったところも塗るのがポイント。

クリームを塗る

別のクロスを用意し、栄養補給のためのクリームを取って薄く伸ばしながら全体に塗り込む。

干す

風通しのいい場所で半日ほど干し、クリームを馴染ませつつ湿気を取り除く。

乾拭き

乾いたクロスであまったクリームを拭き取って仕上げたら完了。

カビを取り除く作業は革にとって負担になるので、しっかりクリームまで塗り込んで仕上げるのがコツです。

こまかなデコボコなども念入りに拭き取ってカビ退治しましょう。

カバンにカビができるのを防止するには?

バッグを型くずれさせないコツ

カバンにできたカビを取り除いても、収納場所の環境が変わらなければまた再発してしまいます。

大切なカバンをこれ以上傷めないためにも、「汚れ」と「湿気」を取り除いてカビが繁殖しにくい環境を整えましょう

収納前に手入れする

カビはカバンについた汚れをエサに繁殖します。なので、収納前にアルコールなどで拭き掃除し、汚れを落としておけばカビ予防につながります。もっと長持ちしますよ。

湿気をためない

湿度が高いのもカビに取って絶好の環境。収納前に必ず半日以上干して湿気を飛ばしましょう。また、締め切ったままのクローゼットもジメッとしてきます。定期的に換気してカビ防止に努めましょう。

カバンのカビは早めの対処が大切!

革 鞄 カバン

お気に入りのカバンにカビが生えてしまうと、気分も落ち込みますね。

カビは時間がたつほど落ちにくくなるので気づいたら早めに対処するのが大切。弱点であるアルコールを使ってしっかり除菌しましょう。

キレイなカバンに戻ったら、去年と同様の使い心地を楽しめますよ。