どんなコーディネートにも合うジーンズ(ジーパン)。履きやすくてつい多用してしまいますね。

でも、洗濯すると色落ちやシワ、縮んでしまったりとトラブルがおきやすいのが悩みどころ。

そこで今回はジーンズ(ジーパン)を風合いを損ねずに洗うための方法をご紹介します。洗濯のポイントを覚えて、ぜひ試してみてくださいね。

ジーンズを洗濯する方法は?洗い方は2つ!

ジーンズを洗濯する方法は「手洗い」と「洗濯機洗い」の2通りがあります。

楽だからと洗濯機任せにしがちですが、手洗いのほうが向いている場合があるのでまずは洗いたいジーンズをどう洗濯するかを決めましょう。

手洗い

洗濯 手洗い つけおき洗い
「初めて洗濯するジーンズ」「風合いをできるだけ損ねたくないジーンズ」は手洗いにするのがおすすめ。

手洗いでやさしく洗うと、色落ちなどのトラブルを回避できます。

洗濯機洗い

ジーンズ洗濯
「何度も洗濯しているジーンズ」「普段使いのジーンズ」は洗濯機で洗ってもOK。

とはいえ、濃い色のジーンズは色落ちや色移りなどが起こりやすいので、ここで紹介するコツを踏まえて洗ってみましょう。

ジーンズの洗濯で使う道具!柔軟剤は使える?

エマール おしゃれ着 中性洗剤
用意するもの
手洗いの場合
『エマール』などのおしゃれ着洗剤
柔軟剤
洗面器
洗濯機で洗う場合
洗濯ネット

手洗いで洗うときは、色落ちなどの心配がすくない「おしゃれ着用の洗剤」を使うのがおすすめ。漂白剤、蛍光剤入りの洗剤は色が落ちて見た目が変わるので、使わないようにしましょう。

洗濯機を使うときは少し厚手の洗濯ネットを用意して洗濯槽にぶつかっても大丈夫なように工夫が必要です。ビンテージものやダメージ加工が施されているもの、刺繍入りのものは「保護」の観点からもネットがあると便利。

基本的には、ジーンズに柔軟剤を使うことはできます。ただし、ポリウレタンが入っているストレッチジーンズの場合、ポリウレタンが劣化して伸縮しにくくなる恐れがあるので、使用しないようにしましょう。

ジーンズの基本の洗い方!

ジーンズ デニム 洗濯
ここでは、まずは基本となる「手洗い」の方法をご紹介します。

下処理する

すそ周りなど汚れている部分に洗剤を直接かけてなじませる。

洗面器に洗濯液をつくる

洗面器に水を入れ、その分量に見合った洗剤を入れる。

たたんで浸ける

ジーンズを軽くたたんで洗濯液につける。しっかり全体をつけるのがポイント。

押し洗いする

両手で押しつけたり、浮かせたりを10〜20回ほど繰り返す。

すすいで柔軟剤を入れる

キレイな水に入れ替えて2回ほどすすぎ、柔軟剤を入れる。

すすぐ

最後にすすいで柔軟剤を流せば完了。

あらかじめファスナーとボタンをとめて生地を裏返しましょう。

ジーンズの洗濯機での洗い方は?

ドラム式洗濯機を動かす
洗濯機で洗う場合は、まず色落ちしないか確認が必要です。すでに何度も洗っていて、色落ちしないものであれば洗濯機でもOK。

心配な人は色落ちチェックをしましょう。タオルに洗剤を染み込ませ、そのタオルでジーンズの目立たない部分を拭きます。5分ほど経って再度タオルを当てたときに、色落ちしなければ洗濯しても色落ちの可能性が低いとわかります。

ここまで確認できればあとは簡単。ジーンズを裏返しの状態で3つ折りか4つ折りくらいにたたみ、洗濯ネットに入れます。ドライコースや時短コースなど、できるだけ生地に負担のかからないコースを選んで洗えば完了です。

