お気に入りの洋服の洗濯表示によくついている「ドライマーク」。デリケートな服なので洗濯には気を使いますよね。

たくさんマシンが置いてあるコインランドリーなら、デリケートな服も洗えるかも?と思う人もいるかもしれません。

そこで今回は、ドライマークやドライクリーニングの意味、コインランドリーで洗濯できるのかについてくわしくご紹介します。

コインランドリーでドライクリーニングってできるの?

クエスチョン ? はてな

コインランドリーに設置された洗濯機はおうちにはない特別なタイプなので、「ドライクリーニングもできるかな?」と思うかもしれません。

しかし、残念ながらほとんどのコインランドリーではドライクリーニングができません。家庭用洗濯機との違いは「大容量で強力」という点くらいで、デリケート服を洗えるマシンは置いていません。

近所のコインランドリーがドライクリーニングに対応していることはほとんどないので、おうちで洗濯できない服≒コインランドリーでも洗濯できない服と考えましょう。

コインランドリーとドライクリーニングの違いは?

スーツ

「ドライクリーニング」は、基本的にはクリーニング店でしかできない洗い方です。

というのも、「ドライクリーニング」は水の代わりに石油系の溶剤を使った特殊な洗い方で、専門の免許や設備が必要なんです。

ただし、デリケートな服でも条件があえばおうちやコインランドリーで洗える場合があります。念のため、次の方法もチェックしてみてください。

ドライマークのついた服でもコインランドリーで洗える場合がある?

手洗い つけおき洗い

ドライマークがあると「ドライクリーニングでしか洗えない」と考えがちですが、そんなことはありません。

ドライマークは正しくは「ドライクリーニングで洗っても大丈夫」という意味で、水洗いを禁止するマークではないんです。

水洗いできるかどうかの見極めは、洗濯表示のなかでも左端にある水洗いに関するマークがポイント。

洗濯表示 水洗いの可否

たとえドライマークがついていたとしても、「水洗いできない」のマークがない限りはおうちで問題なく洗えます。コインランドリーでの洗濯よりもおうちでの「手洗い」がおすすめなので、次から洗い方をご紹介します。

ドライマークがついた服を洗う方法は?

エマール おしゃれ着 中性洗剤

用意するもの
必須
『エマール』などの中性洗剤
洗面器
あると便利
『レノア』などの柔軟剤

手洗いに必要なのは「おしゃれ着用の洗剤」と「洗面器」の2つ。おしゃれ着用の洗剤は、生地の負担を最小限にとどめ、色落ちやシワなどのトラブルも起きにくいのが特徴。お気に入りの服を洗濯するのにピッタリなので、常備しておくといいですよ。

準備が整ったら、次の方法でキレイにしていきましょう。汗などの汚れなら、軽く手洗いするだけでも十分キレイになりますよ。

洗濯液をつくる

洗面器に水を張り、水量にあわせた洗剤を溶かして洗濯液をつくる。

押し洗いする

洗いたい服を洗濯液に入れ、数分手で押して汚れを溶かし出す。

すすぐ

水を入れ替え、泡が出なくなるまですすぐ。最後の水に柔軟剤を少量溶かすといい香りに。

脱水

洗濯機に入れ、30秒ほど脱水にかける。短時間でも大丈夫。

干す

風通しのいい日陰で干して完了。

汚れや臭いがひどい服は押し洗いの前に15分ほど液に浸して汚れをゆるませるのがポイント。

ニットなどの伸びやすい服は水平に干すなどして、生地にできるだけ負担をかけずに乾かしましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

ドライクリーニングできるコインランドリーってホントにないの?

クリーニング ワイシャツ

基本的にはほとんどのコインランドリーでドライクリーニングはできませんが、最近の店舗のなかには例外的にドライクリーニングができるお店もあるようです。

この店舗はかなりめずらしく、クリーニング師の免許を持ったスタッフがいたり、クリーニング店にコインランドリーが併設されていたりする形で運営されています。

おうちの近くに新しくつくられたコインランドリーがあれば、一度チェックしてみるといいかもしれませんね。

「ドライ」の服でもコインランドリーで洗えないか確認しよう

コインランドリー

ドライマークの服を洗濯するときは、傷みを防ぎたい一心からどこでどう洗うといいのか注意深くなりますね。お気に入りの服なら、「おうちでの手洗い」か「クリーニングに出す」かを、洗濯表示を正しく読んで選びましょう。

コインランドリーは「大型で強力」が特徴なので、溜め込んだ洗濯物を一気に洗ったり、おうちでは洗えない大物を洗濯するのにとっても便利。役割をしっかり把握して、洗濯をうまくこなしましょう。