セーターやニットは暖かくて冬に欠かせないファッションアイテムの1つ。たくさん持っている人も多いと思いますが、素材がデリケートなのでできるだけ生地の傷みにくいたたみ方を知っておきたいですよね。

ここでは、セーターやニットをコンパクトにするたたみ方をご紹介します。

セーターやニットのたたみ方のポイント

ニットセーター ウール

毛糸を編んで作られたセーターやニットは、伸びやすくて型くずれもしやすいデリケートなアイテムです。ハンガーに吊るすと重みで縦に伸びてしまうので、たたんでしまう方法がベストです。

たたむときのポイントは、「ゆったりとゆとりを持たせること」です。

伸び縮みは注意が必要ですが、シワはつきにくい素材なので神経質になる必要はありません。サクッととたたんでいきましょう。

セーターやニットのたたみ方は?

タートルネック たたみ方

セーターやニットがかさばらないようにするたたみ方は、次の手順を参考にしてください。

背中を上に向けて広げる

初めてのときはたたみやすいよう広い場所で作業するのがおすすめ。

袖を内側に折る

両袖を身頃側に折りたたむ。袖が重ならないようにするとコンパクトに。

身頃を折って長方形に

袖ごと身頃を内側におり、長方形になるよう整える。

裾から折りたたむ

引き出しの大きさに合わせて3つ折り〜4つ折りにする。

③で長方形にしたあとは、端からクルクル巻いていくのでもかまいません。その場合、ゆったりとまいていくのがポイントです。

引き出しなど収納場所の大きさに合わせて選んでみてくださいね。

たたんだセーターやニットのしまい方は?

引き出し収納 洗濯物 たたむ

セーターをたたんだあとは、引き出しにしまっていきます。

このときに立ててしまうのが、出し入れしやすくするコツです。重みがあってなかなか立てられないときは、100均の収納ボックスやブックエンドを使うと立てやすくなりますよ。

引き出しの仕切りくらいなら、余ったダンボールでもかんたんに作れます。おうちにあるものを活用してスッキリ収納を実践できます。

セーターやニットのたたみ方!長期間保管するときはどうする?

疑問 ギモン はてな ?

冬物のセーターやニットで気になるのが、オフシーズンのときのしまい方ですね。

基本的には同じたたみ方でしまえばOKですが、長い間保管することになるので詰め込みすぎず、ゆとりを持たせて引き出しにしまってあげましょう

また、かたよって力がかからないように、平積みに並べた方が服への負担は少なくすみます

ウールなどの素材は虫食いが起こりやすいので、積んだあとはうえに防虫剤を添えておくと完璧ですよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

セーターやニットはたたまずに吊るす方法でもしまえる?

服とハンガー

セーターは伸び縮みしやすいとはわかっていても、ハンガーなどに掛けておきたいときもありますよね。そんなときはちょっとひと工夫したハンガーの使い方をします。

まずセーターを広げて縦に二つ折りにして袖と袖を重ねます。つぎに、ハンガーのフックが脇にくるように斜めにのせ、裾と腕の部分の2か所をハンガーにかければ完成。

基本はたたんでしまい、ちょっと掛けたいときにだけこの方法を使いましょう。

セーターやニットのたたみ方をマスターしておしゃれを楽しもう

たたんだ服

伸びやすくてデリケートなアイテムのひとつであるセーターやニット。できるだけ長持ちさせたいなら、ゆったりとたたんで引き出しに収納するのがポイントです。

シワにもなりにくい素材なのでたたむのはざっくりで大丈夫。いつもキレイに保たれているとおしゃれももっと楽しくなりますよ。