デニムジーンズの洗い方のポイント5つ

注意点 チェック
ジーンズを洗うときは、次のポイントを抑えることで、シワや縮み、色落ちといったトラブルを減らせます。まずはすぐに実践できそうなものから取り入れてみてください。

1. ほかの洗濯物を混ぜない

ほかのものへの色移りの可能性があるので、ジーンズだけをわけて洗濯するのが鉄則です。とくに白い洋服は混ぜないよう注意しましょう。

2. 裏返して洗う

ジーンズは生地に染料をのせて紺色に染め上げています。そのため、生地がこすれたりしないよう、裏返すと色落ちやシワを予防できます。初歩的ですが、簡単に取り入れられるので試してみてくださいね。

3. 水は低温を使う

色落ちは水の温度が高いほど起こりやすくなります。お風呂の残り湯はNG。水で洗うよう心がけ、もし可能なら手洗いのときに氷水を使うのもいいですよ。

4. 洗濯後はすぐに干す

洗濯が終わったら、できるだけ早く干すのがシワを少なくするポイント。洗濯が終わってそのままにしていると、その状態で乾き始めるのでシワが目立つようになります。

5. 脱水時間を短くする

脱水時間を短くするのもシワを減らすポイントです。水を多く含んだ状態で仕上がって、あとは自然と水の重みで伸びながら乾き、シワがなくなります。

洗濯したジーンズの乾かし方は?

ジーンズ デニム 干し方
洗い終わったら、あとは乾燥させれば完了です。基本は洗ったときの裏返した状態のまま日陰で吊り干しして乾かします。途中で上下を入れ替えるとより効率的に乾かせます。

太陽光をあてて乾かすとジーンズの色味が変化することがあるので気をつけてくださいね。

また、乾燥機は使わないようにしましょう。とくにストレッチ素材のジーンズは、熱に弱いポリエステルが織り込まれていることが多いので注意が必要です。

ジーンズの洗濯に使える便利グッズは?

ジーンズの洗濯は便利グッズを使うと色移りを抑えられたり、早く乾かせたりとメリットがあります。気になるものはチェックしてみましょう。

『洗濯ネット 丸型特大』(オーエ)

ジーンズなどの厚手の洋服向けの洗濯ネット。大きい丸型で、なかの洗濯物が動くスペースがあり、洗剤がよくなじんでくれます。

『ジーンズ専用洗剤ジェイウォッシャー』(地球発エスオーエス)

ジーンズ専用の洗濯洗剤で、色落ちが少なくすむのが一番の特徴。泡切れがよくすすぎも簡単なので、水に浸ける時間を短くできます。

『カラー&ダートコレクター』(ドクターベックマン)

洗濯物といっしょに1枚入れるだけで色移りを防げるシートです。色落ちした色素を吸収してくれるので、ほかの洋服に移ることがありません。

『ジーンズハンガー』(ダイヤコーポレーション)

ジーンズのウエスト部分を4か所固定し、筒状に干せるハンガーです。風の通りがよくなって乾きが早まりますよ。

ジーンズを洗濯する頻度は?

洗濯機 洗う様子 汚れ
ジーンズは縮んだり、色落ちが気になったりするので、着ても毎回は洗濯しないという人がほとんどだと思います。本来はどれくらいのペースで洗濯すればいいのでしょうか?

ジーンズもほかの洋服と扱いはかわりません。「汚れたら洗濯」が基本。汗や皮脂がついているので、洗わないとどうしても雑菌が繁殖しています。まったく洗わないというのは不衛生になってしまいますよ。

しばらく洗濯していないという人は、「4〜5回着たら1回洗濯」を目安に洗っていきましょう。

ジーンズの洗濯は、「ひと手間」が大切

ジーンズ 引き出し ズボン
ジーンズの洗濯ってどうやってするの?と気になる人は多いですよね。

「手洗いにする」「洗う前に裏返す」「洗ったらすぐに干す」など、ちょっとしたひと手間で縮んだり、色落ちしたりといった悩みを解消できます

洗う頻度が少ないからこそ、ちょっと時間をかけてていねいに洗うことが型くずれを防ぎ、おしゃれを長く楽しめるといいですね。