ジーンズなどの濃い色の洋服を洗って乾かしたあとで「色落ちしてる…」なんて経験はありませんか?

急なことでどんな対処をすればいいのか、今後は予防できないものかといろいろ悩むと思います。

そこで今回は、洗濯機で洋服を洗ったときの色落ちの原因と予防策をまとめてご紹介します。

そもそも色落ちが起こる原因は?

家 はてな どこ ?

色落ちとは、その名の通り洋服の染料が落ちることをいいます。ジーンズなどを洗濯するとよく見られますよね。

主な原因は「スレ」にあり、洗濯機の洗っている最中にほかの洗濯物とこすれたり、すすぎ・脱水時に洗濯槽にぶつかったりすることで色落ちが起きます。

とくに濃い色の洋服は色落ちしやすいので注意が必要。染料を多く含ませることで濃い色を出しているため、溶け出す染料も多く、色落ちしやすいんです。

また、レーヨン、キュプラ、革など、そもそも色落ちしやすい素材があるので高価だった服を洗うときは注意してくださいね。

色落ちした服は元に戻せる?

にじみ 色落ち 色移り

残念ながら、基本的に一度色落ちした洋服が元の色に戻ることはありません。專門の業者にお願いして同じような色に着色してもらうしか修復する方法はないのです。

「お気に入りなのに…」と名残おしいものですが、今回の失敗を活かして今後色落ちが起きないように役立ててあげましょう。

色落ちさせない基本の洗い方はコレ!

ジーンズ デニム 干し方

ジーンズなどの色落ちが心配な洋服は、次の手順で洗うと色落ちを防げます。基本の方法なので、しっかりチェックしておきましょう。

洋服を裏返してネットに入れる

洋服を裏返して軽くたたみ、洗濯ネットに入れる。単品で洗うのが理想。

「ドライモード」で洗濯する

「ドライモード」「手洗いモード」など、弱い水流で洗うコースを選択。洗剤は『エマール』などのおしゃれ着洗剤を使う。

洗濯後、すぐに出して干す

洗濯機が止まったら、放置せずにすぐに取り出して干す。

よく目にする洗濯洗剤の多くは「弱アルカリ性」の性質をもち、汚れを落としやすく配合されています。汚れ落ちがゆるく、服の繊維を傷めにくい「中性」の洗剤を使った方が色落ちを回避できますよ。

色落ちの予防策はある?

洗濯ネット 洗面所 洋服

今後色落ちを起こさないためにはどうしたらいいのでしょうか?いくつか予防策をご紹介します。

事前に色落ちテストをする

色落ちが心配な洋服は洗濯前に「色落ちテスト」をします。洗面器に水やぬるま湯を入れて洗剤を溶かし、そこに洋服の目立たない部分をつけて数分おき、色が落ちないか確認します。時間がたっても変化がなければ、色落ちの心配はないと考えて大丈夫です。

手洗いする

洗濯機で洗うと全自動でラクではあるものの、すすぎや脱水の時間を自由に調節することが難しい面もあります。色落ちが心配な洋服は手洗いで洗うのが無難です。そのときに熱めのお湯は使わないのもポイントです。温度が高いほど色が落ちやすくなってしまいます。

洗濯ネットを使う

洗濯ネットに洗濯物を入れると、色落ちの原因となる「スレ」を防ぐことができます。ほかの洗濯物に色が移ってしまうことも減りますよ。

洗濯の便利グッズ!色落ちしない洗剤ってあるの?

色落ちに関連して、さまざまな便利グッズが販売されています。この機会に道具から見直してみるのもいいですね。

『パーウル ブラック&ダーク』(ヘンケル)

そもそも色落ちしにくい洗剤というのがあります。ドイツの日用品メーカーから販売されている『パーウル ブラック&ダーク』は、黒やダークカラーの服を洗濯しても、黒い風合いを損ねずに長持ちさせる洗剤です。こういった洗剤を使えば極端な色落ちは防げます。

『色移り防止シート』(ドクターベックマン)

こちらもドイツのブランドから発売されている商品。色落ちした色素を吸収してくれる働きがあり、ほかの洋服にうつることがありません。

はじめての洗濯のときなどに入れておくと安心ですね。

覚えておきたい

エコなわざあり

色落ちでほかの洋服に移ったときの対処法

洗面器につける

色落ちでお気に入りの服の柄が薄くなっただけでもショックなのに、ほかの洗濯物に色が移ったとなると困ってしまいますね。

色落ちした服は元通りに戻りませんが、色が移された洋服はすぐに洗い直せば落とせるかもしれませんよ。洗面器、50℃ほどのお湯、洗濯洗剤を用意し、次の手順で染料(シミ)を落としましょう。

洗面器にぬるま湯を入れ、洗剤を溶かす

お湯を洗面器に入れ、そこに通常の3倍の量の洗濯洗剤を入れる。

洋服をすぐにおけにつけこむ

洗濯機からすぐに取り出して濡れた状態のままですぐにつけこむ。しばらく様子を見る。

染料を落とせたらキレイな水ですすぐ

色が落ちたことを確認して、キレイな水ですすげば完了。

白物に色が移っているなら、洗剤の代わりに『ワイドハイター』などの漂白剤を使う手もあります。この手洗いの方法で染料が落ちなかったときは、修復がむずかしく、クリーニングに出してもキレイになるかわかりません。

色落ちの予防策を覚えて洗濯のストレスをなくそう

洗濯 柄物 がら 外干し

色落ちを見つけると、ほかの洗濯物に色が移っていないかハラハラしてストレスがたまりますよね。事前に色落ちの理解があれば、対策ができますよ。

購入して初回の洗濯はとくに気を使うことで色落ちを防げます。ちょっとしたひと手間で被害を最小限にとどめ、大切な洋服が長く着られるといいですね。